『uneclef』 の “スコーン(プレーン)”

東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ)
2011年10月オープン。
ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*)
パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!!
伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり、お互いの信頼感が半端ない印象です^^
初めてお店に入った時、宝石のように端正に並べられたパンや、ユヌクレブルーの美しい壁など、パン屋さんと思えないお洒落さに、一瞬萎縮しましたが、佐藤さんの温かな接客で、すぐに気持ちが解れました。
お店が開いている間、佐藤さんは、接客と、カフェのドリンクも作られる多忙ぶりなのに、常連さんも一見さんも皆、それこそ老若男女に心地良い時間をプレゼントしてくれます。
店名は、仏語で 「ひとつの鍵」 という意味で、ご自分の作られたパンやお菓子が、幸せの扉を開く鍵になってくれたら…という思いで付けられたそうですが、正にその通り(*´ω`*)

画像“スコーン(プレーン)”
ユヌクレさんのスコーンは、カッチリとした四角い形で、見た目通り、外側はサックリしています。
サックリと言っても、スコーンで普通思い浮かべるサクサク感ではなく、表面がツルリとした比較的しっかりした食感です。
そして中は、表面に比べるとふんわりしているのですが…そのふんわり感も、どう説明すれば良いのか迷う、一言で表現し辛い食感なんです。
スコーンで「ふんわり」と言うと、ふわふわ軽いイメージなのですが、ユヌクレさんのスコーンは、キメが細かくしっとりしているせいなのか、優しい食感ながら、ちょっと重みがあり、口内にピトっとくっつくような餅肌的な食感もあります
「さく・ふわ・もち」 という多様な食感が合わさっていて、プレーンは特にシンプルな分、粉の持つ香りや味わいがストレートに楽しめます

☆ 因みに、一緒に写真に写っているのは、最近大のお気に入りのチョコとバターのサンドウィッチです(*ノωノ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック