アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ケーキ」のブログ記事

みんなの「ケーキ」ブログ

タイトル 日 時
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “ガトー・マルジョレーヌ”
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “ガトー・マルジョレーヌ” 東京 ・ 学芸大学の 『パティスリー ジュン ウジタ』 2011年11月オープン。 シェフの宇治田潤氏は、葉山 「サンルイ島」、浦和 「浦和ロイヤルパインズホテル」 に勤務後、渡仏され、パリ 「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」 にて修業されました。 帰国後は、鎌倉 「パティスリー雪乃下」 のシェフを務められた後に、独立されました。 行ってみたい、食べてみたいと思いつつ、駅から遠いようで、且つあまり行かないエリアなので、食べ損ねていました(;'∀') 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 15:54
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”〜赤い桃等のジャムサンド
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”〜赤い桃等のジャムサンド 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 14:41
『リリエンベルグ』 の “シシリアン”
『リリエンベルグ』 の “シシリアン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 14:37
『エーグル・ドゥース』 の “ミゼラブル オー モカ”
『エーグル・ドゥース』 の “ミゼラブル オー モカ” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 13:49
『ベリーズティールーム』 の “ヴィクトリアサンドイッチケーキ”
『ベリーズティールーム』 の “ヴィクトリアサンドイッチケーキ” 東京 ・ 浜田山の 『ベリーズティールーム』 2013年1月オープン。 オーナーのまゆみさんは、会社勤めの傍ら、紅茶教室や製菓学校に通われた後、紅茶とイギリス菓子を提供するティールームをオープンされました。 本格的な紅茶は勿論の事、イギリスでは定番のパンケーキ 「クランペット」 やスコーン等、フードは全てイギリス菓子という拘わりようです。 前々から気になっていたのですが、なかなか行けず、今回、新宿伊勢丹の 「英国展」 に出展されていたので、妹がケーキを買って来てくれました(*'▽') ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 17:09
『松之助』 の “アップルバックルコーヒーケーキ”
『松之助』 の “アップルバックルコーヒーケーキ” 京都 ・ 烏丸御池の 『松之助』 2000年10月オープン。 料理研究家の平野顕子さんがプロデュースする、アップルパイやスイーツのお店です。 著書も多く、京都と代官山でお菓子教室を開かれている平野さんですが、四十代半ばでアメリカ北東部ニューイングランド地方に留学された際、ニューイングランドの伝統的スイーツの製法を学び、アメリカンケーキのディプロマを取得されたのだそうです…すごい! バーモント州アップルパイコンテスト優勝者であるシャロル・ジーン氏に師事し、同氏のレシピ等を使われているそうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 15:58
『シャンドワゾー』 の “ミゼラブル”
『シャンドワゾー』 の “ミゼラブル” 埼玉 ・ 川口の 『シャンドワゾー』 2010年10月オープン。 シェフの村山太一氏は、春日部 「パティスリーシェーヌ」 に勤務後、浦和 「パティスリーアカシエ」 のオープニングスタッフとして1年勤務された後、渡欧。 ベルギーのパティスリーや老舗ショコラトリーで修業されました。 店名は、ベルギー時代に勤務していたブリュッセルの地名が由来で、仏語で 「鳥のさえずり」 という意味だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 13:37
『リリエンベルグ』 の “木苺のシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “木苺のシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 15:32
『リリエンベルグ』 の “カーディナルシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “カーディナルシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 17:19
『パティスリー・アカシエ』 の “オキナワナナス”
『パティスリー・アカシエ』 の “オキナワナナス” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) でも、美味しくて食べたくなってしまうんです…(*´... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 15:34
『ブラフベーカリー』 の “キャロットケーキ”
『ブラフベーカリー』 の “キャロットケーキ” 横浜 ・ 元町の 『ブラフベーカリー』 2010年12月オープン。 シェフの栄徳剛氏は、横浜で三代続いたパン職人の家に生まれ、幼少の頃から家業を手伝われていたそうです。 横浜・本牧にあった 「ラミ・デュ・パン」 に勤務された後、「ホリデイ・イン」(現ローズホテル)、「ブーランジェリー ラ・テール」、「アルティザン・テラ」 のシェフを経て、独立されました。 ニューヨークスタイルのベーカリーで、元同僚の奥様がお菓子を担当されています。 素材に対する拘りは相当なもので、NPO法人新麦コレクシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 15:08
『フードムード』 の “キャロットケーキ”
『フードムード』 の “キャロットケーキ” 東京 ・ 国立の 『foodmood』 (フードムード) 2010年3月オープン。 料理研究家のなかしましほさんが主宰する、おやつの工房です。 乳製品を使わず、国産の小麦粉、菜種油や、季節の素材に拘り、「ごはん」 のような満足感のある 「お菓子」 を作られています。 店名は、お腹だけでなく、心も満足出来るように…との思いで、「food」 に 「mood」 を重ねていらっしゃるようです。 著書も多く、それでいて、「ほぼ日刊イトイ新聞」 や、それに連携したTwitterで、お菓子のレシピを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 16:52
『マッターホーン』 の “モカ”
『マッターホーン』 の “モカ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 14:55
『マッターホーン』 の “ダミエ”
『マッターホーン』 の “ダミエ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 16:28
『リリエンベルグ』 の “いちごのカーディナルシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “いちごのカーディナルシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 17:55
『uneclef』 の “キャロットケーキ”
『uneclef』 の “キャロットケーキ” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 15:15
『パティスリー・ノリエット』 の “ノワゼッティーヌ”
『パティスリー・ノリエット』 の “ノワゼッティーヌ” 東京 ・ 下高井戸の 『パティスリー・ノリエット』 1993年オープン。 シェフの永井紀之氏は、名店 「オー・ボン・ヴュー・タン」 にオープニングスタッフとして約2年勤務された後、渡仏。 南仏・ヴァランス「ダニエル・ジロー」、グルノーブル「ドゥ・ヴェルバル」、パリの二つ星「ミッシェル・ロスタン」、ボンドイゼール「ミッシェル・シャブラン」、スイス・ジュネーブ「ホテル・インターコンチネンタル」、ルクセンブルグ「オーバーワイズ」など、ヨーロッパにて6年間修業され、帰国後、独立されました。 著書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 15:27
『リリエンベルグ』 の “モカヒュッテ”
『リリエンベルグ』 の “モカヒュッテ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 15:25
『アステリスク』 の “ミゼラブル”
『アステリスク』 の “ミゼラブル” 東京 ・ 代々木上原の 『アステリスク』 2012年5月オープン。 シェフの和泉光一氏は、「成城アルプス」 等で修業後、「サロン・ド・テ・スリジェ」 のシェフ・パティシエを務められ、ワールドペストリーチャンピオンシップ、ワールドチョコレートマスターズ等の世界大会で入賞された実力派。 店名は、一般的にも馴染み深い記号の*マークを指し、また、フランス語で 「小さい星」 という意味。 「小さくても皆で力強く輝き続けたい」 という気持ちを込めて、付けられているそうです。 お店は、モノトーンを基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 15:49
『シュークリー』 の “ミゼラブル”
『シュークリー』 の “ミゼラブル” 東京 ・ 神田の 『シュークリー』 2014年9月オープン。 シェフの佐藤均氏は、軽井沢万平ホテル、今はなき銀座 「ルショワ」 で修業された後に渡欧。 ルクセンブルグの 「オーバーヴァイス」 等で修業され、帰国後は八王子 「ル・フォワイエ」 でシェフを務められた後、1998年に独立、平井にて 「ドゥ―・シュークル」 をオープンされました。 そして、2008年6月、人形町にてオープンした 『シュークリー』 が、瞬く間に人気店に。 残念ながら、「ドゥ―・シュークル」 は2014年8月に閉店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/15 22:28
『リリエンベルグ』 の “新百合カスター”
『リリエンベルグ』 の “新百合カスター” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 23:26
『パティスリー・アカシエ』 の “サンマルク”
『パティスリー・アカシエ』 の “サンマルク” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/07 13:38
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められた後、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に移転さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 16:03
『パティスリー・エチエンヌ』 の “アンカ”
『パティスリー・エチエンヌ』 の “アンカ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『パティスリー・エチエンヌ』 2011年8月オープン。 シェフの藤本智美氏は、横浜プリンスホテルにて経験を積まれ、グランドハイアット東京のフィオレンティーナでは、ペストリー料理長を務められた方です。 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーを始め、コンテストでの優勝経験も多数の実力派。 現在は、スイートアートデザイナーである奥様と、自店を切り盛りされています。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月15日〜7月21日出店された際、妹が買って来てくれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 13:17
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ガトーバニーユ”
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ガトーバニーユ” 東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 落ち着いた外装、店内もシックで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/12 15:42
『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”〜ヴィクトリアケーキ〜
『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”〜ヴィクトリアケーキ〜 東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、素材等に拘わったペストリー&お惣菜のお店です。 日本1号店は、2010年12月丸の内にオープン、そして、ローズベーカリー初のティールームとして、2012年3月16日銀座店がオープンしました。 普段は、銀座で買物ついでにオヤツ…という事が多いのですが、今回は、伊勢丹新宿で買物ついでに、お茶しました^^ 伊勢丹新宿3階の、如何にも小洒落たファッションフロアの一角に、控え目に鎮座し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 18:01
『エシレ・メゾン デュ ブール』 の “ミゼラブル”
『エシレ・メゾン デュ ブール』 の “ミゼラブル” 東京 ・ 丸の内の 『エシレ・メゾン デュ ブール』 2009年9月3日オープン。 フランス中西部 ポワトー・シャラント地方のエシレ村で、一定の約束事を守って飼育された乳牛の搾り立ての生乳を使い、1894年から作られているエシレバター。 バターとしては余りにも有名ですが、丸の内ブリックスクエア1階に出来たこのお店が、エシレバターの世界初の専門店です。 大阪の阪急うめだにも、店舗が出来たようですが、品揃えが少し違うようですね。 バター以外はこのショップでしか買えない物も多く、早い時間に行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/22 15:29
『パティスリー・アカシエ』 の “フランボワジエ”
『パティスリー・アカシエ』 の “フランボワジエ” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) 今月、浦和駅ナカのマンスリースイーツに出店されると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 16:05
『パティスリー ユウ ササゲ』 の “ヌメロ ドゥー”
『パティスリー ユウ ササゲ』 の “ヌメロ ドゥー” 東京 ・ 千歳烏山の 『パティスリー ユウ ササゲ』 2013年5月オープン。 シェフの捧雄介氏は、「ルコント」 、「オテル・ドゥ・ミクニ」 にて修行をされ、レストラン 「アロマフレスカ」 を経て、 「ロワゾー・ド・リヨン」 ではスーシェフを、 「パティスリー・エ・カフェ・プレジール」 ではシェフパティシエを務められた後、独立されました。 コンセプトカラーの淡いグリーンも、とても綺麗で爽やかで、先日1周年を迎えた若々しいお店にピッタリです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/24 15:06
『エーグル・ドゥース』 の “マントン”
『エーグル・ドゥース』 の “マントン” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン…先日、10周年を迎えられたそうです、おめでとうございます^^ シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/22 13:23
『パティスリー・アカシエ』 の “ガトー・モカ”
『パティスリー・アカシエ』 の “ガトー・モカ” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月2日〜... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 16:49
『パティスリー ヴォワザン』 の “ブールサレ”
『パティスリー ヴォワザン』 の “ブールサレ” 東京 ・ 荻窪の 『パティスリー ヴォワザン』 2009年オープン。 シェフの広瀬達哉氏は、フレンチの料理人を勤められた後、「マルメゾン」 にて修業され、渡仏。 帰国後、ジャン=ポール・エヴァン、ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションに勤務された実力派です。 店名は、仏語で 「ご近所」 という意味だそうで、身近な存在であろうとする気持ちが表れているようです。 今回は、渋谷ヒカリエ の2周年記念イベントで出展された際、妹が買って来てくれました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/22 14:57
『ローズベーカリー』 の “エスプレッソ&ウォールナッツケーキ”
『ローズベーカリー』 の “エスプレッソ&ウォールナッツケーキ” 東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも他に、丸の内、吉祥寺、伊勢丹新宿にも店舗がありますが、銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 13:56
『Sunday Bake Shop』 の “コーヒーとウォルナッツのケーキ”
『Sunday Bake Shop』 の “コーヒーとウォルナッツのケーキ” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人(? シェフとかパティシエールという印象ではないのです) の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められた後、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんで、ちょっと敷居は高いですが、その独特のバリエーションの焼菓子が魅力たっぷりなのです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/18 16:02
『ドゥー パティスリー ア トーキョー』 の “イタリエンヌ”
『ドゥー パティスリー ア トーキョー』 の “イタリエンヌ” 東京駅構内 ・ エキュート東京サウスコート内の 『ドゥー パティスリー ア トーキョー』 シェフの菅又亮輔氏は、フランスで修業された後、舞浜のピエール・エルメ サロン・ド・テにてスー・シェフを2年務められました。 本店のドゥー パティスリーカフェは2007年12月オープン。 その後、2010年3月に、ドゥー パティスリー ア トーキョーがエキュート内にオープンしています。 本店の方は、ちょっと遠いですが、東京駅の中で、高クオリティのケーキが買えるのは嬉しいですね^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/11 15:54
『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 の “カシスとオレンジ”
『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 の “カシスとオレンジ” 東京 ・ 代官山 の 『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 シェフの弓田亨氏は、フランス ・ パリのジャン・ミエで2度にわたり修行された後、1986年に代々木上原にて同パティスリーを開かれ、1995年には現在の代官山に移転されました。 プロも通うと言われるお菓子教室や、料理教室を主催される他、著書も多数。 店内には、本格的なフランス菓子の他、パンやショコラが揃っていて、何を食べようか、何をテイクアウトしようか、いつも迷ってしまいます。 店名は、長くて覚え辛いのですが、フランス語で、『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/16 15:54
『パティスリー・アカシエ』 の “デリスマカダミア”
『パティスリー・アカシエ』 の “デリスマカダミア” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、行ってみたいのに実現していないお店です。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月10日〜7月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/18 23:43
『パティスリー・アカシエ』 の “ロワイヤル”
『パティスリー・アカシエ』 の “ロワイヤル” 埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、行ってみたいのに実現していないお店です。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月10日〜7月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/16 14:52
『近江屋洋菓子店』 の “いちじくボート”
『近江屋洋菓子店』 の “いちじくボート” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/01 14:03
『歩粉』 の “りんごスパイスクラングルケーキ”&“スパイスシフォン”&“くるみのプリン”
『歩粉』 の “りんごスパイスクラングルケーキ”&“スパイスシフォン”&“くるみのプリン” 東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/27 12:39
『近江屋洋菓子店』 の “パパイヤボート”
『近江屋洋菓子店』 の “パパイヤボート” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 12:51
『横浜大飯店』 の “中国風カステラ”
『横浜大飯店』 の “中国風カステラ” 神奈川 ・ 横浜中華街の 『横浜大飯店』 最近では、中華街でも、中華料理の食べ放題を実施しているお店が増えているようですが、オーダー式のバイキングの先駆けがこのお店です。 点心だけでなく、中華料理全般が食べられ、デザートも豊富な上、食べ放題にしてはお味もなかなかなので、土日はオープン前からかなり混雑していますが、予約出来るので、気軽に利用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 12:33
『エシレ・メゾン デュ ブール』 の “ガトー・エシレ ナチュール”
『エシレ・メゾン デュ ブール』 の “ガトー・エシレ ナチュール” 東京 ・ 丸の内の 『エシレ・メゾン デュ ブール』 2009年9月3日オープン。 フランス中西部 ポワトー・シャラント地方のエシレ村で、一定の約束事を守って飼育された乳牛の搾り立ての生乳を使い、1894年から作られているエシレバター。 バターとしては余りにも有名ですが、丸の内ブリックスクエア1階に出来たこのお店が、エシレバターの世界初の専門店です。 バター以外はこのショップでしか買えない物も多く、オープン以来すごい行列です。 しかも、早い時間に行かないと売り切れてしまうようで、相当に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/13 12:24
『ツッカベッカライ カヤヌマ』 の “クレーム・シュニッテン”
『ツッカベッカライ カヤヌマ』 の “クレーム・シュニッテン” 東京 ・ 赤坂の 『ツッカベッカライ カヤヌマ』 ウィーンのデメルで修行され、1982年、オーストリア国家公認コンディトールマイスターの資格を、外国人として初めて取得された栢沼稔氏。 「マイスター」というのは、単なる「優秀な職人」ではなく、幅広い知識や、周りの者をリードする人格等を併せ持つ、トータルな存在だそうです。 その栢沼氏が帰国後、1987年にオープンしたオーストリア菓子専門店、それがこちらのお店です。 常に、オーストリアの味を出す事を大前提として作られたケーキ、焼菓子、チョコレー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/08 12:48
『近江屋洋菓子店』 の “ストロベリーボート”
『近江屋洋菓子店』 の “ストロベリーボート” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 12:49
『ツッカベッカライ カヤヌマ』 の “シュネーバーレン”
『ツッカベッカライ カヤヌマ』 の “シュネーバーレン” 東京 ・ 赤坂の 『ツッカベッカライ カヤヌマ』 ウィーンのデメルで修行され、1982年、オーストリア国家公認コンディトールマイスターの資格を、外国人として初めて取得された栢沼稔氏。 「マイスター」というのは、単なる「優秀な職人」ではなく、幅広い知識や、周りの者をリードする人格等を併せ持つ、トータルな存在だそうです。 その栢沼氏が帰国後、1987年にオープンしたオーストリア菓子専門店、それがこちらのお店です。 常に、オーストリアの味を出す事を大前提として作られたケーキ、焼菓子、チョコレー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/24 12:36
『エコール・クリオロ』 の “ガイア”
『エコール・クリオロ』 の “ガイア” 東京 ・ 千川の 『エコール・クリオロ』 2003年パティスリーをオープン。 シェフのサントス・アントワーヌ氏は、フランスでも、M.O.F (フランス国家最高職人)のイヴ・チュリエス氏やフィリップ・スゴン氏の元でシェフを務め、シャルル・プルースト杯で優勝されるなどの輝かしい経歴を持たれている方。 日本にいらしてからは、パティスリー開店前に、製菓学校としての 『エコール・クリオロ』 で、製菓指導をされていたそうです。 なので、店名が 「エコール=仏語で学校」 なのでしょうね。 ネットショ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/19 12:35
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴーボート”
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴーボート” 東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/14 12:25
『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 の “バラの雫”
『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 の “バラの雫” 東京 ・ 上野桜木の 『パティシエ イナムラ ショウゾウ』 日本洋菓子界の重鎮のお1人 ・ 稲村省三氏のパティスリーです。 稲村さんは 「東京ヒルトンホテル(現・キャピトル東急ホテル)」 勤務の後、スイスのホテル 「デ・ベルグ」、フランスの 「エキュロイ」、「ダロワイヨ」 などで修行、その間、シャルル・プルースト・コンクールで銀賞などの賞を受賞されました。 帰国後、「ホテル西洋銀座」 で約14年もの間、シェフパティシエを務められ、2000年に独立されました。 ショーケースに、た〜っくさん... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/13 12:56
『柏水堂』 の “プードルケーキ”
『柏水堂』 の “プードルケーキ” 東京 ・ 神田神保町の 『柏水堂』 昭和4年創業。元はフランス料理店だったそうです。 映画監督の小津安二郎氏や、作家の向田邦子氏も通ったという老舗洋菓子店 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/21 12:39
『SHOTO CAFE』 の “ショートーケーキ”〜もりもり生クリーム&大納言あずき〜
東京 ・ 渋谷の 『SHOTO CAFE』 2007年オープン。 東急百貨店本店のすぐ裏側にあり、便利な場所にありながら、一本奥の道に入るだけで、渋谷の喧騒から離れられ、ホッと寛いだ気分になります。 反面、店内はアメリカン・カントリー(乙女寄り)で、ラフな壁の落書きや、思い思いに食事やお茶を楽しむ人で、賑やかです ワンちゃん連れも、いらっしゃいます オーナーも店員さんも、皆さん気さくで親切なので、居心地が良いのも嬉しいです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/06 12:40
『グレース』 の “カスタードケーキ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達… ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/05 17:40
『SHOTO CAFE』 の “ショートーケーキ”〜もりもり生クリーム&キャラメルソース添え
東京 ・ 渋谷の 『SHOTO CAFE』 2007年オープン。 東急百貨店本店のすぐ裏側にあり、便利な場所にありながら、一本奥の道に入るだけで、渋谷の喧騒から離れられ、ホッと寛いだ気分になります。 反面、店内はアメリカン・カントリー(乙女寄り)で、ラフな壁の落書きや、思い思いに食事やお茶を楽しむ人で、賑やかです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/30 12:24

トップへ | みんなの「ケーキ」ブログ

”こまねこDS"
おいしいオヤツが食べたいときは♪ ケーキのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる