『デリッツエフォリエ』 の “ジェラート”~とちおとめ&キャラメル&マロングラッセ~

東京 ・ 渋谷の 『デリッツエフォリエ』
2007年11月1日、渋谷ゼロゲート1階にオープン。
2005年にパリの「スイーツ激戦区」レ・アール地区でオープンして以来、大人気のジェラートカフェの海外1号店です。
店名は、イタリア語で 「デリッツエ=美味しい」 と 「フォリエ=とんでもない」 …「めちゃめちゃ美味しい!」 という意味だそうです。

オーナーのペレグリノ・ガエタ氏は、ジェラート発祥の地であるイタリア・シチリアで200年続くジェラート職人家系に生まれ、7歳からジェラート作りを始め、20年以上の経験を持つ生粋のジェラート職人。
2007年度国際ジェラートマイスター賞を受賞されています!

原料に対する拘りも、半端じゃありません★
牛乳は、清里や長野、那須といった高原で放牧された、ストレスがない牛の生乳を低温殺菌した物だけを使用。
フルーツ類は、旬の完熟素材をそのまま潰し、素材や気候などにより、糖度を微調整し、フルーツの味そのものを楽しめるようにされているそうです。
鮮度や喉越しに拘わったジェラートは、主に「フルーツ系」と「クリーム系」に分かれます。


画像“とちおとめ”
季節限定で、「あまおう」 もあったのですが、迷った末こちらに。
色も鮮やかで、見るからに食欲をそそります^^
種のプチプチや、香りや甘さ、酸味までも、素直に苺…それも、旬の濃い美味しさです。
やっぱり、こちらのお店は、フルーツ系が充実していますね~♪

“キャラメル”
ハチミツの飴を食べた後だったせいで、舌が麻痺していたのかもしれませんが、最初、バニラかと思うくらい、アッサリ(?)していました。 
食べて行くうちに、じわじわとキャラメルの風味が出て来て、微かに焦んがりした香りを楽しめました。
ジェラートなので、これくらいの 「ほんのりキャラメル」 もアリだな…と思いました。

“マロングラッセ”
とちおとめとキャラメルはすぐに決まったのですが、3種目を何にしようか迷って、今の限定品を聞いたところ、マロングラッセもそうだとの事だったので、よし!と選びました。
お酒は強くなく、栗の甘みとホックリした風合いのみ感じられます。
これも、味はそれほど濃くなく、ミルク分がメインで、好みでした。



DELIZIEFOLLIE Gelato café (アイスクリーム / 渋谷)
★★★★ 4.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック