アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「栗」のブログ記事

みんなの「栗」ブログ

タイトル 日 時
『リリエンベルグ』 の “マロンのブッシュドノエル”
『リリエンベルグ』 の “マロンのブッシュドノエル” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 15:54
『パティスリー ユウ ササゲ』 の “サントノーレ ドゥーブル マロン”
『パティスリー ユウ ササゲ』 の “サントノーレ ドゥーブル マロン” 東京 ・ 千歳烏山の 『パティスリー ユウ ササゲ』 2013年5月オープン。 シェフの捧雄介氏は、「ルコント」 、「オテル・ドゥ・ミクニ」 にて修行をされ、レストラン 「アロマフレスカ」 を経て、 「ロワゾー・ド・リヨン」 ではスーシェフを、 「パティスリー・エ・カフェ・プレジール」 ではシェフパティシエを務められた後、独立されました。 小ぢんまりとした店舗ながら、ヴィエノワズリーも作られており、マカロンや焼菓子も揃う、頼もしいパティスリーです。 コンセプトカラーの淡いグリーンも、とて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 13:40
『リリエンベルグ』 の “メリーさんのブッシュドノエル”
『リリエンベルグ』 の “メリーさんのブッシュドノエル” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/25 13:35
『松島屋』 の “栗蒸し羊羹”
『松島屋』 の “栗蒸し羊羹” 東京 ・ 泉岳寺の 『松島屋』 1918年創業。 現在のご主人は3代目だそうですが、創業当時から変わらぬ製法で作られる豆大福が看板商品で、その豆大福、昭和天皇や、高松宮様も召し上がられたそう。 お店はとても小さく、外観からはそんな名店とは気付きませんが、手作りの素朴な味わいの和菓子を求める人で行列が出来、早い時間に売り切れてしまうようです。 店名は、店主の姓などではなく、初代が宮城の松島ご出身だった事によるようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 16:52
『フレデリック・カッセル』 の “栗とマスカルポーネのテュラン”
『フレデリック・カッセル』 の “栗とマスカルポーネのテュラン” 東京 ・ 銀座三越の 『フレデリック・カッセル』 2010年9月、銀座三越の地下にオープン。 フランス・パリ郊外フォンテーヌブローにてオープンされたのは1994年。 フレデリック・カッセル氏は、「ルレ・デセール」(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)のメンバーであり、2003年からは、その会長を務められている世界的なショコラティエ&パティシエ。 1999年及び2007年と、年間最優秀パティシエに選ばれた、名実共にフランスを代表するパティシエです。 日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/10 15:25
『パティスリー リョーコ』 の “タルト・マロン”
『パティスリー リョーコ』 の “タルト・マロン” 東京 ・ 高輪台の 『パティスリー リョーコ』 2012年2月、大阪より移転され、オープン。 シェフの竹内良子さんは、南仏の 「ミシェルブラン」、パリの 「アルノ・ラエール」 で各1年間修行された方です。 帰国後、2005年1月大阪で独立されました。 品川エリアは、遊びに行くというイメージではなかったのですが、最近は妹のお気に入りのお店がチラホラあるようで、こちらのケーキを食べる機会が増えました♪ 今回、自分で初めて行ってみたのですが、道の反対側を歩いていたら、見過ごして通り過ぎてし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 13:24
『エーグル・ドゥース』 の 焼菓子 “マロン プレッセ”
『エーグル・ドゥース』 の 焼菓子 “マロン プレッセ” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン…先月、10周年を迎えられたそうです、おめでとうございます^^ シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/28 13:47
『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 の “和栗のショート”
『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 の “和栗のショート” 東京 ・ 上野桜木の 『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 日本洋菓子界の重鎮のお1人 ・ 稲村省三氏のパティスリーです。 稲村さんは 「東京ヒルトンホテル(現・キャピトル東急ホテル)」 勤務の後、スイスのホテル 「デ・ベルグ」、フランスの 「エキュロイ」、「ダロワイヨ」 などで修行、その間、シャルル・プルースト・コンクールで銀賞などの賞を受賞されました。 帰国後、「ホテル西洋銀座」 で約14年もの間、シェフパティシエを務められ、2000年に独立されました。 何でも美味しいので、「何度も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/28 16:36
『御菓子司 紅谷』 の “栗しぐれ”
『御菓子司 紅谷』 の “栗しぐれ” 東京 ・ 池袋の 『御菓子司 紅谷』 1924年創業。 池袋駅からは徒歩10分程…しかも、裏道にあるので、通りすがりに見付けるというのは難しいかもしれません。 場所的には、雑司が谷からの方が近いです。 小ぢんまりした家庭的なお店ですが、創業80年を超える老舗です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 13:49
『すずめや』 の “栗粉もち”
『すずめや』 の “栗粉もち” 東京 ・ 池袋の 『すずめや』 2004年(平成16年)オープン。 JR池袋駅南口より徒歩10分くらい…喧騒から外れた南池袋の細い路地を入ったところで、ぽつりと営業されています。 初めて行かれる方は分かり辛いと思いますので、行き方を書いておきます。 明治通り沿いのジュンク堂のところまでは、迷わず行けると思います…そのジュンク堂とスタバの間の道をテクテク歩いて行くと、左側に社会保険事務所があり、そこを過ぎたら、路地を左折して下さい。 お蕎麦屋さんの看板で見えにくいのですが、お蕎麦屋さん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/09 12:30
『お菓子の日高』 の “須木栗パイ”
『お菓子の日高』 の “須木栗パイ” 宮崎の 『お菓子の日高』 地元で展開する和菓子店のようですが、「和菓子店」 と括ってしまって良いのか分からないくらい、オリジナルなお菓子が沢山です。 宮崎名産の日向夏やマンゴーを使った和菓子なども気になりますね(●´艸`) こちらは、先日の「なんじゃこら大福」と一緒に、友達Yちゃんが送ってくれました…「日高のイチ押!」 だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/24 13:09
『ムーミンベーカリー&カフェ』 の “おさびし山のメープルモンブラン”
『ムーミンベーカリー&カフェ』 の “おさびし山のメープルモンブラン” 東京 ・ 水道橋…というか、東京ドームシティ・ラクーア内にある 『ムーミンベーカリー&カフェ』 フィンランドの童話 “ムーミン” をモチーフにしたベーカリー&カフェです。 原宿オーバカナルの元シェフブーランジェの池田裕之氏がシェフをなさっているようです。 私はオヤツしか食べた事がないのですが、食事のパンが食べ放題のようで(しかもオーブントースターで自分で温められるようになっています)何時に行ってもパンを食べている方がいます ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/02 14:16
『紀の善』 の “季節の栗あんみつ”
『紀の善』 の “季節の栗あんみつ” 東京・神楽坂の 『紀の善』 甘味通なら知らない人はいないのではないか…という有名店なので、歴史が浅いのは意外ですが、神楽坂を上り始めてすぐの場所に位置する真新しい店は、いつ行っても、食べる人・買う人で賑やかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/14 23:24
『歩粉』 の “さつま芋と栗のデザート”
『歩粉』 の “さつま芋と栗のデザート” 東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/12 23:45
『モンサンクレール』 の “モンサンクレールの栗”
『モンサンクレール』 の “モンサンクレールの栗” 東京 ・ 自由が丘の 『モンサンクレール』 1998年にオープンして以来、日本の洋菓子界を常にリードする名パティスリーです。クープ・ド・モンドなど、幾つもの大会で優勝し、パティシエ・ブームの先駆けとも言えるシェフの辻口博啓氏は、ネットショップも含め、様々な店舗を展開していますが、その辻口氏の礎とも言えるモンサンクレール。手を広げても、味を落とさないのがすごいな〜と、いつも思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/10/29 23:31
『レ・ザンジュ』 の “マロン ド ロム”
『レ・ザンジュ』 の “マロン ド ロム” 鎌倉の 『レ・ザンジュ』 小川軒などの名店のシェフを経て、1982年に開店したレ・ザンジュのシェフ・パティシエに就任された三輪壽人男(すみお)氏。 ご自分が厳選した素材で、常に 「創作」 を楽しむのをモットーに、新たなケーキを創り出しているそうです。お茶の時間などは、狭くもない店内がお客さんでギッシリでした! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/28 22:59
『ふるや古賀音庵』 の “栗きんとん”
『ふるや古賀音庵』 の “栗きんとん” 東京 ・ 幡ヶ谷の 『ふるや古賀音庵』 1936年創業。 もともとは 「富留屋」 という名前であったところ、作曲家の古賀政男氏がこちらのお団子を気に入り、「自分の名前を使って良い」 という事で、今の名前になったという話を聞いた事があります。 デパ地下などでもお馴染みですので、身近な感じがしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/03 23:26
『二条若狭屋』 の “やき栗”
『二条若狭屋』 の “やき栗” 京都 ・ 二条城の近くの 『二条若狭屋』 大正初めに創業の老舗です。 初代は芸術家肌のアイデアマンで、工芸菓子や献上菓子などを創作する一方、新聞などに奇抜な広告コピ−や図案を発表して、話題になったりもしたそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/16 00:11
『松月堂』 の “栗きんとん”
『松月堂』 の “栗きんとん” 岐阜 ・ 中津川 の 『松月堂』 http://www.e-shogetsudo.co.jp/ 岐阜県中津川は、中山道の宿場町でした。 その中津川の銘産品が、栗と砂糖だけで作る “栗きんとん” です。 可愛らしい茶巾型に絞った “栗きんとん” は、本当なら一年中作れるけれど、 季節感を大切にしたいと、秋だけに限定して販売されております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/17 18:20

トップへ | みんなの「栗」ブログ

”こまねこDS"
おいしいオヤツが食べたいときは♪ 栗のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる