おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パティスリー・アカシエ・サロン・ド・テ』 の “ショコラのクレープ・シュゼット フォレノワール風”

<<   作成日時 : 2014/02/06 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』
2007年8月9日オープン。
シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。
お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑)
駅からはやはり歩きますが、埼玉県警本部や県庁など目印になる公共施設が近くにありますので、2回目からは迷わず行けそうです。
比較的交通量の多い国道沿いに、ポツンポツンとシックな佇まいのサロン・ド・テとパティスリーがあり、どちらも小ぢんまりとした広さではありますが、郊外で駅からも歩く事を忘れるくらい盛況でした。


画像“ショコラのクレープ・シュゼット フォレノワール風”
サロン・ド・テで、ランチのデザートとして選んだクレープは、ソースにアルコールが含まれているようで、フランベされた姿で登場!
クレープ生地もチョコ、そしてソースもチョコのダブルショコラです。
ソースはサラサラとしていて、たっぷりヒタッヒタで、クレープもチュイルも完全に浸されている状態ですが、カカオニブのチュイルはカリッカリで、水分に負けていません。
キルシュのアイスは、アルコール分が良い具合に飛んでいるのか、さっぱりしたミルクアイスに、ほんのりフルーティーな風味を感じるくらいで、言われなければ、お酒のアイスとは分かりません。
グリオットチェリーは比較的食感がしっかりしており、さっぱりした口当たり。
構成を考えると、ヘビーな甘さを想像しますが、食べてみるとそんな事はなく…
味わい自体は重厚で、その中にチョコとキルシュの甘さが潜んでいるような、コースランチで満腹の舌にも美味しく感じる 「フォレノワール」 でした^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『パティスリー・アカシエ・サロン・ド・テ』 の “ショコラのクレープ・シュゼット フォレノワール風” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる