アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ムース」のブログ記事

みんなの「ムース」ブログ

タイトル 日 時
『エーグル・ドゥース』 の “ムースオーキャフェクラシック”
『エーグル・ドゥース』 の “ムースオーキャフェクラシック” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 16:28
『パティスリー・アカシエ』 の “クレムー・フロマージュ・ブラン”
『パティスリー・アカシエ』 の “クレムー・フロマージュ・ブラン” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) が、個人的には、ケーキも焼菓子もマカロンも好みとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 16:35
『パティスリー・アカシエ』 の “プランセス”
『パティスリー・アカシエ』 の “プランセス” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) が、個人的には、ケーキも焼菓子もマカロンも好みとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 13:49
『リリエンベルグ』 の “桃のシャンパンムース”
『リリエンベルグ』 の “桃のシャンパンムース” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 16:32
『リリエンベルグ』 の “メルバ”
『リリエンベルグ』 の “メルバ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 15:07
『パティスリー・アカシエ』 の “クレムー・マイス”
『パティスリー・アカシエ』 の “クレムー・マイス” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) でも、美味しくて食べたくなってしまうんです…(*´... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 15:21
『ラ・ヴィエイユ・フランス』 の “キューブ・ア・ラ・ヴァニーユ”
『ラ・ヴィエイユ・フランス』 の “キューブ・ア・ラ・ヴァニーユ” 東京 ・ 千歳烏山の 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 2007年10月にオープン。 シェフの木村成克氏は、パリの名門 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 やリヨンの 『ベルナシオン』 など、フランスで11年もの間、修行された方です。 帰国後、東京の 「シェ・シーマ」 、福岡の 「フレ」 でシェフ・パティシエとして活躍された後、私達ファン念願の東京のパティスリーをオープンされました 台場にあった支店はもうないようですが、仙川に支店が出来、そちらはソルベ ・ アイスクリームを専門にしたお店になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 13:57
『リリエンベルグ』 の “ウィリアムス”
『リリエンベルグ』 の “ウィリアムス” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/04 14:25
『パティスリー・エチエンヌ』 の “リベルテ・ソヴァージュ”
『パティスリー・エチエンヌ』 の “リベルテ・ソヴァージュ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『パティスリー・エチエンヌ』 2011年8月オープン。 シェフの藤本智美氏は、横浜プリンスホテルにて経験を積まれ、グランドハイアット東京のフィオレンティーナでは、ペストリー料理長を務められた方です。 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーを始め、コンテストでの優勝経験も多数の実力派。 現在は、スイートアートデザイナーである奥様と、自店を切り盛りされています。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月15日〜7月21日出店された際、妹が買って来てくれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/17 14:12
『パティスリー・アカシエ』 の “シャルム・マント”
『パティスリー・アカシエ』 の “シャルム・マント” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/13 14:15
『モンサンクレール』 の “セラヴィ”
『モンサンクレール』 の “セラヴィ” 東京 ・ 自由が丘の 『モンサンクレール』 1998年にオープンして以来、日本の洋菓子界を常にリードする名パティスリーです。 クープ・ド・モンドなど、幾つもの大会で優勝し、パティシエ・ブームの先駆けとも言えるシェフの辻口博啓氏は、ネットショップも含め、様々な店舗を展開していますが、その辻口氏の礎とも言えるモンサンクレール。 手を広げても、味を落とさないのがすごいな〜と、いつも思います。 店名は、「私の聖なる太陽」 という意味だと思っていたら、辻口氏がフランス修行中に、よく行った丘の名前だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/21 13:55
『イデミ・スギノ』 の “アンブル・ノワ”
『イデミ・スギノ』 の “アンブル・ノワ” 東京 ・ 京橋の 『イデミ・スギノ』 2002年オープン。 シェフの杉野英実氏は、東京ホテルオークラのベーカリー部にて勤務後に渡仏され、名店で修業される傍ら、製菓学校にも通われたようです。 帰国後、代官山 「ピエール・ドオール」 等でシェフを務められ、クープ・ド・モンドで優勝された経験もおありです。 そして、2000年に、東洋人で初めて、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員になった方です! 1992年より2001年まで、現在の店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/15 15:32
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴームース”
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴームース” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 14:58
『近江屋洋菓子店』 の “白桃のムース”
『近江屋洋菓子店』 の “白桃のムース” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/24 12:42
『歩粉』 の “オレンジのデザート”
『歩粉』 の “オレンジのデザート” 東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 粉の持つ滋味とオーガニック素材、旬の物を使ったデザートをシンプルに、しかも食べる者の気持ちを考えたプレートスタイルで楽しめる、愛らしく、温かいお店です。 まだお若い菓子職人である磯谷仁美さんが、焼菓子のネットショップからスタートし、2006年10月にカフェOPEN。 粉が歩いてお菓子になる…という意味で付けられた名前の通り、ゆったりと素材の美味しさを味わえる、癒され、活力を貰えるお店です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/01 01:33
『デフェール』 の “アールグレイのケーキ”
『デフェール』 の “アールグレイのケーキ” 横浜 『デフェール』 横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/23 23:42

トップへ | みんなの「ムース」ブログ

”こまねこDS"
おいしいオヤツが食べたいときは♪ ムースのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる