おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “杏&くるみのタルト” など

<<   作成日時 : 2014/08/18 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』
2006年4月、町田にてオープン。
菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。
2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。
うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽')
今回は、京王百貨店新宿店のTEMIYAGEフェアにて、購入出来ました^^

焼込系タルト4種♪
フレッシュタルトはいちじくと桃、焼込系タルトは色々持って来て下さっており、その中から4種類食べました。
丸い焼込系のタルト生地は、フレッシュ系のタルト生地とは違い、ガッチリとしていながらザクザクとした、クッキー生地に近いものです。
通常タルトと聞いて私がイメージする生地ですが、それでも、しっかりした食感は格別で、コーヒーを混ぜ込んでいるものもあり、芳ばしさも一段上です!
そこに、アーモンドクリームを敷き込み、それぞれの素材を組み合わせてあります。


画像
「杏&くるみのタルト」
コーヒー生地に、クルミの芳ばしさがぴったり!
この組合せが、合わない訳がない…という感じですね。
上に飾られた杏もボリュームありますが、アーモンドクリームには、杏そのものを焼き込んであり、どこを食べても杏のクンニャリとした食感と、爽やかな酸味とフルーティーな香りが、楽しめます。
コーヒー&クルミの芳ばしペアに、想像以上に素敵なアクセントを加えていました。



画像
「ルバーブクランブルタルト」
こちらはプレーン生地。
アーモンドクリームにもルバーブがたっぷりと焼き込まれ、程好い酸味と歯応えが楽しめます。
どことなくシナモンのような、スパイシーな香りもして。
クランブルに、オートミールもチラホラ混ざっていて、食感を一段階変化させていました。



画像
「イチジクタルト」
フレッシュタルトではイチジクを食べていたのですが、焼込系は初めて。
プレーン生地です。
焼込とは言え、生のイチジクに極々近いフレッシュな香りが、フワッと広がり、イチジクのやんわりとした味わいが素直に感じられます。
アーモンドクリームの間にラズベリーが焼き込まれており、その酸味が味のアクセントに。



画像
「オレンジナッツタルト」
オレンジ&ナッツと来たら、コーヒー生地?!と思ったら、プレーン生地でした。
アーモンドクリームには、チップというより、ブロックに近いくらいのチョコがゴロゴロ入っています。
くるみの芳ばしさが、やや負けるくらいのチョコのボリューム感。
そのチョコのコクを、焼かれて控え目になったオレンジの爽やかさが、優しく中和します。
オレンジとチョコの相性の良さを再確認出来るタルトでした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “杏&くるみのタルト” など おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる