『ダンデライオン・チョコレート』 の “クランベリー&カカオニブスコーン”

東京・蔵前の 『ダンデライオン・チョコレート』
2016年2月オープン。
オーナーのトッド・マソニス氏とキャメロン・リング氏は、元々IT企業の起業家として成功されていましたが、子供の頃からのチョコレート好きが高じて、自宅のガレージでチョコレートの実験室を作られたそうです。
カカオを育て、オーブンで豆をローストし、試行錯誤して手作りしたチョコレートは友達の評判を呼び、2010年、サンフランシスコにビーン・トゥ・バー・チョコレートのファクトリーとカフェをオープンさせました。
ファクトリーでは、カカオ豆の選別から、焙煎、テンパリングまでも行い、チョコレートバーを1つ1つ手作業で型に流し入れて作られているそうです。
蔵前店は、天井が高く、目の前が公園なので広々とした印象を受けます。
1階はチョコレートファクトリー、2階はワークショップスペースを併設したカフェですが、1階にもカウンターがあるので、小さなチョコレート工場でカカオが焙煎されたり、チョコレートが出来たりする様子を見ながら、イートインを楽しめます。

画像“クランベリー&カカオニブスコーン”
お昼ご飯代わりだったので、チョコ系ではなくスコーンにしてみました。
見た目はアメリカンなスコーンなので、ガッチリした味の想像をしながら1口…そしてビックリしました
外側はサッックサク!
そのサクサク加減も、実に歯触りが軽やかで細やか
内部がまた、食べ辛いくらいに繊細で、ホロホロと崩れてしまいますが、思いがけずしっとりした肌触り。
大粒のクランベリーの酸味が控えめに感じるのは、カリコリしたカカオニブの香りが勝っているからでしょうか。
ハウスホットチョコレートとエスプレッソを合わせたドリンク 「ハウスモカ」 も、フルーティでビックリ!
カカオの香りがブワッと広がって、コーヒーのほろ苦さが遅れてやってきます。
こんなモカドリンク初めてで、また飲みたいです(*´▽`*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック