アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「羊羹」のブログ記事

みんなの「羊羹」ブログ

タイトル 日 時
『松島屋』 の “栗蒸し羊羹”
『松島屋』 の “栗蒸し羊羹” 東京 ・ 泉岳寺の 『松島屋』 1918年創業。 現在のご主人は3代目だそうですが、創業当時から変わらぬ製法で作られる豆大福が看板商品で、その豆大福、昭和天皇や、高松宮様も召し上がられたそう。 お店はとても小さく、外観からはそんな名店とは気付きませんが、手作りの素朴な味わいの和菓子を求める人で行列が出来、早い時間に売り切れてしまうようです。 店名は、店主の姓などではなく、初代が宮城の松島ご出身だった事によるようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 16:52
『越後屋若狭』 の “水羊かん”
『越後屋若狭』 の “水羊かん” 東京 ・ 両国の 『越後屋若狭』 1700年代の半ば頃に創業されたそうです。 和菓子は全て完全予約制。 …という事は、伺う日も、更にどんな和菓子を注文するかも、前もって決めておかなければいけないので、その日の気分でという訳にはいきません。 そういう意味では敷居が高く、お店には伺った事がありません。 池袋西武で、土曜日に数量限定で購入出来るという事で、今回、妹が買って来てくれました^^ 久しぶりの、越後屋若狭の水羊かん…!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/26 13:21
『すずめや』 の “栗むしようかん”
『すずめや』 の “栗むしようかん” 東京 ・ 池袋の 『すずめや』 2004年(平成16年)オープン。 JR池袋駅南口より徒歩10分くらい…喧騒から外れた南池袋の細い路地を入ったところで、ぽつりと営業されています。 初めて行かれる方は分かり辛いと思いますので、行き方を書いておきます。 明治通り沿いのジュンク堂のところまでは、迷わず行けると思います…そのジュンク堂とスタバの間の道をテクテク歩いて行くと、左側に社会保険事務所があり、そこを過ぎたら、路地を左折して下さい。 お蕎麦屋さんの看板で見えにくいのですが、お蕎麦屋さん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/22 12:56
『すずめや』 の “水ようかん”
『すずめや』 の “水ようかん” 東京 ・ 池袋の 『すずめや』 2004年(平成16年)オープン。 JR池袋駅南口より徒歩10分くらい…喧騒から外れた南池袋の細い路地を入ったところで、ぽつりと営業されています。 初めて行かれる方は分かり辛いと思いますので、行き方を書いておきます。 明治通り沿いのジュンク堂のところまでは、迷わず行けると思います…そのジュンク堂とスタバの間の道をテクテク歩いて行くと、左側に社会保険事務所があり、そこを過ぎたら、路地を左折して下さい。 お蕎麦屋さんの看板で見えにくいのですが、お蕎麦屋さん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/22 13:17
『亀澤堂』 の “栗むし羊羹”
『亀澤堂』 の “栗むし羊羹” 東京 ・ 神田神保町の 『亀澤堂』 1905年創業の老舗和菓子屋さんです。 大正から昭和初期には、のれん分けした亀澤堂が全国に十数軒もあったそうです。 地下鉄・神保町駅を出てすぐの場所にあり、お店自体は真新しい雰囲気で、気軽に入れます。 この辺りは、美味しいお店も多くて、ちょっとしたお散歩にも丁度良いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 12:52
『銀座 かずや』 の “丹波栗あんよせ”
『銀座 かずや』 の “丹波栗あんよせ” 東京 ・ 有楽町の 『銀座 かずや』 2005年9月オープン。 有楽 ・ 銀座 ・日比谷駅に程近い、大変便利な場所にありますが…店の広さは、なんと1坪! 店というか、日比谷シャンテのすぐ近くの松井ビルの1階に、小さなカウンターと暖簾が構えられているだけのスペース。 最初に行った時は、「ビルの1階」 なので、てっきり道路に面した分かり易いお店なのかと思い込んでいて、なかなか辿り着かずにウロウロウロウロしてしまいました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/04/09 12:10
『庵月』 の “栗蒸し羊羹”
『庵月』 の “栗蒸し羊羹” 大阪の 『庵月』 慶応4年創業の老舗ですが、私はこの栗蒸し羊羹しか食べた事がありません。 たま〜にデパ地下の諸国名産のコーナーに出ている事もありますが、なければ取り寄せ出来ます ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/15 23:47
『長門』 の “切羊かん”
『長門』 の “切羊かん” 東京 ・ 日本橋 『長門』 江戸時代から続く老舗和菓子店です。 八代将軍 徳川吉宗に “松風” という菓子を献上し、 以来、将軍家の菓子司として仕えていたとのことです。 (松風は、現在は注文しなければ買えないようです) 店は小さいけれど、生菓子や練羊羹など、所狭しと並んでいます。 その中に、何気なく置いてある紙包み、それが “く寿もち” と “切羊かん” です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/12 23:41

トップへ | みんなの「羊羹」ブログ

”こまねこDS"
おいしいオヤツが食べたいときは♪ 羊羹のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる