テーマ:チョコレート

『パティスリー・アカシエ』 の “チョコレート”

埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パトリック・ロジェ』 の チョコレート“レモングラス&ペパーミント”など

フランス ・ パリの 『パトリック・ロジェ』 1997年、パリに自店をオープンし、2000年に30 歳という若さで、フランスでも数少ないチョコレートのM.O.F (フランス国家最高職人)を取得したパトリック・ロジェ氏。 ロベール・ランクス(ラ・メゾン・デュ・ショコラの創設者)、ジャン=ポール・エヴァンに次ぐ、天才ショコラティエとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー・アカシエ』 の “パレオール”

埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”~オリーブオイルチョコレートケーキ~

東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも他に、丸の内、吉祥寺、伊勢丹新宿にも店舗がありますが、銀座店は広々と天井も高く、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー・アカシエ』 の “リュベロン”

埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リリエンベルグ』 の “黒い森のトルテ”

神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー リョーコ』 の “チョコレート”

東京 ・ 高輪台の 『パティスリー リョーコ』 2012年2月、大阪より移転され、オープン。 シェフの竹内良子さんは、南仏の 「ミシェルブラン」、パリの 「アルノ・ラエール」 で各1年間修行された方です。 帰国後、2005年1月大阪で独立されました。 品川エリアは、遊びに行くというイメージではなかったのですが、最近は妹のお気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー ヨシノリアサミ』 の “ショコラアソート”

東京・巣鴨の 『パティスリー ヨシノリアサミ』 2015年10月オープン。 シェフの浅見欣則氏は、「明治記念館」に勤められた後に渡仏。 シャルル・プルースト杯で準優勝されるなど受賞歴も然る事ながら、フランスの名パティスリーにて修業され、ストラスブールの 『パティスリー キュブレー』 ではシェフ・パティシエを10年も務められました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー リョーコ』 の “ボヌール”

東京 ・ 高輪台の 『パティスリー リョーコ』 2012年2月、大阪より移転され、オープン。 シェフの竹内良子さんは、南仏の 「ミシェルブラン」、パリの 「アルノ・ラエール」 で各1年間修行された方です。 帰国後、2005年1月大阪で独立されました。 品川エリアは、遊びに行くというイメージではなかったのですが、最近は妹のお気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リリエンベルグ』 の “ザッハトルテ”

神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー リョーコ』 の “キャラドゥ”

東京 ・ 高輪台の 『パティスリー リョーコ』 2012年2月、大阪より移転され、オープン。 シェフの竹内良子さんは、南仏の 「ミシェルブラン」、パリの 「アルノ・ラエール」 で各1年間修行された方です。 帰国後、2005年1月大阪で独立されました。 品川エリアは、遊びに行くというイメージではなかったのですが、最近は妹のお気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ムッシュアルノー”

東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『merci BAKE』 の “ガトーショコラ”

東京 ・ 松陰神社前の 『merci BAKE』 (メルシーベイク) 2014年7月オープン。 パティシエの田代翔太さんは、フランス・リヨンにて修業され、帰国後は講師等をされた後、参宮橋のイタリアン 「LIFE son」 にてパティシエを務められました。 食を職業とされる方数名のTwitterなどで、高く評価されているので、気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー パリセヴェイユ』 の “フォンダンショコラ”

東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『歩粉』 の “チョコとラズベリーのコブラー”&“カモミールジンジャーシフォン”など

東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 焼菓子のネットショップからスタートし、2006年10月8日にカフェとしてオープンされました。 菓子職人の磯谷仁美さんは、他のお店では食べられない、独自のお菓子を創り出されるセンスをお持ちで、レシピ本も出されています。 粉が歩いてお菓子になる…という意味で付けられた名前の通り、粉そのものの持つウマみと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ア・コテ パティスリー』 の チョコレート “ウーサン・モカ”

東京 ・ 白金台の 『ア・コテ パティスリー』 2008年5月オープン。 シェフの増沢正明氏は、「オーボンビュータン」 にて修業後に渡仏し、フランスではパティスリーに留まらずレストランでも修行されています。 帰国後、再度 「オーボンビュータン」 にて勤務され、島県郡山市の 「アマンディーヌ」 のシェフパティシエを務められた後、独立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャン=シャルル・ロシュー』 の チョコレート “フレッシュフルーツのタブレット”

フランス ・ サンジェルマンの 『ジャン=シャルル・ロシュー』 ジャン=シャルル・ロシュー氏は、パリの 『ミッシェル・ショーダン』 で10年修行した後、2004年に独立し、パティスリーの激戦区であるパリ6区に自店をオープンされたショコラティエ。 フランスのCCC (クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ=著名人によるショコラ愛好会) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エーグル・ドゥース』 の “フォレノワール ア ラ ピスターシュ”

東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パティスリー・アカシエ』 の “マカロン・フォレ・ノワール”

埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パスカル・ルガック』 の “ボンボンショコラ”

フランス ・ サン=ジェルマン・アン・レーの 『パスカル・ルガック』 2008年オープン。 パスカル・ルガック氏は、 『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』で長年活躍され、エグゼクティブ・クリエーターも務められた方。 「あのメゾン・デュ・ショコラの、パスカル・ルガック氏が独立…」 と話題になりましたが、独立後、フランスのCCC(クラブ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コンパーテス ショコラティエ』 の “ラブ フルーツ”

東京 ・ 西武池袋の 『コンパーテス ショコラティエ』 ロサンゼルスにて、1950年創業。 ヨーロッパの味をアメリカに…との思いで誕生し、当初より、かのフランク・シナトラ、マリリン・モンローなどに愛されたという名店です。 日本の本店は青山で、路面店のようですが、行き易いデパ地下にチラホラ入っているようです。 “ラブ フル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グレース』 の “チョコレートケーキ”

東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 オープンして、約30年 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達…定番ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パスカル・ルガック』 の “ボンボンショコラ”

フランス ・ サン=ジェルマン・アン・レーの 『パスカル・ルガック』 2008年オープン。 パスカル・ルガック氏は、 『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』で長年活躍され、エグゼクティブ・クリエーターも務められた方。 「あのメゾン・デュ・ショコラの、パスカル・ルガック氏が独立…」 と話題になりましたが、独立後、フランスのCCC(クラブ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パスカル』(パスカル・デュピュイ) の “サヴォン・デュ・ショコラ”

ノルウェー ・ オスロの 『パスカル』 1995年オープン。 パスカル・デュピュイ氏は、フランスで生まれ、2年間パティスリーで働いた後、一度はパティスリー業界から離れ、トラック運転手などをされたそうです。 その後、ノルウェーに移り住み、再びパティシエになり、ホテルなどで活躍された後、独立されたという変わった経歴の持ち主。 ルレ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヴァンサン・ゲルレ』 の “ショコラアソート”

フランス ・ロワール地方ナントの 『ヴァンサン・ゲルレ』 1997年オープン。 ヴァンサン・ゲルレ氏は、当時22歳でご自分のパティスリーを開き、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員でもある実力者。 2009年に、フランスのCCC(クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ=著名人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サロン・デュ・ショコラ ~ 2011年 ~ 世界最大のチョコレートの祭典

フランスで1995年から毎年開かれている 『サロン ・ デュ ・ ショコラ』 世界最大のチョコレートのイベントと言われ、世界各国から超一流のショコラティエが一同に会します その 『サロン・デュ・ショコラ』 の日本での開催は、9回目。 今年の日本のサロン・デュ・ショコラのテーマは 「JAPON~日本~」 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アンリ・ルルー』 の アソートチョコレート “ショコラティエ・ルルー”

東京 ・ 新宿伊勢丹内の 『アンリ・ルルー』 アンリ・ルルーさんは、1956年にパティシエになり、お父さんのパティスリーを手伝った後、現在のショコラティエを、奥様のロレーヌさんの故郷であるフランス ・ ブルターニュ地方のキブロンにて、1977年に創業されました。 その際、費用の掛かるショコラを作る事が難しく、「費用が掛からなくて美味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランク・ケストナー』 の アソート・チョコレート

フランス ・ ロレーヌの 『フランク・ケストナー』 フランスでも数少ないショコラティエのM.O.F (フランス国家最高職人) を2003年に26歳の若さで取得したフランク・ケストナー氏。 ファブリス・ジロット氏も、その腕前を認めている若手ショコラティエです! 初めて “ミラベル” の美味しさに開眼して以来、私も大好きなショコラティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『播磨屋本店』 の “ユーロの星”

兵庫 ・ 生野の 『播磨屋本店』 “日本一おかき処” と銘打っていらっしゃいますが、個人的にも 「正に日本一のおかき!」 と思っています。 初めて食べたのは、かなり前になりますが、営業の仕事をしていた頃、馴染みの取引先を訪問した時。 担当のオジサマに 「良い所に来たね~」 と言われたので、何かと思ったら、こちらの 「おかき皇」 を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファブリス・ジロット』 の チョコレート “アクアカオ”

フランス ・ ブルゴーニュ地方 ・ ディジョンの 『ファブリス・ジロット』 1983年に実家のパティスリーを継いだファブリス・ジロット氏は、1991年、史上最年少の26歳という若さで、フランスでも数少ないショコラティエのM.O.F (フランス国家最高職人) を取得されました。 地元の人が誇る世界のショコラを作るジロット氏、プロのショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more