『ジュリスティールームス』 の “クリームティー”

東京 ・ 日本橋三越内の 『ジュリスティールームス』
2003年、イギリスのコッツウォルズ地方にてオープン。
オーナーは宮脇樹里さん、元々はフランス菓子を学ばれていた日本人女性です。
2008年にイギリスの紅茶協会より、その年最も素晴らしい評価を得たティールームに与えられる 「TOP TEA PLACE」 という賞を受けられています。
日本橋三越本館地下1階の端、元ハロッズがあった場所で雰囲気もそのままなので、静かで落ち着いた雰囲気でティータイムを楽しめます。

画像“クリームティー”
運ばれて来た時、色みが濃くて、美味しそうなスコーンだなという第一印象を持ったのですが…食べてみて納得。
卵が濃い!のです(*´▽`*)
半分に割って、イチゴジャムとクロテッドクリームをのせて、口に近付けただけで、卵の香りがフワリ。
かじると、外側はクッキーのように、サックサク (というより、カリカリに近いくらいのサクサク具合!)
中はやや重みを感じるくらい、しっとり。
パッと見るとオーソドックスに見えますが、他では食べられない個性的なスコーンです。
個人的には、ジャムもクロテッドクリームも多めなのが嬉しいです♪
紅茶はトラディショナルブレックファーストティーを飲みましたが、香りは良いのにあっさりして渋みがなく、口当たりが優しかったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック