アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「イートイン可」のブログ記事

みんなの「イートイン可」ブログ

タイトル 日 時
『Sunday Bake Shop』 の “ココナッツスクエア”
『Sunday Bake Shop』 の “ココナッツスクエア” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/22 15:59
『ダンデライオン・チョコレート』 の “クランベリー&カカオニブスコーン”
『ダンデライオン・チョコレート』 の “クランベリー&カカオニブスコーン” 東京・蔵前の 『ダンデライオン・チョコレート』 2016年2月オープン。 オーナーのトッド・マソニス氏とキャメロン・リング氏は、元々IT企業の起業家として成功されていましたが、子供の頃からのチョコレート好きが高じて、自宅のガレージでチョコレートの実験室を作られたそうです。 カカオを育て、オーブンで豆をローストし、試行錯誤して手作りしたチョコレートは友達の評判を呼び、2010年、サンフランシスコにビーン・トゥ・バー・チョコレートのファクトリーとカフェをオープンさせました。 ファクトリーでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 14:36
『メゾン・ダーニ』 の “ガトー・バスク”&“フィナンシェ”
『メゾン・ダーニ』 の “ガトー・バスク”&“フィナンシェ” 東京 ・ 白金高輪の 『メゾン・ダーニ』 2015年6月オープン。 シェフの戸谷尚弘氏は、都内レストラン等にてパティシエとして勤務された後、渡仏され、バスク地方 「ミルモン」、パリ 「ラ・ヴィエイユ・フランス」 等で修業されました。 修業時代に魅力を感じた「ガトー・バスク」を看板商品にと考えられ、自店をオープンされる際には、「ミルモン」 のシェフに、ご自身が作られたガトー・バスクを食べて貰い、お墨付きをいただいたそうです。 店名は、シェフの愛称 「ダニ」 から付けられたとの事です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 16:23
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “ガトー・マルジョレーヌ”
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “ガトー・マルジョレーヌ” 東京 ・ 学芸大学の 『パティスリー ジュン ウジタ』 2011年11月オープン。 シェフの宇治田潤氏は、葉山 「サンルイ島」、浦和 「浦和ロイヤルパインズホテル」 に勤務後、渡仏され、パリ 「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」 にて修業されました。 帰国後は、鎌倉 「パティスリー雪乃下」 のシェフを務められた後に、独立されました。 行ってみたい、食べてみたいと思いつつ、駅から遠いようで、且つあまり行かないエリアなので、食べ損ねていました(;'∀') 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 15:54
『uneclef』 の “桜のフィナンシェ”&“桜のクッキー”
『uneclef』 の “桜のフィナンシェ”&“桜のクッキー” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 15:32
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “フレジエ”
『パティスリー ジュン ウジタ』 の “フレジエ” 東京 ・ 学芸大学の 『パティスリー ジュン ウジタ』 2011年11月オープン。 シェフの宇治田潤氏は、葉山 「サンルイ島」、浦和 「浦和ロイヤルパインズホテル」 に勤務後、渡仏され、パリ 「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」 にて修業されました。 帰国後は、鎌倉 「パティスリー雪乃下」 のシェフを務められた後に、独立されました。 行ってみたい、食べてみたいと思いつつ、駅から遠いようで、且つあまり行かないエリアなので、食べ損ねていました(;'∀') 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 16:35
『Sunday Bake Shop』 の “ジャージーバタースポンジ&ホワイト”
『Sunday Bake Shop』 の “ジャージーバタースポンジ&ホワイト” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 15:40
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”〜赤い桃等のジャムサンド
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”〜赤い桃等のジャムサンド 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 14:41
『Sunday Bake Shop』 の “ダブルチーズスティック”
『Sunday Bake Shop』 の “ダブルチーズスティック” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 16:34
『uneclef』 の “スコーン(プレーン)”
『uneclef』 の “スコーン(プレーン)” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 14:56
『エーグル・ドゥース』 の “フレジエ”
『エーグル・ドゥース』 の “フレジエ” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 15:38
『エーグル・ドゥース』 の “ムースオーキャフェクラシック”
『エーグル・ドゥース』 の “ムースオーキャフェクラシック” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 16:28
『uneclef』 の “ミントとチョコチップのクッキー”
『uneclef』 の “ミントとチョコチップのクッキー” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 14:39
『uneclef』 の “苺と練乳あんのデニッシュ”&“チョコとバターのサンドウィッチ”
『uneclef』 の “苺と練乳あんのデニッシュ”&“チョコとバターのサンドウィッチ” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 16:51
『uneclef』 の “梅のクッキー”
『uneclef』 の “梅のクッキー” 東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 15:08
『Sunday Bake Shop』 の “ジンジャー&ホワイト”
『Sunday Bake Shop』 の “ジンジャー&ホワイト” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 17:11
『Sunday Bake Shop』 の “フルーツケーキ”
『Sunday Bake Shop』 の “フルーツケーキ” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年1月23日オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 16:34
『Sunday Bake Shop』 の “ヘーゼルナッツシナモンコーンミールブレッド”など
『Sunday Bake Shop』 の “ヘーゼルナッツシナモンコーンミールブレッド”など 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められ、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に移転されて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 15:13
『リチュエル』 の “ショソン ア ラ ポム フレッシュ”
『リチュエル』 の “ショソン ア ラ ポム フレッシュ” 東京 ・ 表参道の 『リチュエル』 2015年11月オープン。 オーナーのクリストフ・ヴァスール氏は、2002年にパリ10区にてオープンした名ブーランジェリー 「デュ・パン・エ・デジデ」 のオーナーシェフです。 そのクリストフ・ヴァスール氏が、東京・自由が丘にて2015年8月に作られたのは、同店の支店等ではなく全く別の 「ヴィエノワズリー専門店」 リチュエルでした。 素材や製法に拘わり、出来る限り日本の食材で、フランスの伝統的な手法を使い丁寧に時間を掛けて作られるヴィエノワズリー。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 14:11
『ブーランジェリー スドウ』 の “洋のシュトーレン”
『ブーランジェリー スドウ』 の “洋のシュトーレン” 東京 ・ 松陰神社前の 『ブーランジェリー スドウ』 2009年10月オープン。 オーナーシェフの須藤秀男氏は、「メゾン・ド・プティ・フール」 でパティシェをなさった後、「タイユバンロブション」、「ペルティエ」 等で研鑽され、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」 では、シェフ・ブーランジェを務められた方です。 独立され、奥様と一緒にオープンされたお店の名前は 「ブーランジェリー スドウ」 ですが、実際は、パティスリーを兼ねているような、焼菓子の充実度。 お店自体は決して広くありませんが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 17:08
『リリエンベルグ』 の “シシリアン”
『リリエンベルグ』 の “シシリアン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 14:37
『フルーツパーラー フクナガ』 の “プリンアラモード”
『フルーツパーラー フクナガ』 の “プリンアラモード” 東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分ですが、今は3番出口が閉鎖されていますので、1番か4番出口が良いかな? 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 14:26
『ブーランジェリー スドウ』 の “クロワッサンタタン”
『ブーランジェリー スドウ』 の “クロワッサンタタン” 東京 ・ 松陰神社前の 『ブーランジェリー スドウ』 2009年10月オープン。 オーナーシェフの須藤秀男氏は、「メゾン・ド・プティ・フール」 でパティシェをなさった後、「タイユバンロブション」、「ペルティエ」 等で研鑽され、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」 では、シェフ・ブーランジェを務められた方です。 独立され、奥様と一緒にオープンされたお店の名前は 「ブーランジェリー スドウ」 ですが、実際は、パティスリーを兼ねているような、焼菓子の充実度。 お店自体は決して広くありませんが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 14:29
『紅茶と焼菓子 TeaSpring』 の “アップルパイ”
『紅茶と焼菓子 TeaSpring』 の “アップルパイ” 千葉 ・ 船橋の 『紅茶と焼菓子 TeaSpring 』 (ティースプリング) 2015年6月オープン。 店主さんお1人で切り盛りされる、紅茶と焼菓子のお店です。 その名の通り、丁寧に入れた紅茶と、それに合う焼菓子を週替わりで作られています。 居心地の良いリビングのようなティールームを心掛けていらっしゃるそうで、10席程の小ぢんまりした空間ながら、落ち着いた家具に静かに流れるピアノ曲…確かにゆったり過ごせました(*^^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 16:23
『紅茶と焼菓子 TeaSpring』 の “クリームティー”
『紅茶と焼菓子 TeaSpring』 の “クリームティー” 千葉 ・ 船橋の 『紅茶と焼菓子 TeaSpring 』 (ティースプリング) 2015年6月オープン。 店主さんお1人で切り盛りされる、紅茶と焼菓子のお店です。 その名の通り、丁寧に入れた紅茶と、それに合う焼菓子を週替わりで作られています。 居心地の良いリビングのようなティールームを心掛けていらっしゃるそうで、10席程の小ぢんまりした空間ながら、落ち着いた家具に静かに流れるピアノ曲…確かにゆったり過ごせました(*^^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 16:00
『エーグル・ドゥース』 の “ミゼラブル オー モカ”
『エーグル・ドゥース』 の “ミゼラブル オー モカ” 東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 13:49
『Sunday Bake Shop』 の スコーン“オリジナル&全粒粉とくるみ”
『Sunday Bake Shop』 の スコーン“オリジナル&全粒粉とくるみ” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められた後、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に移転さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/18 14:33
『Sunday Bake Shop』 の “りんごとベリーのフラップジャックトレイベイク”
『Sunday Bake Shop』 の “りんごとベリーのフラップジャックトレイベイク” 東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められた後、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に移転さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 15:39
『ベリーズティールーム』 の “ヴィクトリアサンドイッチケーキ”
『ベリーズティールーム』 の “ヴィクトリアサンドイッチケーキ” 東京 ・ 浜田山の 『ベリーズティールーム』 2013年1月オープン。 オーナーのまゆみさんは、会社勤めの傍ら、紅茶教室や製菓学校に通われた後、紅茶とイギリス菓子を提供するティールームをオープンされました。 本格的な紅茶は勿論の事、イギリスでは定番のパンケーキ 「クランペット」 やスコーン等、フードは全てイギリス菓子という拘わりようです。 前々から気になっていたのですが、なかなか行けず、今回、新宿伊勢丹の 「英国展」 に出展されていたので、妹がケーキを買って来てくれました(*'▽') ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 17:09
『菓子工房ルスルス』 の “モンブラン”
『菓子工房ルスルス』 の “モンブラン” 東京 ・ 赤羽橋の 『菓子工房ルスルス』 2007年4月オープン。 菓子職人の新田あゆ子さんは、都内洋菓子店にて働かれた後、製菓学校や 「オーブンミトン」 の焼き菓子教室の講師などを経て、ご自身のお店をオープンされました。 2012年7月には浅草店 (イートインスペースもあるそうです) が、2014年4月に銀座松屋に常設店が出来ました。 パティスリーではなく、敢えて 「菓子工房」 と冠し、お菓子教室も続けてらっしゃるところから、フランス菓子に拘わらず、自ら美味しいと思えるお菓子を作りたい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 13:45
『カフェ・リゼッタ』 の “スコーン”
『カフェ・リゼッタ』  の “スコーン” 東京 自由が丘の 『カフェ・リゼッタ』 2013年6月オープン。 ナチュラル素材を用いたブティックに併設されたカフェで、落ち着いたヨーロピアン・クラシックなイメージ。 熊野神社のすぐ近くなので、とても静かで、流される音楽も控え目。 カフェとは言え、シェフ・パティシエの鶴見昂氏は、『Cafe Lisetteのお菓子』 というレシピ本を出されるくらい、お菓子の人気も高いようです。 和菓子屋さん等とのコラボや、他の菓子職人の方等とイベントをなさったりされているので、HPをチェックしておくと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/12 14:43
『リリエンベルグ』 の “いちじくのタルト”
『リリエンベルグ』 の “いちじくのタルト” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/06 14:49
『リリエンベルグ』 の “木苺のシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “木苺のシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 15:32
『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”〜オリーブオイルチョコレートケーキ〜
『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”〜オリーブオイルチョコレートケーキ〜 東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも他に、丸の内、吉祥寺、伊勢丹新宿にも店舗がありますが、銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 15:55
『リリエンベルグ』 の “サマーエンガディナートルテ”
『リリエンベルグ』 の “サマーエンガディナートルテ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 16:33
『リリエンベルグ』 の “桃のシャンパンムース”
『リリエンベルグ』 の “桃のシャンパンムース” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 16:32
『リリエンベルグ』 の “カーディナルシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “カーディナルシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 17:19
『リリエンベルグ』 の “メルバ”
『リリエンベルグ』 の “メルバ” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 15:07
『sens et sens』 の “ペッシュ・ド・ヴィーニュのタルト”
『sens et sens』 の “ペッシュ・ド・ヴィーニュのタルト” 東京 ・ つくし野の 『sens et sens』 (サンス エ サンス) 2013年1月オープン。 以前は千葉県で人気のパン店 「ル・クール」 を営まれていた菅井悟郎氏が、ご夫妻で営まれるカフェです。 厳選した素材で大切に作られたパンやお菓子を、単に 「売る」 のではなく、「食する事」 を重視するため、カフェには色々なルールがあります。 ですが、それに則って食べるパンやお菓子の美味しい事…! 店内は、白を基調に、コンクリートや鉄のスッキリした部分と、木の温かみがうまく調和されて、広々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 16:32
『マッターホーン』 の “ロールケーキ”
『マッターホーン』 の “ロールケーキ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/27 17:39
『フードムード』 の “小夏のシフォンサンド”&“キャラメルバナナのシフォンサンド”
『フードムード』 の “小夏のシフォンサンド”&“キャラメルバナナのシフォンサンド” 東京 ・ 国立の 『foodmood』 (フードムード) 2010年3月オープン。 料理研究家のなかしましほさんが主宰する、おやつの工房です。 乳製品を使わず、国産の小麦粉、菜種油や、季節の素材に拘り、「ごはん」 のような満足感のある 「お菓子」 を作られています。 店名は、お腹だけでなく、心も満足出来るように…との思いで、「food」 に 「mood」 を重ねていらっしゃるようです。 著書も多く、それでいて、「ほぼ日刊イトイ新聞」 や、それに連携したTwitterで、お菓子のレシピを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 17:01
『浪花家総本店』 の “たい焼き”
『浪花家総本店』 の “たい焼き” 東京 ・ 麻布十番の 『浪花家総本店』 1909年創業。 麻布十番商店街にある老舗たい焼き屋さんです。 かつて大ヒットした童謡 「およげ!たいやきくん」 のモデルの店としても有名です。 店名の由来は、初代の神戸清次郎氏が浪花(現在の大阪)出身であったため、故郷にちなんで付けられたそうです。 テイクアウトは相当行列するそうで、2階のカフェでのイートインの方が敷居が低いようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 15:41
『SHOZO COFFEE STORE』 の コラボver.“ヒグチビクトリアンケーキ”
『SHOZO COFFEE STORE』 の コラボver.“ヒグチビクトリアンケーキ” 東京 ・ 表参道の 『SHOZO COFFEE STORE』 (ショーゾーコーヒーストア) 栃木県黒磯のカフェ 「1988 CAFE SHOZO」 がオープンしたのは1988年6月。 名前の通り、オーナー菊地省三氏拘わりのコーヒーの美味しさは勿論、スコーン等のお菓子も評判で、何より居心地の良いカフェとして有名です。 表参道の 「COMMUNE246」 に期間限定でコーヒーストアを出店されており、狭いスペースながら、スタッフの方の温かい対応もあり、何とも寛げる空間でコーヒーと焼菓子を楽しめる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 15:25
『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 の “フローズン スモア”
『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 の “フローズン スモア” 東京 ・ 表参道の 『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 2015年6月オープン。 オーナーシェフのドミニク・アンセル氏は、パリ出身で、パリ 「フォション」 に勤められた後、渡米し、ニューヨークのフレンチ 「ダニエル」 にてエグゼクティブ・ペストリーシェフを務められました。 その後、2011年に、ニューヨークにて独立されて 「ドミニク・アンセル・ベーカリー」 をオープンされました。 看板商品の 「クロナッツ」 は、米 「TIME」 誌により、「2013年の最も優れた発明品25」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/02 15:23
『フードムード』 の “キャロットケーキ”
『フードムード』 の “キャロットケーキ” 東京 ・ 国立の 『foodmood』 (フードムード) 2010年3月オープン。 料理研究家のなかしましほさんが主宰する、おやつの工房です。 乳製品を使わず、国産の小麦粉、菜種油や、季節の素材に拘り、「ごはん」 のような満足感のある 「お菓子」 を作られています。 店名は、お腹だけでなく、心も満足出来るように…との思いで、「food」 に 「mood」 を重ねていらっしゃるようです。 著書も多く、それでいて、「ほぼ日刊イトイ新聞」 や、それに連携したTwitterで、お菓子のレシピを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 16:52
『フードムード』 の “白みそあんのシフォンサンド”
『フードムード』 の “白みそあんのシフォンサンド” 東京 ・ 国立の 『foodmood』 (フードムード) 2010年3月オープン。 料理研究家のなかしましほさんが主宰する、おやつの工房です。 乳製品を使わず、国産の小麦粉、菜種油や、季節の素材に拘り、「ごはん」 のような満足感のある 「お菓子」 を作られています。 店名は、お腹だけでなく、心も満足出来るように…との思いで、「food」 に 「mood」 を重ねていらっしゃるようです。 著書も多く、それでいて、「ほぼ日刊イトイ新聞」 や、それに連携したTwitterで、お菓子のレシピを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/18 16:37
『マッターホーン』 の “モカ”
『マッターホーン』 の “モカ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 14:55
『マッターホーン』 の “ダミエ”
『マッターホーン』 の “ダミエ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 16:28
『マッターホーン』 の “スペシャルショートケーキ”
『マッターホーン』 の “スペシャルショートケーキ” 東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/04 13:56
『リリエンベルグ』 の “いちごのカーディナルシュニッテン”
『リリエンベルグ』 の “いちごのカーディナルシュニッテン” 神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 17:55
『uneclef』 の “キャロットケーキ”
東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 15:15
『リリエンベルグ』 の “黒い森のトルテ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 15:47
『SHOZO COFFEE STORE』 の “ヒグチビクトリアンケーキ”
東京 ・ 表参道の 『SHOZO COFFEE STORE』 (ショーゾーコーヒーストア) 栃木県黒磯のカフェ 「1988 CAFE SHOZO」 がオープンしたのは1988年6月。 名前の通り、オーナー菊地省三氏拘わりのコーヒーの美味しさは勿論、スコーン等のお菓子も評判で、何より居心地の良いカフェとして有名です。 表参道の 「COMMUNE246」 に期間限定でコーヒーストアを出店されており、狭いスペースながら、スタッフの方の温かい対応もあり、何とも寛げる空間でコーヒーと焼菓子を楽しめる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 15:01
『uneclef』 の “フィナンシェ”
東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/08 13:54
『パティスリー ヨシノリアサミ』 の “ショコラ・シューアラクレーム”
東京・巣鴨の 『パティスリー ヨシノリアサミ』 2015年10月オープン。 シェフの浅見欣則氏は、「明治記念館」に勤められた後に渡仏。 シャルル・プルースト杯で準優勝されるなど受賞歴も然る事ながら、フランスの名パティスリーにて修業され、ストラスブールの 『パティスリー キュブレー』 ではシェフ・パティシエを10年も務められました。 2011年には、グラシエのM.O.F.(フランス国家最高職人)コンクールに挑戦され、外国人として初めてファイナリストに残られた事でも話題になりました。 20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 14:51
『タカノフルーツパーラー』 の “苺のショートケーキ”
東京 ・ 新宿の 『タカノフルーツパーラー』 1885年創業。 当初は、繭仲買・中古道具が本業で、果物の取り扱いは副業だったようです。 1900年よりフルーツ専門店となり、1926年にフルーツパーラーが設立されました。 フルーツパーラーは現在、本店を含み関東を中心に7店舗。 フルーツ・ケーキ類を購入出来るショップは百貨店にも多く、老舗ながら、関東在住の身には身近な存在です。 色とりどりのフルーツが眩しく、いつ行っても、何を食べようか迷ってしまいます(*´ο`*)=3 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/18 14:34
『ブーランジェリー スドウ』 の “ガレット・デ・ロワ”
東京 ・ 松陰神社前の 『ブーランジェリー スドウ』 2009年10月オープン。 オーナーシェフの須藤秀男氏は、「メゾン・ド・プティ・フール」 でパティシェをなさった後、「タイユバンロブション」、「ペルティエ」 等で研鑽され、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」 では、シェフ・ブーランジェを務められた方です。 独立され、奥様と一緒にオープンされたお店の名前は 「ブーランジェリー スドウ」 ですが、実際は、パティスリーを兼ねているような、焼菓子の充実度。 お店自体は決して広くありませんが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 15:40
『フルーツパーラー フクナガ』 の “マンゴーパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 15:50
『ラ・ヴィエイユ・フランス』 の “キューブ・ア・ラ・ヴァニーユ”
東京 ・ 千歳烏山の 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 2007年10月にオープン。 シェフの木村成克氏は、パリの名門 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 やリヨンの 『ベルナシオン』 など、フランスで11年もの間、修行された方です。 帰国後、東京の 「シェ・シーマ」 、福岡の 「フレ」 でシェフ・パティシエとして活躍された後、私達ファン念願の東京のパティスリーをオープンされました 台場にあった支店はもうないようですが、仙川に支店が出来、そちらはソルベ ・ アイスクリームを専門にしたお店になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 13:57
『ラ・ヴィエイユ・フランス』 の “タルトタタン”
東京 ・ 千歳烏山の 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 2007年10月にオープン。 シェフの木村成克氏は、パリの名門 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 やリヨンの 『ベルナシオン』 など、フランスで11年もの間、修行された方です。 帰国後、東京の 「シェ・シーマ」 、福岡の 「フレ」 でシェフ・パティシエとして活躍された後、私達ファン念願の東京のパティスリーをオープンされました 台場にあった支店はもうないようですが、仙川に支店が出来、そちらはソルベ ・ アイスクリームを専門にしたお店になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 15:01
『リリエンベルグ』 の “ウィリアムス”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/04 14:25
『ブーランジェリー スドウ』 の シュトーレン “和み”
東京 ・ 松陰神社前の 『ブーランジェリー スドウ』 2009年10月オープン。 オーナーシェフの須藤秀男氏は、「メゾン・ド・プティ・フール」 でパティシェをなさった後、「タイユバンロブション」、「ペルティエ」 等で研鑽され、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」 では、シェフ・ブーランジェを務められた方です。 独立され、奥様と一緒にオープンされたお店の名前は 「ブーランジェリー スドウ」 ですが、実際は、パティスリーを兼ねているような、焼菓子の充実度。 お店自体は決して広くありませんが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 13:40
『珈琲 天国』 の “ホットケーキ”
東京 ・ 浅草の 『珈琲 天国』 2005年6月オープン。 オーナーの上野留美さんは、元々喫茶店好きだったそうで、好きな喫茶店が沢山あった浅草を選んで、お店を開かれました。 最初に作ったお料理がホットケーキだったとの事で、コーヒーは勿論の事、ホットケーキをメインのメニューにされたようです。 かなり前に、コーヒーの特集本で知って以来、行ってみたかったのですが、やっと伺う事が出来ました^^ 比較的新しいお店なのに、ドア、壁、床、テーブル、椅子…なんだか全てが、如何にも 「古い喫茶店」 なん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/02 14:35
『つるばみ舎』 の “ホットケーキ”
東京 ・ 経堂の 『つるばみ舎』 2015年10月オープン。 老舗フルーツパーラー万惣ご出身の方(万惣では、数少ないホットケーキ専門の職人さんだった方のようです) が、リトルツリー閉店後、ご夫婦で営まれるホットケーキのお店です。 白い壁、コンクリートの床というシンプルな室内に、木の温かみのある家具が、ゆったりと並べられています。 土日祝日は、9時から11時まで、モーニングメニューがあるようで、その時間帯はホットケーキは食べられないようです。 店名の 「つるばみ」 とは、どんぐりの古名だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/27 14:00
『リリエンベルグ』 の “紅の夢のタルト”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 15:10
『リリエンベルグ』 の “りんごのシブースト”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/24 13:31
『リリエンベルグ』 の “洋梨のケーキ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 13:00
『ハロッズ』 の “アフタヌーンティー”
東京 ・ 日本橋三越内の 『ハロッズ』 お茶を商うチャールズ・ヘンリー・ハロッドが1849年に開いた食料品店から、世界的な百貨店に発展しました。 三越設立者の1人である日比翁助氏が欧米視察の際にハロッズに感銘を受け、三越デパートのモデルにしたという経緯から、三越の子会社である株式会社二幸が三越各店を中心にハロッズの商品を扱っているようです。 ティールームが併設されている店舗は、私が知る限りでは多くないので、日本橋三越店は貴重です。 本館地下1階の端にあるハロッズショップの、更に奥に位置し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/16 16:14
『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 の “25レイヤー アップル タルトタタン”
東京 ・ 表参道の 『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 2015年6月オープン。 オーナーシェフのドミニク・アンセル氏は、パリ出身で、パリ 「フォション」 に勤められた後、渡米し、ニューヨークのフレンチ 「ダニエル」 にてエグゼクティブ・ペストリーシェフを務められました。 その後、2011年に、ニューヨークにて独立されて 「ドミニク・アンセル・ベーカリー」 をオープンされました。 看板商品の 「クロナッツ」 は、米 「TIME」 誌により、「2013年の最も優れた発明品25」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/06 14:33
『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 の “ミニマドレーヌ”
東京 ・ 表参道の 『ドミニク アンセル ベーカリー トーキョー』 2015年6月オープン。 オーナーシェフのドミニク・アンセル氏は、パリ出身で、パリ 「フォション」 に勤められた後、渡米し、ニューヨークのフレンチ 「ダニエル」 にてエグゼクティブ・ペストリーシェフを務められました。 その後、2011年に、ニューヨークにて独立されて 「ドミニク・アンセル・ベーカリー」 をオープンされました。 看板商品の 「クロナッツ」 は、米 「TIME」 誌により、「2013年の最も優れた発明品25」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 12:51
『パティスリー・ノリエット』 の “ノワゼッティーヌ”
東京 ・ 下高井戸の 『パティスリー・ノリエット』 1993年オープン。 シェフの永井紀之氏は、名店 「オー・ボン・ヴュー・タン」 にオープニングスタッフとして約2年勤務された後、渡仏。 南仏・ヴァランス「ダニエル・ジロー」、グルノーブル「ドゥ・ヴェルバル」、パリの二つ星「ミッシェル・ロスタン」、ボンドイゼール「ミッシェル・シャブラン」、スイス・ジュネーブ「ホテル・インターコンチネンタル」、ルクセンブルグ「オーバーワイズ」など、ヨーロッパにて6年間修業され、帰国後、独立されました。 著書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 15:27
『パティスリー・ノリエット』 の “タルトタタン”
東京 ・ 下高井戸の 『パティスリー・ノリエット』 1993年オープン。 シェフの永井紀之氏は、名店 「オー・ボン・ヴュー・タン」 にオープニングスタッフとして約2年勤務された後、渡仏。 南仏・ヴァランス「ダニエル・ジロー」、グルノーブル「ドゥ・ヴェルバル」、パリの二つ星「ミッシェル・ロスタン」、ボンドイゼール「ミッシェル・シャブラン」、スイス・ジュネーブ「ホテル・インターコンチネンタル」、ルクセンブルグ「オーバーワイズ」など、ヨーロッパにて6年間修業され、帰国後、独立されました。 著書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 15:19
『ハドソン マーケット ベーカーズ』 の “グレイズドコーヒーケーキ”
東京 ・ 麻布十番の 『ハドソン マーケット ベーカーズ』 (HUDSON MARKET BAKERS) 2012年9月オープン。 オーナーベーカー大坪ほまれさんが、約10年のニューヨーク生活の中で常に身近な存在たり得た焼菓子を、それを取り巻く生活スタイルそのものと共に、日本で提供したいとの思いで、開かれたお店だそうです。 小ぢんまりとした入口を入ると、マフィンやクッキー等々、焼菓子が所狭しと並べられ、端の冷蔵ケースにケーキがズラリ。 「なるほど、これがニューヨークのベイクショップなのね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 16:01
『リリエンベルグ』 の “シュークリーム”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 15:25
『リリエンベルグ』 の “モカヒュッテ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 15:25
『リリエンベルグ』 の “タルトタタン”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 13:57
『リリエンベルグ』 の “アプフェルシュトゥルーデル”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 16:29
『リリエンベルグ』 の “ぶどうのミルフィーユ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『リリエンベルグ』 1988年オープン。 シェフの横溝春雄氏は、東京・神田の今はなき 「エスワイル」 に勤められた後、1972年渡欧され、ウィーンの 「デメル」 など、ドイツ、スイス、オーストリアなどで5年程修業された、所謂パティシエのパイオニア的存在の方です。 帰国後、「新宿中村屋グロリエッテ」 のシェフを務められた後、独立されました。 以後、一つところにじっくり根を張り、堅実に菓子作りをされています。 店名は、独語で 「百合の丘」 という意味だそうで、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 15:58
『アン・プチ・パケ』 の “サントノレ”
横浜 ・ 江田の 『アン・プチ・パケ』 1998年オープン。 シェフの及川太平氏は、都内有名店に勤められた後、渡欧され、フランス・アルザス 「ジャック」、ルクセンブルグ 「オーバーワイス」 等にて修業されました。 帰国後は、今はなき名店・代官山 「ピエールドオル」 で8年間シェフを務められた後、独立されました。 また、2012年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員に。名実ともに日本のトップパティシエと言える方です。 しかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/29 15:57
『sens et sens』 の “マンゴープリン”
東京 ・ つくし野の 『sens et sens』 (サンス エ サンス) 2013年1月オープン。 以前は千葉県で人気のパン店 「ル・クール」 を営まれていた菅井悟郎氏が、ご夫妻で営まれるカフェです。 厳選した素材で大切に作られたパンやお菓子を、単に 「売る」 のではなく、「食する事」 を重視するため、カフェには色々なルールがあります。 ですが、それに則って食べるパンやお菓子の美味しい事…! 店内は、白を基調に、コンクリートや鉄のスッキリした部分と、木の温かみがうまく調和されて、広々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 16:45
『アン・プチ・パケ』 の “栗のタルト”
横浜 ・ 江田の 『アン・プチ・パケ』 1998年オープン。 シェフの及川太平氏は、都内有名店に勤められた後、渡欧され、フランス・アルザス 「ジャック」、ルクセンブルグ 「オーバーワイス」 等にて修業されました。 帰国後は、今はなき名店・代官山 「ピエールドオル」 で8年間シェフを務められた後、独立されました。 また、2012年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員に。名実ともに日本のトップパティシエと言える方です。 しかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 16:26
『アステリスク』 の “ミゼラブル”
東京 ・ 代々木上原の 『アステリスク』 2012年5月オープン。 シェフの和泉光一氏は、「成城アルプス」 等で修業後、「サロン・ド・テ・スリジェ」 のシェフ・パティシエを務められ、ワールドペストリーチャンピオンシップ、ワールドチョコレートマスターズ等の世界大会で入賞された実力派。 店名は、一般的にも馴染み深い記号の*マークを指し、また、フランス語で 「小さい星」 という意味。 「小さくても皆で力強く輝き続けたい」 という気持ちを込めて、付けられているそうです。 お店は、モノトーンを基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 15:49
『ワンモア』 の “フレンチトースト”
東京 ・ 平井の 『ワンモア』 昭和46年創業。 JR平井駅北口から、歩いてすぐ。 一歩店に入ると、昭和の香りの漂うレトロな 「喫茶店」 です。 おっとりとした雰囲気のご夫婦が紡ぐ、ゆったりとした空気に、常連さんが寛いでいました。 お皿持参でサンドイッチをテイクアウトされている方などもいて、地元に長く愛されているのが分かります。 その反面、サラリーマンらしき人や、おしゃべりに花を咲かせる若い女性のグループなどもいて、客層は広そうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/21 13:40
『ローズベーカリー』 の “ライムココナッツケーキ”
東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも他に、丸の内、吉祥寺、伊勢丹新宿にも店舗がありますが、銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/19 13:54
『ハリッツ』 の ドーナツ “カカオプレーン”
東京 ・ 代々木上原の 『ハリッツ』 2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まった『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 ドーナツは全て手作りの為、1種類ずつしか作れないとの事で、ショーケースに並ぶ暇もなく売り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/17 17:24
『アステリスク』 の “ガトーフレーズ”
東京 ・ 代々木上原の 『アステリスク』 2012年5月オープン。 シェフの和泉光一氏は、「成城アルプス」 等で修業後、「サロン・ド・テ・スリジェ」 のシェフ・パティシエを務められ、ワールドペストリーチャンピオンシップ、ワールドチョコレートマスターズ等の世界大会で入賞された実力派。 店名は、一般的にも馴染み深い記号の*マークを指し、また、フランス語で 「小さい星」 という意味。 「小さくても皆で力強く輝き続けたい」 という気持ちを込めて、付けられているそうです。 お店は、モノトーンを基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/17 16:20
『Sunday Bake Shop』 の “ビクトリアスポンジ”
東京・初台の 『Sunday Bake Shop』 2009年オープン。 菓子職人の嶋崎かづこさんは、バリスタの経験をお持ちで、「ボダム・カフェ」 、「Romi-Unie Confiture」 に勤められた後、菓子研究家のいがらしろみさんと焼菓子ユニットを組まれた後、独立されました。 お店を開かれる際にも、それ迄のイベントやケータリングの活動を続けたいとの思いから、名前の通り、「日曜日しか開いていない」 珍しいお菓子屋さんとなったそうです。 2014年3月に、イートイン出来る店舗に移転さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 16:03
『パティスリー・エチエンヌ』 の “アンカ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『パティスリー・エチエンヌ』 2011年8月オープン。 シェフの藤本智美氏は、横浜プリンスホテルにて経験を積まれ、グランドハイアット東京のフィオレンティーナでは、ペストリー料理長を務められた方です。 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーを始め、コンテストでの優勝経験も多数の実力派。 現在は、スイートアートデザイナーである奥様と、自店を切り盛りされています。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月15日〜7月21日出店された際、妹が買って来てくれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 13:17
『パティスリー・エチエンヌ』 の “リベルテ・ソヴァージュ”
神奈川 ・ 新百合ヶ丘の 『パティスリー・エチエンヌ』 2011年8月オープン。 シェフの藤本智美氏は、横浜プリンスホテルにて経験を積まれ、グランドハイアット東京のフィオレンティーナでは、ペストリー料理長を務められた方です。 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーを始め、コンテストでの優勝経験も多数の実力派。 現在は、スイートアートデザイナーである奥様と、自店を切り盛りされています。 今回は、伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに7月15日〜7月21日出店された際、妹が買って来てくれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/17 14:12
『uneclef』 の “グレープフルーツとベリージャムのデニッシュ”&“キウイのデニッシュ”
東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/24 12:38
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “エクレール ブルトン”
東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 落ち着いた外装、店内もシックで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/22 15:03
『uneclef』 の “バナナのケーキ”&“ミントのクッキー”など
東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ) 2011年10月オープン。 ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*) パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!! 伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/18 16:53
『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “ダークチェリータルト” など
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、自店をオープンされました。 森さんご自身は、あまり甘い物がお好きではないようで、そのせいか、スパイスやハーブを多用された少し個性的な焼菓子が多いようです。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽'... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/16 15:43
『アディクト オ シュクル』 の “ミルフィユ”
東京 ・ 都立大学の 『アディクト オ シュクル』 2014年4月オープン。 シェフの石井英美さんは、スイーツ好きが高じて、仕事を辞めて料理学校に入学、同校のフランス校にも進学された、ちょっと異色のパティシエールです。 帰国後、「アテスウェイ」、「ヴィロン」、「ラデュレ」 といった名店に勤務され、独立されました。 店名は、仏語で、砂糖 (シュクル) の中毒 (アディクト) …スイーツ好きの石井さんにピッタリです。 都立大学駅から徒歩ですぐなのですが、半地下というか、少し下がっていて、最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/08 17:32
『クリントン ストリート ベイキング カンパニー』 の “パンケーキ ブルーベリー”
東京 ・ 表参道の 『クリントン ストリート ベイキング カンパニー』 2001年4月、ニューヨークにてオープン。 料理人のニール・クレインバーグ氏がご夫婦で、新鮮な素材に拘わり、マフィン、 ビスケット、 スコーン等の手作りケーキを提供する事から始められました。 特に、バターミルクビスケットは、色々な料理のベースにも使われる看板商品。 10歳の時から料理を作っていたニールの作るオムレツ、サンドイッチ、スープ等、料理もどれも高く評価され、2013年8月に表参道店がオープンするや、常に行列で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 15:59
『sens et sens』 の “米粉のN.Yチーズケーキ”
東京 ・ つくし野の 『sens et sens』 (サンス エ サンス) 2013年1月オープン。 以前は千葉県で人気のパン店 「ル・クール」 を営まれていた菅井悟郎氏が、ご夫妻で営まれるカフェです。 厳選した素材で大切に作られたパンやお菓子を、単に 「売る」 のではなく、「食する事」 を重視するため、カフェには色々なルールがあります。 ですが、それに則って食べるパンやお菓子の美味しい事…! 店内は、白を基調に、コンクリートや鉄のスッキリした部分と、木の温かみがうまく調和されて、広々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 15:32
『しろたえ』 の “ミルフィーユ”
東京 ・ 赤坂の 『しろたえ』 1978年オープン。 子供の頃、母が愛用していたお菓子作りの本に、美味しい洋菓子店として紹介されていたのが印象深く、オープン当初から、評判が高かった事が窺われます。 営団地下鉄の赤坂見附駅のA出口、ベルビー赤坂出口から徒歩2分程度。青山通りから、一ツ木通りに入ってすぐです。 看板メニューのレアチーズケーキやシュークリームを始め、シンプルで優しい味わいのお菓子が多く、赤坂見附駅からほど近い一等地に位置していながら、意外な程にリーズナブルなのも特徴です。 そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 14:20
『sens et sens』 の “スコーン”
東京 ・ つくし野の 『sens et sens』 (サンス エ サンス) 2013年1月オープン。 以前は千葉県で人気のパン店 「ル・クール」 を営まれていた菅井悟郎氏が、ご夫妻で営まれるカフェです。 厳選した素材で大切に作られたパンやお菓子を、単に 「売る」 のではなく、「食する事」 を重視するため、カフェには色々なルールがあります。 ですが、それに則って食べるパンやお菓子の美味しい事…! 店内は、白を基調に、コンクリートや鉄のスッキリした部分と、木の温かみがうまく調和されて、広々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 14:22
『青柳正家』 の “あんみつ”
東京 ・ 向島の 『青柳正家』 1948年創業。 元々は 「青柳」 という屋号であったところ、1949年の全国銘菓奉献結成式典において、時の公爵一条実孝がその味に満足した事を機縁に、「正家」 の称号と看板をいただいたとの事です。 現在の店主は、「京都鶴屋」 や大阪の 「芭蕉堂」 で修業された三代目の須永友和氏。 今回、新宿タカシマヤの 「WAGASHI 〜和菓子老舗 若き匠たちの挑戦〜」 という、色々な地域で活躍されている和菓子店の若主人が集まり、出来立ての和菓子を味わえるという魅力的な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 14:45
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ムッシュアルノー”
東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 落ち着いた外装、店内もシックで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 14:54
『ラ・ファミーユ』 の “さくらのシフォンケーキ”
東京 ・ 池袋の 『ラ・ファミーユ』 1998年3月オープン。 オーナーシェフの小沢のり子さんは、フランスで家庭やお店のお菓子作りを学ばれ、帰国された翌年、当時珍しかったのではないかと思われるシフォンケーキ専門店を開かれました。 シフォンケーキ作りの本を出されたり、お店で教室を開かれたり、幅広く活躍されています。 添加物をなるべく使わない、手作りのシフォンは、種類も多く、シフォンケーキと言えばラ・ファミーユ、と言っても過言ではないくらい有名なのでは? 店内にはピアノも置かれ、ミニライブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/10 15:19
『merci BAKE』 の “ガトーショコラ”
東京 ・ 松陰神社前の 『merci BAKE』 (メルシーベイク) 2014年7月オープン。 パティシエの田代翔太さんは、フランス・リヨンにて修業され、帰国後は講師等をされた後、参宮橋のイタリアン 「LIFE son」 にてパティシエを務められました。 食を職業とされる方数名のTwitterなどで、高く評価されているので、気になっていました。 場所は、世田谷線の松陰神社前駅からすぐ、松陰神社通り商店街の、「カフェ・ロッタ」 の目の前! テーブルやカウンター、椅子などはナチュラルな木製... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/02 16:15
『SLOPE』 の “安納いものチーズケーキ”
東京 ・ 上井草の 『SLOPE』 (スロープ) 2012年8月オープン。 当初は定休日があったようですが、今は、毎日通えるコーヒーとおやつのお店…という事で、定休日がないのです! 沢山のスタッフを抱える大きなお店ならともかく、個人店で、スゴイですね。 身近なコーヒー店でありたいという、強い気持ちを感じます。 私は、「上井草って、どこ? 電車は何の線?」 というくらい、縁のない土地で、西武新宿線の各駅しか止まらない上井草駅ですが、駅からは徒歩1分程度。 本がたくさん置かれた、静かな空... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 15:43
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “フォンダンショコラ”
東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 落ち着いた外装、店内もシックで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/20 15:28
『SLOPE』 の “アップルパイ”
東京 ・ 上井草の 『SLOPE』 (スロープ) 2012年8月オープン。 当初は定休日があったようですが、今は、毎日通えるコーヒーとおやつのお店…という事で、定休日がないのです! 沢山のスタッフを抱える大きなお店ならともかく、個人店で、スゴイですね。 身近なコーヒー店でありたいという、強い気持ちを感じます。 私は、「上井草って、どこ? 電車は何の線?」 というくらい、縁のない土地で、西武新宿線の各駅しか止まらない上井草駅ですが、駅からは徒歩1分程度。 本がたくさん置かれた、静かな空... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/18 15:27
『近江屋洋菓子店』 の “でこぽんタルト”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 15:40
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ガトーバニーユ”
東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 落ち着いた外装、店内もシックで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/12 15:42
『SLOPE』 の “苺とホワイトチョコのカントリーケーキ”
東京 ・ 上井草の 『SLOPE』 (スロープ) 2012年8月オープン。 当初は定休日があったようですが、今は、毎日通えるコーヒーとおやつのお店…という事で、定休日がないのです! 沢山のスタッフを抱える大きなお店ならともかく、個人店で、スゴイですね。 身近なコーヒー店でありたいという、強い気持ちを感じます。 私は、「上井草って、どこ? 電車は何の線?」 というくらい、縁のない土地で、西武新宿線の各駅しか止まらない上井草駅ですが、駅からは徒歩1分程度。 本がたくさん置かれた、静かな空... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/10 15:57
『ローズベーカリー』 の “ガレット・デ・ロワ”
東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、素材等に拘わったペストリー&お惣菜のお店です。 日本1号店は、2010年12月丸の内にオープン、そして、ローズベーカリー初のティールームとして、2012年3月16日銀座店がオープンしました。 銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます^^ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/16 14:53
『ローズベーカリー』 の “クリームティセット”〜ヴィクトリアケーキ〜
東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、素材等に拘わったペストリー&お惣菜のお店です。 日本1号店は、2010年12月丸の内にオープン、そして、ローズベーカリー初のティールームとして、2012年3月16日銀座店がオープンしました。 普段は、銀座で買物ついでにオヤツ…という事が多いのですが、今回は、伊勢丹新宿で買物ついでに、お茶しました^^ 伊勢丹新宿3階の、如何にも小洒落たファッションフロアの一角に、控え目に鎮座し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 18:01
『OYATSUYA SUN WORKS』 の “ブルーベリーとカマンベールのマフィン”等
東京 ・ 国立の 『OYATSUYA SUN WORKS』 (オヤツヤ サン ワークス) 2014年9月、OYATSUYA SUNとSLOPEが共同で運営する、焼菓子の生産拠点を兼ねたお店として誕生しました。 それぞれのお店の焼菓子に加え、シングルオリジンコーヒーや、オリジナルシロップを使ったフルーツジュース等を楽しめます。 古道具店が運営するイベントギャラリースペース 「room103」 で営業されており、広々したスペースに配置されたアンティーク家具や、壁に飾ったリースにも小さく値札が貼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/18 15:57
『バビーズ』 の “ホットビスケット”
東京 ・ 八重洲の 『バビーズ』 ニューヨークで1990年、パイの専門店として誕生したバビーズ。 2009年6月に、横浜開港150周年記念のイベントとして期間限定で日本へ初上陸し、その後、赤坂アークヒルズ、東京駅八重洲地下街に店舗がオープンし、現在、横浜ランドマーク、汐留にも店舗があります。 ハンバーガー、パンケーキ、パイの他、ニューヨークでは定番のブランチメニュー 「エッグベネディクト」 も味わえるニューヨーク気分満点のカフェです。 八重洲地下街は駅からのアクセスも良く、朝早くからオー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/09 14:23
『ひなた焼菓子店』 の 丸バージョン“モモタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') 今回は、京王百貨店新宿店のTEMIYAGEフェアにて、購入出来ました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 13:39
『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “杏&くるみのタルト” など
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') 今回は、京王百貨店新宿店のTEMIYAGEフェアにて、購入出来ました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/18 14:44
『マッターホーン』 の “モカソフト”
東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがする位、開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿体... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/06 13:41
『マッターホーン』 の “ミルフィーユ”
東京 ・ 学芸大学の 『マッターホーン』 1952年創業の老舗洋菓子店。 駅の西口から、線路沿いの道を都立大学方面にテクテク歩いて行くと、角に見えて来る明るいお店です。 入口は左程広くないので、入ってみて、ショーケースにズラリと並んだケーキや、奥に続く喫茶室の広々した空気に、意外な感じがするくらい開放的です。 店員さんも、若い方からベテランさんまで沢山おり、お客さんも引っ切りなしで、活気もすごいです。 鈴木信太郎画伯のレトロなイラストが描かれた箱や包装紙も可愛らしく、捨ててしまうのが勿... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/04 15:16
『エーグル・ドゥース』 の “シトロン フレーズ”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 13:39
『エーグル・ドゥース』 の “マントン”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン…先日、10周年を迎えられたそうです、おめでとうございます^^ シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/22 13:23
『ひなた焼菓子店』 の “ブルーベリータルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/14 13:16
『ひなた焼菓子店』 の “ブルーベリー&マンゴーのロールケーキ”&“マンゴー&ハーブのロールケーキ”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 私にとっては相当遠いので、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/25 14:02
『ひなた焼菓子店』 の “アメリカンチェリータルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/24 13:04
『アノダッテ』 の “ルバーブのクラフティタルト”
東京 ・ 小平の 『アノダッテ』 実店舗もネットショップ等もない工房だそうで、手紙舎さん主宰のイベントで、初めてその存在を知りました。 ジャムやデザートを、イベント等で販売されているそうです。 レモンカードを買いたいなぁと思っていたところに、手紙舎つつじヶ丘本店で1日だけのイベントがあるとの事で、これは是非行かねば!と出掛けたのですが、他の用事を済ませてから伺ったので、レモンカードは売り切れでした…(;'∀') ひじょ〜〜に残念でしたが、別のジャムを購入し、デザートを頂きました^^ ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/17 14:08
『キャトル』 の “ミルフィーユ”
東京 ・ 柿の木坂の 『キャトル』 1982年創業。 現在の本店は目黒区の柿の木坂にありますが、最初の店舗は原宿店だそうです。 その原宿店は、原宿駅から程近い便利な場所にありながら、落ち着いてお茶を楽しめるカフェ併設のお店で、重宝していたのですが、閉店となってしまいました。残念です… が、その他、東京駅 京葉ストリート、アトレ秋葉原等にも販売店が入り、又、オンラインショップなども充実しており、個人的には利用し易くなっています^^ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/03 13:15
『ワンモア』 の “ホットケーキ”
東京 ・ 平井の 『ワンモア』 昭和46年創業。 JR平井駅北口から歩いてすぐ。 一歩店に入ると、昭和の香りの漂うレトロな 「喫茶店」 でした。 おっとりとした雰囲気のご夫婦が紡ぐ、ゆったりとした空気に、常連さんが寛いでいました。 お皿持参でサンドイッチをテイクアウトされている方もいて、地元に長く愛されているのが分かります。 その反面、サラリーマンらしき人や、おしゃべりに花を咲かせる若い女性のグループなどもいて、客層は広そうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/26 13:19
『菓子工房ルスルス』 の “タルトフリュイ”
東京 ・ 赤羽橋の 『菓子工房ルスルス』 2007年4月オープン。 菓子職人の新田あゆ子さんは、都内洋菓子店にて働かれた後、製菓学校や 「オーブンミトン」 の焼き菓子教室の講師などを経て、ご自身のお店をオープンされました。 2012年7月には浅草店 (イートインスペースもあるそうです) が、2014年4月には銀座松屋に常設店が出来ました。 パティスリーではなく、敢えて 「菓子工房」 と冠し、お菓子教室も続けてらっしゃるところから、フランス菓子に拘わらず、自ら美味しいと思えるお菓子を作りた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/21 13:14
『松之助 N.Y.』 の “ビスケット”
東京 ・代官山 の 『松之助 N.Y.』 2004年3月オープン。 料理研究家の平野顕子さんがプロデュースする、アップルパイやスイーツのお店です。 著書も多く、代官山店等でもお菓子教室を開かれている平野さんですが、四十代半ばでアメリカ北東部ニューイングランド地方に留学された際、ニューイングランドの伝統的スイーツの製法を学び、アメリカンケーキのディプロマを取得されたのだそうです…すごい! バーモント州アップルパイコンテスト優勝者であるシャロル・ジーン氏に師事し、同氏のレシピ等を使われている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/14 13:29
『菓子工房ルスルス』 の “苺のショートケーキ”
東京 ・ 赤羽橋の 『菓子工房ルスルス』 2007年4月オープン。 菓子職人の新田あゆ子さんは、都内洋菓子店にて働かれた後、製菓学校や 「オーブンミトン」 の焼き菓子教室の講師などを経て、ご自身のお店をオープンされました。 2012年7月には浅草店 (イートインスペースもあるそうです) が、2014年4月に銀座松屋に常設店が出来ました。 パティスリーではなく、敢えて 「菓子工房」 と冠し、お菓子教室も続けてらっしゃるところから、フランス菓子に拘わらず、自ら美味しいと思えるお菓子を作りたい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/07 14:15
『ひなた焼菓子店』 の “レモンタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 12:54
『ひなた焼菓子店』 の スコーン “プレーン&抹茶ホワイトチョコ”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/30 14:12
『パティスリー ヴォワザン』 の “ブールサレ”
東京 ・ 荻窪の 『パティスリー ヴォワザン』 2009年オープン。 シェフの広瀬達哉氏は、フレンチの料理人を勤められた後、「マルメゾン」 にて修業され、渡仏。 帰国後、ジャン=ポール・エヴァン、ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションに勤務された実力派です。 店名は、仏語で 「ご近所」 という意味だそうで、身近な存在であろうとする気持ちが表れているようです。 今回は、渋谷ヒカリエ の2周年記念イベントで出展された際、妹が買って来てくれました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/22 14:57
『イデミ・スギノ』 の “アンブル・ノワ”
東京 ・ 京橋の 『イデミ・スギノ』 2002年オープン。 シェフの杉野英実氏は、東京ホテルオークラのベーカリー部にて勤務後に渡仏され、名店で修業される傍ら、製菓学校にも通われたようです。 帰国後、代官山 「ピエール・ドオール」 等でシェフを務められ、クープ・ド・モンドで優勝された経験もおありです。 そして、2000年に、東洋人で初めて、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員になった方です! 1992年より2001年まで、現在の店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/15 15:32
『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “いよかん&ミントタルト” など
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/09 14:24
『ひなた焼菓子店』 の “イチゴ&抹茶小豆のロールケーキ”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 菓子職人の森和子さんは、都内のカフェにてパティシエとして働かれた後、ご自身のお店をオープンされました。 2010年12月に、現在の店舗に移転し、販売だけでなくカフェ併設の店舗に。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しく、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') 今回は妹がお店に買いに行ってくれて、正直ビックリしました★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 14:19
『エーグル・ドゥース』 の モンブラン “トルシュ・オー・マロン”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン…先月、10周年を迎えられたそうです、おめでとうございます^^ シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/24 14:04
『ひなた焼菓子店』 の 焼込タルト “ストロベリークランブルタルト” など
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 2010年12月に、現在の店舗に移転されたようです。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しいかな…と思いますが、カフェが併設されていて、イートインも出来るので、機会があったら…と思いつつ、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') 今回は妹が実店舗に買いに行ってくれて、正直ビックリしました★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/06 15:31
『ひなた焼菓子店』 の “イチゴタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 2010年12月に、現在の店舗に移転されたようです。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しいかな…と思いますが、カフェが併設されていて、イートインも出来るので、機会があったら…と思いつつ、都内のイベントなどに出展されるチャンスを狙っています(*'▽') 今回は妹が実店舗に買いに行ってくれて、正直ビックリしました★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/27 14:58
『パティスリー・アカシエ・サロン・ド・テ』 の “ショコラのクレープ・シュゼット フォレノワール風”
埼玉 ・浦和 の 『パティスリー・アカシエ』 2007年8月9日オープン。 シェフの興野(キョウノ)燈(アカシ)氏は、「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」 勤務の後、フランスで修行され、2003年のアルパジョン・コンクール・ショコラ部門で優勝されました。 お店をオープンされた時かなり話題になりましたが、都心から少し離れる上、最寄のJR浦和駅からも約1kmと、交通はなかなかに不便で、うちからは、相当思い切らないと行けません(笑) 駅からはやはり歩きますが、埼玉県警本部や県庁など目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/06 14:19
『ローズベーカリー』 の “エスプレッソ&ウォールナッツケーキ”
東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも他に、丸の内、吉祥寺、伊勢丹新宿にも店舗がありますが、銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 13:56
『バビーズ』 の “バビーズ サワークリーム パンケーキ、苺&バナナ添え”
東京 ・ 八重洲の 『バビーズ』 ニューヨークで1990年、パイの専門店として誕生したバビーズ。 2009年6月に、横浜開港150周年記念のイベントとして期間限定で日本へ初上陸し、その後、赤坂アークヒルズ、東京駅八重洲地下街に店舗がオープンし、現在、横浜ランドマーク、汐留にも店舗があります。 ハンバーガー、パンケーキ、パイの他、ニューヨークでは定番のブランチメニュー 「エッグベネディクト」 も味わえるニューヨーク気分満点のカフェです。 八重洲地下街は駅からのアクセスも良く、朝早くからオー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/22 14:22
『エーグル・ドゥース』 の “フォレノワール ア ラ ピスターシュ”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴をお持ちです。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/07 13:38
『ホットケーキパーラー Fru-Full』 の “フルーツクリームホットケーキ”
東京 ・ 赤坂の 『ホットケーキパーラー Fru-Full』 (フル フル) 2013年4月24日オープン (グランドオープンは翌5月23日) 老舗フルーツパーラー万惣で働いていた方達 (季節の果物を使ったパフェなども美味しそうですが、ホットケーキがメインのようですので、万惣では、数少ないホットケーキ専門の職人さんだった方なのでしょう) で、始められたようです。 カウンターを含めて17席の小ぢんまりしたお店ですが、ナチュラルな木をベースに、白でまとめたインテリアで、曇りの日だったにも拘わら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/09 14:18
『ひなた焼菓子店』 の “アップルタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 2010年12月に、現在の店舗に移転されたようです。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しいかな…と思いますが、カフェが併設されていて、イートインも出来るので、機会があったら…! 今回は、【東京蚤の市】 に11月9日出展された際、妹が買ってくれました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/04 15:45
『ロワゾー・ド・リヨン』 の “シャンパーニュ”
東京 ・ 湯島 の 『ロワゾー・ド・リヨン』 2005年10月オープン。 シェフの加登学氏は、ルコントで活躍された後、渡仏され、リヨンの幾つかのパティスリーで修行されました。 帰国後は、ルコントのシェフをなさったり、ル・コルドン・ブルーで教授を務めたられた後に、自店をオープンされました。 店名は、仏語で 「リヨンの島」 という意味だそうです。 修行されたリヨンという町や、美食の町リヨンの郷土菓子などに対する強い思い入れを感じます。 上野のアトレに入っているので、買い易くなりました♪ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/23 10:47
『ひなた焼菓子店』 の “洋梨&カシスタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 2010年12月に、現在の店舗に移転されたようです。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しいかな…と思いますが、カフェが併設されていて、イートインも出来るので、機会があったら…! 今回は、【もみじ市】 に10月20日出展された際、妹が買ってくれました 森和子さんご本人もいらしたのでしょうが、かなり混み合っていて、お姿は分からなかったとの事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 16:04
『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 の “カシスとオレンジ”
東京 ・ 代官山 の 『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 シェフの弓田亨氏は、フランス ・ パリのジャン・ミエで2度にわたり修行された後、1986年に代々木上原にて同パティスリーを開かれ、1995年には現在の代官山に移転されました。 プロも通うと言われるお菓子教室や、料理教室を主催される他、著書も多数。 店内には、本格的なフランス菓子の他、パンやショコラが揃っていて、何を食べようか、何をテイクアウトしようか、いつも迷ってしまいます。 店名は、長くて覚え辛いのですが、フランス語で、『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/16 15:54
『ラ・ヴィエイユ・フランス』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 千歳烏山の 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 2007年10月にオープン。 シェフの木村成克氏は、パリの名門 『ラ・ヴィエイユ・フランス』 やリヨンの 『ベルナシオン』 など、フランスで11年もの間、修行された方です。 帰国後、東京の 「シェ・シーマ」 、福岡の 「フレ」 でシェフ・パティシエとして活躍された後、私達ファン念願の東京のパティスリーをオープンされました 台場にあった支店はもうないようですが、仙川に支店が出来、そちらはソルベ ・ アイスクリームを専門にしたお店になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/11 14:14
『ひなた焼菓子店』 の “モモタルト” & “イチジクタルト”
神奈川 ・ 東林間 の 『ひなた焼菓子店』 2006年4月、町田にてオープン。 2010年12月に、現在の店舗に移転されたようです。 うちからは相当遠いため、実店舗に伺うのは難しいかな…と思いますが、カフェが併設されていて、イートインも出来るので、機会があったら…! 今回は、渋谷 東急 Food showに、8月8日〜8月22日出展された際、妹が買って来てくれました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/23 16:16
『バビーズ』 の “アップルパイ”
東京 ・ 八重洲の 『バビーズ』 ニューヨークで1990年、パイの専門店として誕生したバビーズ。 2009年6月に、横浜開港150周年記念のイベントとして期間限定で日本へ初上陸し、その後、赤坂アークヒルズ、東京駅八重洲地下街に店舗がオープンしました。 ハンバーガー、パンケーキ、パイの他、ニューヨークでは定番のブランチメニュー 「エッグベネディクト」 も味わえるニューヨーク気分満点のカフェです。 八重洲地下街は駅からのアクセスも良く、個人的には非常に行き易いです。 立地条件が良い割に、店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/17 13:37
『ローズベーカリー』 の “ハイティー”
東京 ・ 銀座の 『ローズベーカリー』 2002年パリで誕生したローズベーカリー。 シンプルでナチュラルながら、拘りのペストリー&お惣菜のお店です。 2012年3月16日、ローズベーカリー初のティールームとして、銀座店がオープンしました。 日本でも既に、丸の内、吉祥寺に店舗はありましたが、銀座店は広々と天井も高く、明るくウッディな内装に、白いペーパーマットが敷かれ、リラックスして過ごせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 13:28
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 の “プリン ア・ラ・モード”
東京 ・ 池袋の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生したドーナツ店です。 弾力を残しつつ、柔らか過ぎてフワッと消えてしまいそうな独特の食感を生み出す粉の配合は、極秘事項のようで、アメリカの幹部数人しか知らされてないとか…Σ(゚Δ゚*) 2006年12月に日本に進出し、関東地方を中心に、店舗が大分増えました。 最近は、用事のついでに、池袋店で買うのですが、殆ど並ばずに買えます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/23 14:59
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴームース”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 14:58
『万惣』の “ストロベリークリームのホットケーキ”
東京 ・ 神田の 『万惣』 1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です フルーツパーラーの誕生は、1927年。 名物のホットケーキは、本店でしか食べられず、銅板で、専門の職人さんだけが焼かれるようで、私にとっては行き易い場所にあるため、1人でフラリと食べに行ける大切な場所だったのですが…この度、閉店される事に決まってしまったようです。 このストロベリークリームのホットケーキを食べに行ったのは、実は先月なのですが(忙しくて記事にしないまま時間が経ってしまいました)、その時は全く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/12 13:25
『まちのパーラー』 の “ピーカンナッツのタルト”
東京 ・ 小竹向原の 『まちのパーラー』 2011年5月19日オープン。 地下鉄有楽町線 ・ 小竹向原駅2番出口から、5分ほど。 パン好きの間では皆さんご存知の 『パーラー江古田』 の原田さんの2店舗目のカフェ。 と言っても、単なるカフェではなく、“地域全体で子どもを育てる開かれた保育園” を目指して作られた 『まちの保育園』 の入口に、誰もが利用出来るよう作られた開かれたカフェなんです。 保育園の敷地内にあるというので、関係者以外が入り辛い雰囲気なのでは…とも思っていたのですが、実際... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/25 22:06
『近江屋洋菓子店』 の “ストロベリーババロア”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/23 13:17
『コナノコ スコーン』 の スコーン“紅茶&トマトチーズスコーン”
東京 ・ 本郷の 『conanoco scone』(コナノコ スコーン) 2009年11月16日オープン。 JR水道橋駅 ・ 地下鉄メトロ後楽園駅 ・ 都営地下鉄春日駅から徒歩圏内という便利な場所で、色んなタイプのスコーンが食べられる専門店です。 基本のタイプは、さくふわしっとりスコーン、ざくざくスコーン、ざくほろスコーン、自家製酵母のスコーン。 (自家製酵母は、平日限定で、不定期のようです) スコーンと一口に言っても、色々なタイプがありますが、私が知っているお店やホテルでは、どれか1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/16 13:55
『近江屋洋菓子店』 の “マロンロール”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/08 14:45
『こけし屋』 の “こけし屋サブレ”
東京 ・ 西荻窪の 『こけし屋』 昭和24年創業。 1階は洋菓子店、2階は喫茶室、3&4階はフランス料理のレストランになっていますが、私は1階でテイクアウトした事しかありません。 上階も気になりますが、なかなかイートインする機会がありません… 包装紙や箱に描かれた女の子の絵は、昭和の洋画壇で活躍した鈴木信太郎氏によるもの。 店内の雰囲気もラッピングも、昭和初期の名店の空気をしっかりと感じられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 13:59
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 の “ハロウィン ジャック”&“パンプキン チョコ トリート”
東京 ・ 池袋の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生したドーナツ店です。 弾力を残しつつ、柔らか過ぎてフワッと消えてしまいそうな独特の食感を生み出す粉の配合は、極秘事項のようで、アメリカの幹部数人しか知らされてないとか…Σ(゚Δ゚*) 2006年12月に日本に進出し、関東地方を中心に、店舗が大分増えました。 最近は、用事のついでに、池袋店で買うのですが、殆ど並ばずに買えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/05 12:51
『グレース』 の “チョコレートケーキ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 オープンして、約30年 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達…定番ケーキも、独特のセレクトです。 パティスリーとは違うので、種類は決して多くありませんが、どれも美味しいので、毎回、何を食べようか迷います。 ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 13:13
『近江屋洋菓子店』 の “いちじくボート”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/01 14:03
『イノダコーヒ』 の “黒糖ロール”
京都の 『イノダコーヒ』 1940年創業。 元々は輸入食品卸をなさっていたようですが、1947年にコーヒーショップを開業されました。 真っ赤な缶の 「アラビアの真珠」 で有名なコーヒー店です。 アラビアの真珠も美味しいですが、我が家では、それより酸味の抑え目の 「プレミアム」 が好みです。 東京ですと、大丸東京店に喫茶室が出来て、嬉しいですね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 13:39
『フルーツパーラー フクナガ』 の “プラムパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 12:48
『コナノコ スコーン』 の スコーン“バニラビーンズ&キャラメルバナナ&抹茶大納言&三色スコーン”
東京 ・ 本郷の 『conanoco scone』(コナノコ スコーン) 2009年11月16日オープン。 JR水道橋駅 ・ 地下鉄メトロ後楽園駅 ・ 都営地下鉄春日駅から徒歩圏内という便利な場所で、色んなタイプのスコーンが食べられる専門店です。 基本のタイプは、さくふわしっとりスコーン、ざくざくスコーン、ざくほろスコーン、自家製酵母のスコーン。 スコーンと一口に言っても、色々なタイプがありますが、私が知っているお店やホテルでは、どれか1タイプのスコーンしか置いていませんでした。 個人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/26 13:11
『グロム』 の “ジェラート“〜ピンクグレープフルーツ&バチョ&ヨーグルト〜
東京 ・ 新宿の 『GROM』(グロム) 2003年5月にトリノでオープンし、すぐに行列の絶えない程の人気となったジェラート店です。 美味しいだけでなく、無添加、無着色、無香料、保存料不使用で、素材に拘わる余り自らのオーガニックファームを持ち、乳牛の改良まで行なっているそうで、スローフード協会とトリノ州からの承認を受け、“マスター・オブ・フード2005・2006年” を受賞されています。 日本には、2009年4月24日に新宿マルイ本館がリニューアルオープンした際、初出店され、現在、渋谷、原... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 13:34
『フルーツパーラー フクナガ』 の “いちごパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/08 13:03
『デリッツエフォリエ』 の “ジェラート”〜とちおとめ&キャラメル&マロングラッセ〜
東京 ・ 渋谷の 『デリッツエフォリエ』 2007年11月1日、渋谷ゼロゲート1階にオープン。 2005年にパリの「スイーツ激戦区」レ・アール地区でオープンして以来、大人気のジェラートカフェの海外1号店です。 店名は、イタリア語で 「デリッツエ=美味しい」 と 「フォリエ=とんでもない」 …「めちゃめちゃ美味しい!」 という意味だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 18:04
『クラブハリエ』 の “焼きたてバームクーヘン”
滋賀・近江八幡市の 『クラブハリエ』 1951年創業。 1872年創業の和菓子店 『たねや』 の洋菓子部門として誕生し、バームクーヘンで全国的に有名になりました。 独特のバームクーヘンを焼き上げる技を身に付けるには、熟練した菓子職人でも3〜5年掛かるとの事。 東京では、日本橋三越と東武百貨店池袋店にカフェ併設の店舗があり、焼きたてのバームクーヘンを楽しむ事が出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/24 13:31
『45°サンキャトルヴァン』 の “くるみのタルト”
東京 ・ 紀尾井町の 『45°CENT QUATRE VINGTS』(サンキャトルヴァン) 2010年9月1日オープン。 営団地下鉄・麹町駅,永田町駅,赤坂見附駅、そしてJR四ッ谷駅からも徒歩で行ける便利な立地でありながら、紀尾井町通りに面しており、静かです。 “フロール” で有名な京都の 『ミディ・アプレミディ』 等で、お菓子作り・お菓子教室を手掛ける洋菓子作家の津田陽子さんの東京での初めてのお店です。 津田さんが、2007年に京都にタルト専門店をオープンされたと知ってから、そのタルト... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/09 15:13
『フルーツパーラー フクナガ』 の “柿パフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/14 13:42
『近江屋洋菓子店』 の “エクレア”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 13:28
『キャトル』 の “ルロ オ フレーズ”
東京 ・ 柿の木坂の 『キャトル』 1982年創業。 現在の本店は目黒区の柿の木坂にありますが、最初の店舗は原宿店だそうです。 原宿店は、原宿駅から程近い場所にありながら、やや目立たない場所にあるせいか、年配のお客さんも落ち着いてお茶を楽しめるカフェ併設のお店で、安心して立ち寄れます^^ その他、お台場のホテルメリディアンのエントランス内などにも店舗がありますが、2010年11月19日にオープンしたアトレ秋葉原にも販売店が入り、個人的には利用し易くなりました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/03 13:34
『フルーツパーラー フクナガ』 の “洋梨パフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 12:55
『近江屋洋菓子店』 の “パパイヤボート”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 12:51
『フルーツパーラー フクナガ』 の “葡萄パフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/29 12:27
『ハロッズ』 の “アップルパイ”
東京 ・ 日本橋三越内の 『ハロッズ』 お茶を商うチャールズ・ヘンリー・ハロッドが1849年に開いた食料品店から、世界的な百貨店に発展しました。 三越設立者の1人である日比翁助氏が欧米視察の際にハロッズに感銘を受け、三越デパートのモデルにしたという経緯から、三越の子会社である株式会社二幸が三越各店を中心にハロッズの商品を扱っているようです。 ティールームが併設されている店舗は、私が知る限りでは多くなく、以前よく行っていた池袋三越はなくなってしまったので、日本橋三越店は貴重です。 本館地下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 13:16
『フルーツカフェ フルータス』 の “瀬戸ジャイアンツパフェ”
東京 ・ 門前仲町の 『フルーツカフェ フルータス』 2007年オープン。 営団地下鉄の門前仲町駅の2番出口から徒歩2〜3分。 門前仲町という場所柄、参拝客などで何処となく賑やかな雰囲気の永代通りに面しています。 遠目からは分かりませんが、目の前に行くと、白い壁のこじんまりとしたお店ながら、「カフェ」 という表現が似合う洒落た雰囲気で、大きなガラスからフルーツが沢山並んだ店内が良く見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/18 12:36
『フルーツパーラー フクナガ』 の “キウイパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/07 13:00
『しろたえ』 の “大麦とコーヒーのロール”
東京 ・ 赤坂の 『しろたえ』 1978年オープン。 子供の頃、母が愛用していたお菓子作りの本に、美味しい洋菓子店として紹介されていたのが印象深く、オープン当初から、評判が高かった事が窺われます。 営団地下鉄の赤坂見附駅のA出口、ベルビー赤坂出口から徒歩2分程度。青山通りから、一ツ木通りに入ってすぐです。 看板メニューのレアチーズケーキやシュークリームを始め、シンプルで優しい味わいのお菓子が多く、赤坂見附駅からほど近い一等地に位置していながら、意外な程にリーズナブルなのも特徴です。 そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 13:04
『万惣』 の “マロンホットケーキ”
東京 ・ 神田の 『万惣』 1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です フルーツパーラーの誕生は、1927年。 本店の他、銀座松坂屋、新丸ビルにしか支店がないのも、なんとなく 「特別感」 があって、襟を正して行かなければ…という気持ちになります。 名物のホットケーキは、銅板で、専門の職人さんだけが焼かれるようです。 私は本店にしか行った事がないのですが、フルーツパーラーなのに名物のホットケーキを食べている人が、予想以上に多いです^^ また、軽食類も豊富で、レトロな洋食屋さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 12:49
『フルーツパーラー フクナガ』 の “いちじくパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 12:38
『トミィ』 の “ホットケーキ”〜生クリーム付〜
東京 ・ 錦糸町の 『トミィ』 昭和40年代にオープンされたようです。 錦糸町駅から歩いて5分ほどですが、大通りには面していないので、初めて行く時は地図が必要かもしれません。 「ホットケーキの店」 という手書きの白い看板が目印になります。 窓際にホットケーキを焼く銅板があり、外からも見えました。 サイフォンで淹れるコーヒーと、ホットケーキが看板メニューです。 年季の入った小さな喫茶店で、席はカウンターを合わせて15席前後。 音楽もなく、私が行った時は比較的空いており、店内は静かでし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/17 12:35
『フェアリーケーキフェア』 の “ダブルチョコバナナ”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 カップケーキはカップケーキでも、「フェアリーケーキ」 というのは、イギリスの家庭で、お婆ちゃんからお母さんへ、そして娘へと受け継がれて来た伝統的なものだそうです。 その伝統的なお菓子を、ろみさんが現代的に可愛らしくアレンジし、種類も豊富なので、何を食べようか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/07 12:33
『万惣』 の “フルーツパフェ”
東京 ・ 神田の 『万惣』 1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です 本店の他、銀座松坂屋、新丸ビルにしか支店がないのも、なんとなく 「特別感」 があって、襟を正して行かなければ…という気持ちになります。 私は本店にしか行った事がないのですが、フルーツパーラーなのに何故か名物のホットケーキを食べている人が、結構多いです。 また、軽食類も豊富で、レトロな洋食屋さんといった雰囲気もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/02 12:57
『ドルチア』 の “カスタードプリン”
千葉 ・ 本八幡の 『ドルチア』 スイスで修行されたシェフの木村修氏が1970年に創業されました。 支店や関連の店舗も色々おありなようです。 私は、南八幡店に行きましたが、本八幡駅から真っ直ぐ歩いて行くと、レトロな看板が目に入り、分かり易く近かったです^^ スタッフの方も親身で温かく、喫茶スペースも落ち着いていて、居心地もバッチリ! スッキリした形のモンブランと、多数の航空会社の国際線での機内サービスに利用されるチョコレートが有名です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/30 12:43
『大丸やき茶房』 の “宇治金時”
東京 ・ 神田神保町の 『大丸やき茶房』 1948年創業の小ぢんまりとした甘味処です。 店名に冠する “大丸やき” が看板商品で、特別なお菓子でもあります。 また、名前の通り、出されるお茶も美味しい茶房です。 入り口近くで大丸やきを作られていて、どうやら取り置きを頼まれたのかと思われる紙袋が幾つか並んでいました。 店内でイートインしてみたい気もしましたが、夏季限定のかき氷にひかれてしまいました^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 12:50
『フルーツパーラー フクナガ』 の “桃のパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 また、営団地下鉄ならば、四谷三丁目駅の3番出口を出て、右手に歩いて2〜3分。 新宿通りに面した角の、町の商店街にありそうな果物店の2階がフルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:23
『フルーツパーラー・ゴトー』 の “桃のパフェ” & “黄金桃のパフェ”
東京 ・ 浅草の 『フルーツパーラー・ゴトー』 創業60年余年。 元々は青果店だったところに、昭和40年代にパーラーを併設されたようで、その当時は、青果店の奥にパーラーがあったようです。 数年前に改装された際、現在のようにパーラーをメインにされたとの事です。 花やしきのすぐ近く、ひさご通り沿いにあります。 コンクリート打ちっ放しの洒落た外観の中に、木のナチュラルなテーブルと椅子で、明るく居心地が良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 17:05
『フルーツパーラー フクナガ』 の “フルーツパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 地下鉄の四谷三丁目駅が最寄のようですが、JR四ツ谷駅からだと、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 新宿通りに面した角に、町の商店街にありそうな果物店が出て来ます。 その2階が、フルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな喫茶店…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパーラーとは違い、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 13:04
『ゴールデンスプーン』 の “フローズンヨーグルト”〜シンプリーターツ&マンゴーターツ〜
東京 ・ 八重洲の 『ゴールデンスプーン』 1983年に、アメリカ ・ カリフォルニアでオープンした 「アイスクリーム好きが愛するフローズンヨーグルト」 のお店です。 創業者のジェフ・バーンズ氏が、「自然素材で栄養豊富なデザート」 を研究し、辿り着いたのが、このフローズンヨーグルト。 ソフトクリームのような味わいながら、ノンファットまたはローファットで、且つ低カロリー、更に、6種類の乳酸菌が生きていて、毎日食べて欲しいと謳われています。 日本には、2008年に初上陸し、東京のみならず関西... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/11 13:20
『フルーフ・デゥ・セゾン』 の “宮崎マンゴパフェ”
東京 ・ 秋葉原の 『フルーフ・デゥ・セゾン』 秋葉原の電気街の外れに、ひっそりと佇むフルーツパーラーです。 こちら、大田市場の青果卸が営んでいるそうです。 この辺りは、1989年まで、東京都の青果市場 「神田青果市場」 があり、オーナーの家族がそこで青果卸をしていたのですが、市場が大田区へ移転したのをきっかけに、使わなくなった店舗を利用してフルーフ・デゥ・セゾンをオープンさせたのだそうです。 店員さん同士が仲良さげで、家族経営というのも頷けます。 あれこれ過剰なサービスはありませんが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/06 12:29
『たいやき わかば』 の たい焼き
東京 ・ 四ツ谷の 『たいやき わかば』 1953年創業。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、少し横道に入ったところにあります。 お店の前まで行くと、すぐに店内から 「いらっしゃいませ」 と声を掛けて下さり、入口のところで、店内で食べる分も持ち帰りの分も注文します。 作家の安藤鶴夫氏が初めて食べた際、尻尾まで餡が入っている事に感動され、行き付けだったというのは有名な話です。 その安藤氏の 「鯛焼のしっぽにはいつもあんこありますやうに」 という言葉が、お店のお皿に書いて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/28 12:27
『フルーツパーラー フクナガ』 の “チェリーパフェ”
東京 ・ 四ツ谷の 『フルーツパーラー フクナガ』 1973年オープン。 JR四ツ谷駅から、新宿通りを上智大学と反対側に歩き、およそ10分程。 新宿通りに面した角に、町の商店街にありそうな果物店が出て来ます。 その2階が、フルーツパーラーになっており、旬の拘りのフルーツを手軽に食べられます。 昔ながらの、それも地方の駅前にありそうな…というイメージの古めかしい店内で、老舗高級フルーツパーラーや、新しくて華やかなフルーツパーラーとは違い、キッチンから作り手の熱意を直に感じられます。 パ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 12:50
『近江屋洋菓子店』 の “白桃のムース”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/24 12:42
『フルーフ・デゥ・セゾン』 の “もものパフェ”
東京 ・ 秋葉原の 『フルーフ・デゥ・セゾン』 秋葉原の電気街の外れに、ひっそりと佇むフルーツパーラーです。 こちら、大田市場の青果卸が営んでいるそうです。 この辺りは、1989年まで、東京都の青果市場 「神田青果市場」 があり、オーナーの家族がそこで青果卸をしていたのですが、市場が大田区へ移転したのをきっかけに、使わなくなった店舗を利用してフルーフ・デゥ・セゾンをオープンさせたのだそうです。 店員さん同士が仲良さげで、家族経営というのも頷けます。 あれこれ過剰なサービスはありませんが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 13:00
『ドルチア』 の “モンブラン”
千葉 ・ 本八幡の 『ドルチア』 スイスで修行されたシェフの木村修氏が1970年に創業されました。 支店や関連の店舗も色々おありなようです。 私は、南八幡店に行きましたが、本八幡駅から真っ直ぐ歩いて行くと、レトロな看板が目に入り、分かり易く近かったです^^ スタッフの方も親身で温かく、喫茶スペースも落ち着いていて、居心地もバッチリ! スッキリした形のモンブランと、多数の航空会社の国際線での機内サービスに利用されるチョコレートが有名です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 15:56
『フェアリーケーキフェア』 の “ストロベリーチーズケーキ”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 カップケーキはカップケーキでも、「フェアリーケーキ」 というのは、イギリスの家庭で、お婆ちゃんからお母さんへ、そして娘へと受け継がれて来た伝統的なものだそうです。 その伝統的なお菓子を、ろみさんが現代的に可愛らしくアレンジし、種類も豊富なので、何を食べようか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/26 12:20
『ロワゾー・ド・リヨン』 の “フレジェ”
東京 ・ 湯島 の 『ロワゾー・ド・リヨン』 2005年10月オープン。 シェフの加登学氏は、ルコントで活躍された後、渡仏され、リヨンの幾つかのパティスリーで修行されました。 帰国後は、ルコントのシェフをなさったり、ル・コルドン・ブルーで教授を務めたられた後に、自店をオープンされました。 店名は、仏語で 「リヨンの島」 という意味だそうです。 修行されたリヨンという町や、美食の町リヨンの郷土菓子などに対する強い思い入れを感じます。 オープン当初、友達と行こうとしたのですが、約束した日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 12:52
『キャフェ&ヴァン・シェ松尾』 の “アフタヌーンティー”
千葉 ・ 千葉そごう内の 『キャフェ&ヴァン・シェ松尾』 シェ松尾は1980年創業、今年30周年だそうです。 フレンチレストランから始まり、パティスリーやカフェ、サロン・ド・テ、ウェディング事業など、様々に展開されています。 キャフェ&ヴァン・シェ松尾は、手軽にカジュアルに、シェ・松尾の味を楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/26 12:52
『フェアリーケーキフェア』 の “宇治抹茶”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 カップケーキはカップケーキでも、「フェアリーケーキ」 というのは、イギリスの家庭で、お婆ちゃんからお母さんへ、そして娘へと受け継がれて来た伝統的なものだそうです。 その伝統的なお菓子を、ろみさんが現代的に可愛らしくアレンジし、種類も豊富なので、何を食べようか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/22 13:51
『フルーフ・デゥ・セゾン』 の “アイベリーのいちごパフェ”
東京 ・ 秋葉原の 『フルーフ・デゥ・セゾン』 秋葉原の電気街の外れに、ひっそりと佇むフルーツパーラー。 こちら、大田市場の青果卸が営んでいるそうです。 この辺りは、1989年まで、東京都の青果市場 「神田青果市場」 があり、オーナーの家族がそこで青果卸をしていたのですが、市場が大田区へ移転したのをきっかけに、使わなくなった店舗を利用してフルーフ・デゥ・セゾンをオープンさせたのだそうです。 店員さん同士が仲良さげで、家族経営というのも頷けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/17 12:49
『近江屋洋菓子店』 の “ストロベリーボート”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 12:49
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 の “ホワイトチョコ キャラメルハート”など
東京 ・ 池袋の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生したドーナツ店です。 弾力を残しつつ、柔らか過ぎてフワッと消えてしまいそうな独特の食感を生み出す粉の配合は、極秘事項のようで、アメリカの幹部数人しか知らされてないとか…Σ(゚Δ゚*) 2006年12月に日本に進出し、現在、関東地方のみ12店舗を展開中ですが、いよいよ名古屋に新店舗がオープンするようです。 池袋東武店には初めて行ったのですが、やはり5分位並んで、すぐに買えました! 家族4人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 22:22
『ボワシエ』 の “フレジェ”
東京 ・ 大丸東京店の 『ボワシエ』 1827年創業のパリ16区の老舗ショコラトリーの2店舗目が、2007年に大丸東京店に 1階にショップが、3階に、天井の高い、鮮やかな青色が印象的なサロン・ド・カフェが入っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/24 12:27
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 の “スノーマン レッド”&“ホリデー クランベリー リング”
東京 ・ 池袋の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生したドーナツ店です。 弾力を残しつつ、柔らか過ぎてフワッと消えてしまいそうな独特の食感を生み出す粉の配合は、極秘事項のようで、アメリカの幹部数人しか知らされてないとか…Σ(゚Δ゚*) 2006年12月に日本に進出し、現在、関東地方のみ12店舗を展開中です。 今回、家族が初めて池袋東武店で買って来てくれたのですが、行った時間が良かったのか、いつもなのか不明ながら、全く並ばずに買えたそうです!... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/15 13:12
『ラビニア』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 学芸大学の 『ラビニア』 1996年オープンされた紅茶専門店。 メゾン ロミ・ユニの斜め前くらいなので、ちょっと気になっていました… 丁度クリスマス時期なので、店内には大きなツリーが飾られ、レンガやアンティークの家具などで、まるで外国の家庭に遊びに来たような気分になりました! 紅茶は大阪の 「ムジカ」 ケーキは全て、シェ・リュイで修行されたご主人が作られるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/11 13:04
『近江屋洋菓子店』 の “サンドショート”〜黄桃サンド〜
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうです。 今でもパンも売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い 「旬の物」 を生かしたお菓子作りをされています。 幅広い年代のファンがいらして、天井の高いレトロな店内では、いつ行っても、色々な方がケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 13:09
『デリッツエフォリエ』 の “ジェラート”〜チョコチップ&ゴールデンピーチ&ブラッドオレンジ〜
東京 ・ 渋谷の 『デリッツエフォリエ』 2007年11月1日、渋谷ゼロゲート1階にオープン。 2005年にパリの「スイーツ激戦区」レ・アール地区でオープンして以来、大人気のジェラートカフェの海外1号店です。 店名は、イタリア語で 「デリッツエ=美味しい」 と 「フォリエ=とんでもない」 …「めちゃめちゃ美味しい!」 という意味だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/26 13:00
『西村フルーツパーラー』 の “2色マロンクリームのマロンパフェ”
東京 ・ 渋谷の 『西村フルーツパーラー』 1910年、文京区にて高級果実店を創業。 1935年に現在の本店の場所に高級果実店を開設し、その翌年にはフルーツパーラーをオープンされました。 以来、渋谷という変遷の激しい街で、変わらず佇んでいます。 店内は、老舗というよりは、小奇麗で真新しい印象でした。 場所柄か、「東急本店でお買い物?」というようなおば様方、「これからセンター街に繰り出す?」というような若者、家族連れなど、様々な年齢層の人がいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/20 12:45
『近江屋洋菓子店』 の “ソフトチーズケーキ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、店名の通り洋菓子が主流ですが、今でも、パンも色々売っており、午前中に行くと、お昼ご飯にするのか、パンを沢山買っている方をお見掛けします。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされているので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/18 13:18
『ヴィロン』 の “ショーソン・ナポリタン”&“パン・オ・レザン”
東京 ・ 渋谷の 『ヴィロン』 2003年6月オープン。 フランス ・ パリでパンを食べ歩いて、ヴィロン社の小麦粉 “レトロドール” を使ったバゲットに惚れ込んだオーナー西川隆博氏が、ヴィロン社と独占契約を結び、ヴィロン社の粉を使ったブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリーを開かれました。 くどい説明で恐縮ですが…それだけ、オーナーのヴィロン社の粉 “レトロドール” に対する熱意が強いという事だと思います! レトロドールの入った紙袋を加工したバッグが販売されていたり(持ち手が皮で可愛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 12:26
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “サントノーレ キャラメル”
東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』 2003年6月オープン。 シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業後、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務めた後、1999年に渡仏されました。 フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。 それだけで期待感たっぷりですが、自由が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/04 12:56
『チャプチーノ』 の “塩バターキャラメルのパンケーキ”
東京 ・ 代々木上原の 『チャプチーノ』 2006年4月オープン。 オーナーが長年通っていたイタリアン 『ラ・ビスボッチャ』 出身のシェフが作る、ワインに合うパンケーキのお店です。 名前も、如何にもイタリア〜ンな感じです。 プランタン銀座に出店したカップケーキが評判だったので、私は最初、カップケーキのお店だと思っていたんです。 後から、代々木上原に、パンケーキのお店があり、それが本店だと聞いて、気にはなっていたのですが… ちょこちょこ代々木上原に行っていながら、今までチャプチーノに寄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 12:38
『アンドナンド』 の “パティスリードーナツ”〜ラズベリー アフォガード〜
東京 ・ 神保町の 『アンドナンド』 「ミスタードーナツ」 を運営する 「株式会社ダスキン」 が、大人向けの高級ドーナツ店として渋谷に 『andonand』 1号店をオープンさせたのが、2007年4月20日。 神保町店は2007年11月1日、そして、ペディ汐留店は2008年9月1日にオープンし、現在、都内に3店舗展開中です。 店名は、andando=スペイン語で進展、and=そして、dona=ラテン語でドーナツ、nando=何度も、などの言葉を重ねた造語だそうです。 神保町店は、広々と明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/19 12:39
『エコール・クリオロ』 の “マンゴープリン”
東京 ・ 千川の 『エコール・クリオロ』 2003年パティスリーをオープン。 シェフのサントス・アントワーヌ氏は、フランスでも、M.O.F (フランス国家最高職人)のイヴ・チュリエス氏やフィリップ・スゴン氏の元でシェフを務め、シャルル・プルースト杯で優勝されるなどの輝かしい経歴を持たれている方。 日本にいらしてからは、パティスリー開店前に、製菓学校としての 『エコール・クリオロ』 で、製菓指導をされていたそうです。 なので、店名が 「エコール=仏語で学校」 なのでしょうね。 ネットショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 12:36
『はらドーナッツ』 の “アイスドーナッツ”
東京 ・ 目黒の 『はらドーナッツ』 2007年5月に1店舗目の神戸本店オープン。 神戸の 「原とうふ店」 の新鮮なオカラと豆乳を使い、「美味しく、健康で、安心して食べられる」 というコンセプトを掲げ、防腐剤や保存料は一切使用していないそうです。 又、その他の原材料もなるべく国産を使い、甘みを強く感じる三温糖を使い糖分を減らす等、お母さんが子供を思って手作りするような、「安心おやつ」 を作られています。 しかも、ドーナッツは手作りだそうで、支店を出されているとは言え、やはり他のドーナッツ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/10 12:43
『歩粉』 の “小豆のアイスクリーム”
東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/08 12:33
『グロム』 の “ジェラート“〜バニラ&コーヒー&ミルク&ミント チョコチップ〜
東京 ・ 新宿の 『GROM』(グロム) 2003年5月にトリノでオープンし、すぐに行列の絶えない程の人気となったジェラート店です。 美味しいだけでなく、無添加、無着色、無香料、保存料不使用で、素材に拘わる余り自らのオーガニックファームを持ち、乳牛の改良まで行なっているそうで、スローフード協会とトリノ州からの承認を受け、“マスター・オブ・フード2005・2006年” を受賞されています。 日本には、2009年4月24日に新宿マルイ本館がリニューアルオープンした際、初出店されました。 かな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/02 12:53
『ロートンヌ』 の “巨峰のショートケーキ”
東京 ・ 秋津の 『ロートンヌ』 シェフの神田広達氏は、「ら・利す帆ん」 で4年間修行され、渡仏。 1998年に、実家の洋菓子店であるロートンヌを継がれました。 「ロートンヌ」 とは、仏語で 「秋」 という意味…秋津という地元に愛される店を目指されている気持ちが伝わります。 神田氏は、ら・利す帆ん時代の辻口博啓氏の後輩に当たり、非常に親しいようですね。 店舗ロゴ・マークや、お菓子のデザイン・パッケージなども、どこか辻口氏の影響を受けられているように感じました。 我が家からは、かなり遠... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/27 13:01
『エコール・クリオロ』 の “ガイア”
東京 ・ 千川の 『エコール・クリオロ』 2003年パティスリーをオープン。 シェフのサントス・アントワーヌ氏は、フランスでも、M.O.F (フランス国家最高職人)のイヴ・チュリエス氏やフィリップ・スゴン氏の元でシェフを務め、シャルル・プルースト杯で優勝されるなどの輝かしい経歴を持たれている方。 日本にいらしてからは、パティスリー開店前に、製菓学校としての 『エコール・クリオロ』 で、製菓指導をされていたそうです。 なので、店名が 「エコール=仏語で学校」 なのでしょうね。 ネットショ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/19 12:35
『ハーゲンダッツ』 の アイスクリーム“クアトロ”
東京 ・ 池袋の 『ハーゲンダッツ』 1961年、アメリカ ・ ニューヨークでオープンしたハーゲンダッツ、日本でも、知らない人はいないのではないでしょうか? ハーゲンダッツという名前は、酪農国である 「コペンハーゲン」 の “ハーゲン” に、響きの良いよう “ダッツ” を付けた造語だそうです。 なんとなくアメリカっぽくない名前だと感じていましたが、敢えてヨーロッパっぽい名前を付けられていたのですね〜! ハーゲンダッツジャパンは1984年に設立され、今年25周年記念です。 コンビニやスー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/07 12:59
『アンリ・ルルー』 の ケーキ“C.B.S”
東京 ・ 新宿伊勢丹内の 『アンリ・ルルー』 アンリ・ルルーさんは、1956年にパティシエになり、お父さんのパティスリーを手伝った後、現在のショコラティエを、奥様のロレーヌさんの故郷であるフランス ・ ブルターニュ地方のキブロンにて、1977年に創業されました。 その際、費用の掛かるショコラを作る事が難しく、「費用が掛からなくて美味しいお菓子を」 と思い付いたのが、生まれ育ったブルターニュの名産品であるバターを使えるキャラメル。 世界で唯一の “キャラムリエ” であり、ショコラの腕前もフラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/31 12:43
『万惣』 の “フレッシュ!マンゴーのプリン仕立て”
東京 ・ 神田の 『万惣』 1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です 本店の他、銀座松坂屋、新丸ビルにしか支店がないのも、なんとなく 「特別感」 があって、襟を正して行かなければ…という気持ちになります。 私は本店にしか行った事がないのですが、フルーツパーラーなのに何故か名物のホットケーキを食べている人が、結構多いです。 今回も、ホットケーキに惹かれつつ、季節のメニューを食べてみました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/27 12:42
『近江屋洋菓子店』 の “マンゴーボート”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 昔ながらのレトロな店構えでありながら、菓子作りの姿勢は非常に前進的で、季節季節のメニューが楽しみです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/14 12:25
『ドーナッツプラント』 の “ソルティキャラメル”&“シナモンシュガー”&“スタードーナッツ”
東京 ・ 秋葉原の 『ドーナッツプラント』 1994年8月にNYマンハッタンで誕生したドーナッツ屋さん♪ 2004年5月に東京 ・ 白金台に1号店オープン。 当時は、ホントに行列してましたよね… 厳選した拘りの素材を使って、手作りで仕上げ、全ての商品には卵を一切使用していないという事です。 え、卵不使用?!とビックリするくらいの弾力で、一体何がどうなって、あんなにフワフワモチモチなのか、気になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/08 13:15
『ピュイサンス』 の “モンブラン”
神奈川 ・ 藤が丘の 『ピュイサンス』 2001年オープン。 井上佳哉シェフは、「メゾン・ド・プティフール」 で修行後に渡仏し、フランスでの2年間の研修の後、「オーボンヴュータン」 にて修行、独立されました。 仏語である 「puissance」 とは、「power」 の意味だそうです。 その名の通り、ガツンとパワーの篭ったお菓子が多いのでしょうか? かなり前に、一度焼菓子を取り寄せて美味しかったのですが、藤が丘…ちょっと行けません(;´▽`A`` ですが、新宿高島屋のパティシェリア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/01 12:33
『タカノフルーツパーラー』 の “さくらんぼのパフェ”
東京 ・ 新宿の 『タカノフルーツパーラー』 1885年創業。 当初は、繭仲買・中古道具が本業で、果物の取り扱いは副業だったようです。 1900年よりフルーツ専門店となり、1926年にフルーツパーラーが設立されました。 フルーツパーラーは現在、本店を含み関東に5店舗。 フルーツ・ケーキ類を購入出来るショップは百貨店にも多く、老舗ながら、関東在住の身には身近な存在です。 色とりどりのフルーツが眩しく、定番メニューも食べたいのに、季節限定物も捨て難く… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/06/25 12:39
『タカノフルーツパーラー』 の “マンゴーワッフル”
東京 ・ 新宿の 『タカノフルーツパーラー』 1885年創業。 当初は、繭仲買・中古道具が本業で、果物の取り扱いは副業だったようです。 1900年よりフルーツ専門店となり、1926年にフルーツパーラーが設立されました。 フルーツパーラーは現在、本店を含み関東に5店舗。 フルーツ・ケーキ類を購入出来るショップは百貨店にも多く、老舗ながら、関東在住の身には身近な存在です。 色とりどりのフルーツが眩しく、いつ行っても、何を食べようか迷ってしまいます(*´ο`*)=3 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/19 12:19
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』の“ダディーズコーヒー”&“チョコレートスプリンクルスター”
東京 ・ 新宿の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生したドーナツ店です。 弾力を残しつつ、柔らか過ぎてフワッと消えてしまいそうな独特の食感を生み出す粉の配合は、極秘事項のようで、アメリカの幹部数人しか知らされてないとか…Σ(゚Δ゚*) 2006年12月に日本に進出し、現在、関東地方のみ8店舗を展開中です。 店舗が増えたせいか、最近は以前ほど行列しないようになりましたよね。 それでも、せっかく並んだのだからと、ダズン買いしか出来ない強欲な私... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/15 12:16
『フェアリーケーキフェア』 の トライフル “ストロベリー・アイボリー”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 カップケーキはカップケーキでも、「フェアリーケーキ」 というのは、イギリスの家庭で、お婆ちゃんからお母さんへ、そして娘へと受け継がれて来た伝統的なものだそうです。 そのせいか、こちらのお店の飲み物では、ミルクティーが一番美味しいかも…(個人的な感想です★) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/11 12:22
『ピエール・エルメ』 の “モンブラン”
千葉 ・ 舞浜 「イクスピアリ」 の 『ピエール・エルメ サロン・ド・テ』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/13 12:48
『WAKO CAFE』 の アフタヌーンティー “スリープレート メニュー”
東京 ・ 銀座の 『WAKO CAFE』(和光カフェ) 2008年オープン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/04/22 12:27
『ピエール・エルメ』 の “フレジェ”
千葉 ・ 舞浜 「イクスピアリ」 の 『ピエール・エルメ サロン・ド・テ』 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/01 12:23
『フェアリーケーキフェア』 の ソフトクリーム “塩キャラメルソース” & “ミルクティソース”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 そう、専門店…だったと言うべきか…3月に、新しくソフトクリームがメニューに加わりました! 期間限定ではないと思いますが、店頭のメニューの一覧には載っておらず、ショーケースの上の小さな黒板に 「soft cake」 と書いてありました。 ソフトクリームと言え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/30 12:58
『フェアリーケーキフェア』 の 季節限定カップケーキ “さくら”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも手軽に食べられます 春... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/27 13:03
『ヴィロン』 の “クイニーアマン” & “ショソン・オ・ポム”
東京 ・ 渋谷の 『ヴィロン』 2003年6月オープン。 フランス ・ パリでパンを食べ歩いて、ヴィロン社の小麦粉 “レトロドール” を使ったバゲットに惚れ込んだオーナー西川隆博氏が、ヴィロン社と独占契約を結び、ヴィロン社の粉を使ったブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリーを開かれました。 くどい説明で恐縮ですが…それだけ、オーナーのヴィロン社の粉 “レトロドール” に対する熱意が強いという事だと思います! レトロドールの入った紙袋を加工したバッグが販売されていたり(持ち手が皮で可愛... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/24 12:33
『マンヂウカフェ 麦マル2』 の 小麦まんじゅう “白地につぶ餡” & “ジンジャーまん”
東京 ・ 神楽坂の 『マンヂウカフェ 麦マル2』 2004年10月オープン。 以前、根岸で評判の 「麦マル」 というお饅頭屋さんがあったそうで(そのお店はもう閉店されています)、そちらのオーナーさんが、新たにお饅頭オンリーのカフェをオープンされたのだそうです。 以前のお店は存じませんでしたが、こちらのカフェ、かなり前から気になっていました。 オーナーさんのご実家もお饅頭屋さんだったようで、手作り&出来立てのお饅頭は、かなりの種類がありました。 しかも…お饅頭というイメージから、飲み物は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/14 23:19
『近江屋洋菓子店』 の プリン “フルーツシャンテリー”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目が、アメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でもパンも売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い 「旬の物」 を生かしたお菓子作りをされています。 幅広い年代のファンがいらして、天井の高いレトロな店内では、いつ行っても、色々な方がケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/13 13:09
『モトヤ. パンケーキ リストランテ』 の パンケーキ“バレンタインショコラ”&“チーズクリーム”
神奈川 ・横浜元町の 『モトヤ. パンケーキ リストランテ』 2005年オープンのパンケーキの専門店です。 近辺に、系列のケーキを扱ったカフェやロールケーキ専門店もあるようです。 こちらのお店でも、美味しそうなロールケーキが置いてありました ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/12 13:36
『ティーハウス TAKANO』 の “スコーン”
東京 ・ 神田神保町の 『ティーハウス TAKANO』 1974年オープン。 東京で初めての紅茶専門店として、紅茶好きなら、一度は名前を聞いた事があるのではないでしょうか? ビルの間の道をテクテク歩いて、小さな看板が目印になっていましたが、店舗は地下。 昔ながらの紅茶専門店というイメージから、小さなお店を想像していたので、階段を下りてみると、大きなガラス張り、明るく広い店内に、ちょっと驚きました。 紅茶というと、女性客の方が多いイメージでもありますが、神田神保町という場所柄か、年配の男... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/02/10 12:52
『フェアリーケーキフェア』 の バレンタイン限定カップケーキ “塩キャラメル・ショコラ”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも手軽に食べられます ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/06 13:25
『エーグル・ドゥース』 の “シャンティ キャラメル”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴を持つ方です。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/02/05 12:56
『歩粉』 の “黒糖とくるみのアイスクリーム”
東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/02/04 12:16
『エニスモアガーデン』 の “抹茶パウンドケーキ” & “レモンパウンドケーキ”
東京 ・ 代官山の 『エニスモアガーデン』 2006年11月オープン。 西郷山公園のすぐ近くに、カフェ併設の本店があります。 ヘアーメイクアップアーティストの新井克英氏が、現場に差し入れする為に作られていたパウンドケーキが元だそうです。 こんな美味しいパウンドケーキを、手作りして差し入れられたら、どんなに嬉しいだろう!というくらい、独特で美味しいです 正直、パウンドケーキという物に対する概念を覆されました。 日本橋三越と丸ビルにも、販売のみのショップが入っています ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/30 12:39
『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 の “ブラックダンディ”
東京 ・ 谷中の 『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 2008年2月3日、待望のオープンをされ、間もなく1周年を迎えられます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/16 13:11
『フェアリーケーキフェア』 の カップケーキ “チョコラムレーズン”&“いちごミルク”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも食べられそうです 現に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/15 12:36
『近江屋洋菓子店』 の “レヤーチーズ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも色々売っていますが、やはり洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/06 12:23
『フェアリーケーキフェア』 の カップケーキ “いちご”&“プレミアムバニラ”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも食べられそうです 現に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/05 12:35
『アンドナンド』 の “グラニットシュー”&“プレミアムドーナツ〜リッチチョコレート”
東京 ・ 神保町の 『アンドナンド』 「ミスタードーナツ」 を運営する 「株式会社ダスキン」 が、大人向けの高級ドーナツ店として渋谷に 『andonand』 1号店をオープンさせたのが、2007年4月20日。 神保町店は2007年11月1日、そして、ペディ汐留店は2008年9月1日にオープンし、現在、都内に3店舗展開中です。 店名は、andando=スペイン語で進展、and=そして、dona=ラテン語でドーナツ、nando=何度も、などの言葉を重ねた造語だそうです。 席数が多いせいか、神... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/17 12:58
『イノダコーヒ』 の “アップルパイ”
京都の 『イノダコーヒ』 1940年創業。 元々は輸入食品卸をなさっていたようですが、1947年にコーヒーショップを開業されました。 真っ赤な缶の 「アラビアの真珠」 で有名なコーヒー店です。 アラビアの真珠も美味しいですが、我が家では、それより酸味の抑え目の 「プレミアム」 を飲んでいます。 東京ですと、大丸東京店に喫茶室が出来て、嬉しいですね ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/17 12:50
『フェアリーケーキフェア』 の カップケーキ “ミルクティ”&“栗のショートケーキ”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープンし、先日、1周年を迎えられました。 おめでとうございます 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 12:46
『アンドナンド』 の “パティスリードーナツ” & “プレミアムドーナツ〜黒豆黒糖”
東京 ・ 神保町の 『アンドナンド』 「ミスタードーナツ」 を運営する 「株式会社ダスキン」 が、大人向けの高級ドーナツ店として渋谷に 『andonand』 1号店をオープンさせたのが、2007年4月20日。 渋谷にはあまり行かないので、すっかり乗り遅れていましたが、神保町を歩いていたら、偶然に巡り会えました♪ 神保町店は2007年11月1日、そして、ペディ汐留店は2008年9月1日にオープンし、現在、都内に3店舗展開中です。 店名は、andando=スペイン語で進展、and=そして、d... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/12 12:23
『ピエール・マルコリーニ』 の “マルコリーニ・キャラメル・パフェ”
東京 ・ 銀座の 『ピエール・マルコリーニ』 フォションやヴィタメールで修行した後、1994年に独立し、1995年にクープ・ド・モンドで優勝したピエール・マルコリーニ。 マルコリーニの持つ4つのディプロマ @ショコラティエ Aパティシエ Bグラシエ Cコンフィズリー の全てが生かされたカフェ・メニューは、どれもこれも美味しいです! 銀座店は、チョコレート・カフェとアイスクリーム・カフェが並んでいて、どちらに入ろうか、かなり迷うところです。 私は毎回迷った末、行列の短い方に行ってみたり…(... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/07 12:30
『エミリーフローゲ』 の “ブリュレ”
東京 ・ 立川の 『エミリーフローゲ』 1980年オープン。 店名は、19世紀ウイーンの画家 ・ グスタフ クリムトが生涯愛した恋人の名前だそうです。 日本洋菓子界の重鎮 ・ 藤生善治氏が、オープン時より、現在の自店である 『パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ』 をオープンされる迄シェフを務め、人気を確立されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/30 12:33
『エニスモアガーデン』 の 期間限定パウンドケーキ “かぼちゃ”&“Wa-栗”
東京 ・ 代官山の 『エニスモアガーデン』 2006年11月オープン。 西郷山公園のすぐ近くに、カフェ併設の本店があります。 ヘアーメイクアップアーティストの新井克英氏が、現場に差し入れする為に作られていたパウンドケーキが元だそうです。 こんな美味しいパウンドケーキを、手作りして差し入れられたら、どんなに嬉しいだろう!というくらい、独特で美味しいです 正直、パウンドケーキという物に対する概念を覆されました。 日本橋三越と丸ビルにも、販売のみのショップが入っています ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/10/10 12:36
『SHOTO CAFE』 の “ショートーケーキ”〜もりもり生クリーム&大納言あずき〜
東京 ・ 渋谷の 『SHOTO CAFE』 2007年オープン。 東急百貨店本店のすぐ裏側にあり、便利な場所にありながら、一本奥の道に入るだけで、渋谷の喧騒から離れられ、ホッと寛いだ気分になります。 反面、店内はアメリカン・カントリー(乙女寄り)で、ラフな壁の落書きや、思い思いに食事やお茶を楽しむ人で、賑やかです ワンちゃん連れも、いらっしゃいます オーナーも店員さんも、皆さん気さくで親切なので、居心地が良いのも嬉しいです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/06 12:40
『Ruheplatz Zopf』(ツォップ) の “パウンドケーキ”
千葉 ・ 松戸の 『Ruheplatz Zopf 』(くつろぎの場所 ツォップ) 40年ほど前にオープンし、2代目によって2000年11月にリニューアルオープンされたパン屋さん 『Backstube Zopf』 (パン焼き小屋 ツォップ) の2階にあるカフェです。 ツォップは、パン好き&ベーグル好きには、全国的に有名で、パンは夜中の2時頃から作り始め、オープンの朝7時には相当な種類のパンが並んでいるという驚異的なお店! 遠方から通うファンも沢山いらっしゃるようです。 カフェは、80〜10... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/25 12:45
『花畑牧場』 の “生キャラメルソフト”〜バニラミックス〜
北海道 ・ 十勝の 『花畑牧場』 1992年設立、タレントの田中義剛さんが牧場長をなさっている牧場で、北海道という土地を愛する、地道で丁寧な仕事振りで有名です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/07 16:50
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “マルコリーニ・チョコレート・パフェ”
東京 ・ 銀座の 『ピエール ・ マルコリーニ』 フォションやヴィタメールで修行した後、1994年に独立し、1995年にクープ・ド・モンドで優勝したピエール・マルコリーニ。 マルコリーニの持つ4つのディプロマ @ショコラティエ Aパティシエ Bグラシエ Cコンフィズリー の全てが生かされたカフェ・メニューは、どれもこれも美味しいです! 銀座店は、チョコレート・カフェとアイスクリーム・カフェが並んでいて、どちらに入ろうか、かなり迷うところです。 (私は毎回迷います…笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/05 12:56
『大丸やき茶房』 の “大丸やき”
東京 ・ 神田神保町の 『大丸やき茶房』 1948年創業の小ぢんまりとした甘味処です。 美味しいお茶も飲める茶房でもあり、甘味処でもありますが、店名に冠する “大丸やき” が看板商品で、特別なお菓子でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/03 12:45
『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 の “オペラロール”
東京 ・ 谷中の 『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 2008年2月3日、待望のオープン ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/01 12:50
『デリッツエフォリエ』 の “ジェラート”〜バニラ&キウイ&ピンクグレープフルーツ〜
東京 ・ 渋谷の 『デリッツエフォリエ』 2007年11月1日、渋谷ゼロゲート1階にオープン。 2005年にパリの「スイーツ激戦区」レ・アール地区でオープンして以来、大人気のジェラートカフェの海外1号店です。 店名は、イタリア語で 「デリッツエ=美味しい」 と 「フォリエ=とんでもない」 …「めちゃめちゃ美味しい!」 という意味だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/29 12:50
『ハリッツ』 の ドーナツ “シナモンカレンズ”
東京 ・ 代々木上原の 『ハリッツ』 2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まった『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 中に入った途端、コーヒーの芳ばしい香りが鼻腔をくすぐります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/27 12:50
『ハリッツ』 の 夏季限定・数量限定 “自家製コーヒーゼリー”黒糖アイスのせ
東京 ・ 代々木上原の 『ハリッツ』 2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まった『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 中に入った途端、コーヒーの芳ばしい香りが鼻腔をくすぐります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/20 12:49
『エミリーフローゲ』 の “ミルフィーユ”
東京 ・ 立川の 『エミリーフローゲ』 1980年オープン。 店名は、19世紀ウイーンの画家 ・ グスタフ クリムトが生涯愛した恋人の名前だそうです。 日本洋菓子界の重鎮 ・ 藤生善治氏が、オープン時より、現在の自店である 『パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ』 をオープンされる迄シェフを務め、人気を確立されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/15 12:34
『グレース』 の “フルーツゼリー”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 今年で、オープンして25年だそうです 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達… ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/11 12:37
『デリッツエフォリエ』 の “ジェラート”〜ティラミス&エスプレッソ&マカロン〜
東京 ・ 渋谷の 『デリッツエフォリエ』 2007年11月1日、渋谷ゼロゲート1階にオープン。 2005年にパリの「スイーツ激戦区」レ・アール地区でオープンして以来、大人気のジェラートカフェの海外1号店です。 店名は、イタリア語で 「デリッツエ=美味しい」 と 「フォリエ=とんでもない」 …「めちゃめちゃ美味しい!」 という意味だそうです。 オーナーのペレグリノ・ガエタ氏は、ジェラート発祥の地であるイタリア・シチリアで200年続くジェラート職人家系に生まれ、7歳からジェラート作りを始め、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/08 12:55
『エーグル・ドゥース』 の “シブースト オー エキゾチック”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴を持つ方です。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/05 12:49
『フェアリーケーキ フェア』 の 期間限定カップケーキ “マンゴー” & “カフェノア”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも食べられそうです (注:... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/01 23:33
『ちもと』 の “草だんご”
東京 ・ 都立大学の 『ちもと』 元々は、戦前に日暮里で開かれた和菓子屋さんですが、軽井沢へ移り、その後、暖簾分けされた店舗が、都立大学、箱根湯本、千葉県市川市などで、各々独立して和菓子屋を営んでいます。 そう言えば、箱根湯本に行った時、ガイドブックに載っていた 「ちもと」 に寄りました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/28 12:47
『エーグル・ドゥース』 の “シャンティ フレーズ”
東京 ・ 目白の 『エーグル・ドゥース』 2004年2月オープン。 シェフの寺井則彦氏は、「ルノートル」 で5年間修行された後、渡仏され、アンジェ 「トリアノン」、ベルギー・ゲント 「ダム」、アルザス 「ジャック」、パリ 「ジャン・ミエ」、「ル・コルドンブルー」 を経て帰国、そして、「ル・コルドンブルー」東京校で講師を務めた後、1996年 「マダム・ミクニ」 のシェフ・パティシエになられた堂々たる経歴を持つ方です。 また、2005年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/24 12:46
『グレース』 の “かぼちゃのタルト”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 今年で、オープンして25年だそうです 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達… パティスリーとは違うので、種類は決して多くありませんが、毎回、何を食べようか迷います。 ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/16 12:29
『志むら』 の “九十九餅”
東京 ・ 目白の 『志むら』 1941年創業。 JR目白駅から程近く、交通の便が良く、落ち着いた雰囲気ながら、「老舗」というよりは、家族経営的な安心感があります。 2・3階が甘味処になっており、住宅街や学習院大学に近いという場所柄か、若い方から年配の方まで、様々な年代の方がいらっしゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/14 12:36
『ヴィロン』 の “エクレールカフェ”
東京 ・ 渋谷の 『ヴィロン』 2003年6月オープン。 フランス ・ パリでパンを食べ歩いて、ヴィロン社の小麦粉 “レトロドール” を使ったバゲットに惚れ込んだオーナー西川隆博氏が、ヴィロン社と独占契約を結び、ヴィロン社の粉を使ったブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリーを開かれました。 なんか、くどい説明になってしまいましたが…それだけ、オーナーのヴィロン社の粉 “レトロドール” に対する熱意が強いという事だと思います! 徹底した思いから創られたお店は、1階の販売スペースも、2階... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/11 12:15
『ちもと』 の “八雲もち & 広沢”
東京 ・ 都立大学の 『ちもと』 元々は、戦前に日暮里で開かれた和菓子屋さんですが、軽井沢へ移り、その後、暖簾分けされた店舗が、都立大学、箱根湯本、千葉県市川市などで、各々独立して和菓子屋を営んでいます。 そう言えば、箱根湯本に行った時、ガイドブックに載っていた 「ちもと」 に寄りました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/10 12:40
『パティスリー スリール』 の “ミルフィーユ スリーズ”
東京 ・ 五本木の 『パティスリー スリール』 2005年5月5日オープン (なんか、5ばっかりでスッキリする良い日ですね!) オーナーシェフの岡村尚之氏は、ルノートルで製菓の基礎を学び、何度か渡仏され、パリ 『ジャン=ポール・エヴァン』、『オテル・ド・クリヨン』、ブロワ 『エリック・サゲス』 等で修行され、帰国後、銀座 『資生堂パーラー』、『ロオジエ』 のシェフ・パティシエを務められた方です。 岡村氏がロオジエのシェフをされていた頃、そちらで食事をした事があるのですが、正直なところ、料理... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/05 22:06
『カフェ・ロッタ』 の “苺のチーズケーキ&胡麻のチーズケーキ&キャラメルバナーヌ”
東京 ・ 松陰神社前の 『カフェ・ロッタ』 「松陰神社前」 って…聞いた事のない方も多いのではないでしょうか?私は 「その駅、どこ?」 という感じでした(笑) 前々から行ってみたかったのですが、遠くて機会がなくて! ですが、先日、カフェ事情に詳しい友達が連れて行ってくれましたありがとう〜 京王線・下高井戸駅から、東急田園都市線・三軒茶屋駅を繋ぐ、2両編成の可愛らしい小さな電車 「世田谷線」 の途中にある駅です。 松陰神社前駅を出ると、真っ直ぐ、のんびりした雰囲気の商店街が続いていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/26 12:33
『グレース』 の “グレープフルーツのパイ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達… ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです 今年で、オープンして25年だそうです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/11 12:39
『カタネカフェ』 の “プリン”
東京 ・ 代々木上原の 『カタネカフェ』 カタネベーカリー (2002年11月オープン) の地下に、2007年9月オープン。 完全な地下ではなく、窓もあるので、柔らかい光が差し込んで来て、却って落ち着く雰囲気です。 鳥のモチーフの飾りがチラホラと置いてあって、可愛らしいです 朝早くから開店している為、カフェにしては閉店時間が早いようですが、日中行動型の私には、ありがたいお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/01 15:36
『マルメゾン』 の シュークリーム “シュー・エスカルゴ”
東京 ・ 成城学園前の 『マルメゾン』 1977年オープン。 シェフの大川栄蔵氏は、ルコント勤務後、渡仏し、パリの 「モデュイ」、「シャトン」、「ホテル・プラザ・アテネ」 にて修行され、スイスの製菓学校で学ばれた後、帰国して 「マルメゾン」 をオープンされました。 以来、日本洋菓子界をリードして来た「パティスリー」の先駆けです。 成城の住宅街の一角に、ぽつりと建っていながら、その存在感たるもの、スイーツ好きに名を知らぬ者はいない程です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/22 12:29
『京はやしや』 の “特製 林屋あんみつ”
東京 ・ 表参道の 『京はやしや』 1753年創業の老舗茶舗が、昭和42年に京都三条でオープンした、日本初のお茶カフェです 東京ミッドタウンに店舗が出来てから、青山店の行列が減ったような気がします。 逆に、ミッドタウン店は混んでいて、まだ入った事がないのですが…ミッドタウン限定のメニューも気になります★ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/16 12:29
『Ruheplatz Zopf』(ツォップ) の “パンペルデュ”
千葉 ・ 松戸の 『Ruheplatz Zopf 』(くつろぎの場所 ツォップ) 40年ほど前にオープンし、2代目によって2000年11月にリニューアルオープンされたパン屋さん 『Backstube Zopf』 (パン焼き小屋 ツォップ) の2階にあるカフェです。 ツォップは、パン好き&ベーグル好きには、全国的に有名で、パンは夜中の2時頃から作り始め、オープンの朝7時には相当な種類のパンが並んでいるという驚異的なお店!遠方から通うファンもいらっしゃるようです。 実際、8時前に行ってみると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/15 12:42
『カタネカフェ』 の “苺タルト”
東京 ・ 代々木上原の 『カタネカフェ』 カタネベーカリー (2002年11月オープン) の地下に、2007年9月オープン。 完全な地下ではなく、窓もあるので、柔らかい光が差し込んで来て、却って落ち着く雰囲気です。 鳥のモチーフの飾りがチラホラと置いてあって、可愛らしいです 朝早くから開いていて、以前は朝食を食べに行って、タルティーノがすごく美味しかったのですが、今回はオヤツの時間に行ってみました ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/11 22:51
『ハリッツ』 の ドーナツ “チョコラズベリー”
東京 ・ 代々木上原の 『ハリッツ』 2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まった『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 中に入った途端、コーヒーの芳ばしい香りが鼻腔をくすぐります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/10 18:57
『グレース』 の “カスタードケーキ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある、味わい深いケーキ達… ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/05 17:40
『日本茶cafe suruga』 の “2色かんあんみつ”
東京 ・ 代官山の 『日本茶cafe suruga』 1999年創業。 セルフサービスで、カジュアルな雰囲気ながら、1杯の日本茶の味をも大切に伝えたいという、温かい和カフェです。 店員さんも親切・丁寧で、リーズナブル、おまけに美味しくて、場所も良い(アドレスの斜め前です)…これから通ってしまいそうです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/02 12:56
『SHOTO CAFE』 の “ショートーケーキ”〜もりもり生クリーム&キャラメルソース添え
東京 ・ 渋谷の 『SHOTO CAFE』 2007年オープン。 東急百貨店本店のすぐ裏側にあり、便利な場所にありながら、一本奥の道に入るだけで、渋谷の喧騒から離れられ、ホッと寛いだ気分になります。 反面、店内はアメリカン・カントリー(乙女寄り)で、ラフな壁の落書きや、思い思いに食事やお茶を楽しむ人で、賑やかです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/30 12:24
『ZIP ZAP』 の “Q-pot. Golden Burger パフェ”
東京 ・ 原宿の 『ZIP ZAP』 結婚式の二次会なども行われている、白いパラソルが印象的な、お洒落なカフェです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/29 00:13
『グラン・クリュ』 の “シュークリーム”
東京 ・ 多摩センターの 『グラン・クリュ』 1996年オープン。 シェフの石塚伸吾氏は、以前、京橋のフレンチ 『ペリニィヨン』 でデザート部門のシェフをされていたそうです。あそこはデザートも美味しいんですよね〜! 木とレンガで出来た可愛らしいお店、そしてお店のマークもマロニエの葉で、なんともナチュラルです 天気が良い時だけ、外のテラスでイートイン出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/26 22:47
『茶遊処 銀座 佐人』 の “わらび餅”
東京 ・ 銀座の 『茶遊処 銀座 佐人』 2002年オープン。 店名の通り、お茶に拘りがある甘味処です。 ちょっとした日本料理屋さんを想像させる引き戸の向こうは、白っぽく厚い板のカウンターとテーブル、そして季節の花に、柔らかい光と空気で…地下だという事を忘れてしまいます。 人懐こいご主人が選んだお茶と、奥様が手作りされた甘味で、ゆったりとした時間を楽しめます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/24 12:26
『オパトカ』 の “お散歩チーズケーキ”
東京 ・ 中目黒の 『オパトカ』 オパトカ=Opatocaとは、「おいしいパンとケーキのお店」 の略 目黒川沿いの上目黒さくらショッピングセンターの奥の方に、ひっそりとお店があり、一見分かり辛いのですが、そこには、ひっきりなしにお客さんが。 お店の前に、テーブルと椅子があり、飲み物と共に気軽にイートインも出来ます。 ですが、建物の老朽化に伴い、今年の夏頃、建物の取り壊しと同時に、ショッピングセンター自体がなくなってしまうそうです。 原宿の店舗があるので、オパトカが完全になくなってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/22 12:51
『フォション』 の “エクレール カラメル”
東京 ・ 新宿高島屋内の 『フォション』 1886年創業。 青果店よりスタートし、今では、料理、お菓子、紅茶などなど、世界中で愛されている、パリの高級食材店です 新宿高島屋1階のカフェでは、軽食、ケーキなどが食べられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/04/21 12:23
『マルメゾン』 の チーズケーキ “ブルーチーズ”
東京 ・ 成城学園前の 『マルメゾン』 1977年オープンし、日本洋菓子界をリードして来た「パティスリー」の先駆けです。 成城の住宅街の一角に、ぽつりと建っていながら、その存在感たるもの、スイーツ好きに名を知らぬ者はいない程です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/20 17:38
『糖朝』 の “マンゴプリン”
東京 ・ 日本橋高島屋内にある 『糖朝』 医食同源をモットーとする香港の名店です。 なんだかんだ行列しておりますので、お料理を食べたのは1回だけ。 その時は、せっかくなので、テイクアウトの出来ない豆腐花を食べましたが、やっぱりマンゴープリンが最高だと思います ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/18 12:39
『フェアリーケーキ フェア』 の カップケーキ “塩キャラメル”
東京駅内のグランスタにある 『フェアリーケーキ フェア』 鎌倉の 「ロミ・ユニコンフィチュール」 でも有名な菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースするカップケーキの専門店です。 2007年10月、グランスタの誕生と共にオープン。 ろみさんが旅行先のロンドンの家庭で出会った、イギリスの伝統的なカップケーキ“フェアリーケーキ” を、ろみさん流にアレンジされています。 直系5cmほどの小さくて可愛らしいカップケーキなので、小腹が空いた時でも、空腹の時でも、いつでも食べられそうです (注:... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/16 12:59
『人間関係』 の “エスプレッソ・スコーン”
東京 ・ 渋谷の 『人間関係』 面白い名前ですが、1979年から続く人気カフェです♪ イタリアン・バールのような雰囲気の、手頃で行き易いカフェ そちらで定番なのが、約10種の手作りスコーン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/04/12 01:23
『ピエール・エルメ』 の “タルト・シトロン”
千葉 ・ 舞浜 「イクスピアリ」 の 『ピエール・エルメ サロン・ド・テ』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/10 12:55
『ジャン=ポール・エヴァン』 の ショコラショ “パリジャン”
東京 ・ 新宿伊勢丹の 『ジャン=ポール・エヴァン』 1988年、パリにて自店をオープン。 エヴァン氏は、「オテル・ニッコー」 にてジョエル・ロブション氏の下で働き、1986年ペルティエ日本オープンの際にはシェフを勤めました。 フランスでも数少ないチョコレートのM.O.F (フランス国家最高職人)、そして、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員であるエヴァン氏は、名実共に世界のショコラ界を背負って立っているショコラティエ。 創業20... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/08 12:17
『Backstube Zopf 』(ツォップ)の “苺のデニッシュ”
千葉 ・ 松戸の 『Backstube Zopf 』 (パン焼き小屋 ツォップ) 40年ほど前にオープンしたパン屋さんですが、2代目になり、2000年11月にリニューアルオープンされています。 パン好き、特にベーグル好きには、全国的に有名なお店のようです。 夜中の2時頃から作り始め、オープンの朝7時には相当な種類のパンが並んでいるという驚異的なお店! 妹がこちらの大ファンなので、何度かパン&ベーグルを取り寄せてくれたのですが、先日、日本橋高島屋の催事に出店された際、行列にめげず、取り寄せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/06 23:20
『be』(ビー) の “ガトーバスク”
東京 ・ 新宿伊勢丹の 『be』(ビー) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/04 12:14
『ボワシエ』 の “マカロン・フレーズ”
東京 ・ 大丸東京店の 『ボワシエ』 1827年創業のパリ16区の老舗ショコラトリーの2店舗目が、2007年に大丸東京店に 1階にショップが、3階に、天井の高い、鮮やかな青色が印象的なサロン・ド・カフェが入っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/25 12:29
『近江屋洋菓子店』 の “ショートケーキ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうです。 今でもパンも売っていますが、洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い 「旬の物」 を生かしたお菓子作りをされています。 幅広い年代のファンがいらして、天井の高いレトロな店内では、いつ行っても、色々な方がケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/03/20 22:28
『万惣』 の “フルーツ・ホットケーキ”
東京 ・ 神田の 『万惣』 1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です 意外にも、パフェは歴史が浅く… 反面、ホットケーキは、70年の歴史を誇る万惣の名物です。 ホットケーキを焼くのは、専門の2人の職人さんだけとか、昔、何かで読んだ事があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/18 12:49
『フィオレンティーナ』 の “苺のティラミス”
六本木ヒルズに隣接した 「グランドハイアット東京」 のイタリアン・カフェ 『フィオレンティーナ』 ホテルのラウンジにしては、カジュアルな感じです。イタリアンだからでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/17 12:39
『ハリッツ』 の ドーナツ 〜 コーヒー、かぼちゃ 〜
東京 ・ 代々木上原の 『ハリッツ』 2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まった『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 中に入った途端、コーヒーの芳ばしい香りが鼻腔をくすぐります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/03/12 12:44
『近江屋洋菓子店』 の “オレンジタルト”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも売っていますが、やはり洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/07 23:32
『メゾンカイザー』 の “タルトモンジュ”
東京 ・ 池袋サンシャインの 『メゾンカイザー』 「フィガロ紙でbPに選ばれたクロワッサン!」 というのがメゾンカイザーのイメージでしょうか。 田園調布にしか店舗がなかった時、パンを食べる為に、わざわざ行きました(笑)今はデパ地下も含め、店舗も沢山ありますね。 池袋サンシャインの店舗には、カフェが併設されていて、天然酵母を使った様々なパン数種類に、スープやサラダ等をセットにして食べられるランチもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/02/19 00:05
『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 の チョコレート
東京 ・ 谷中の 『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 2008年2月3日オープンしたばかりです。 日本洋菓子界の重鎮のお1人で、私の敬愛する稲村省三氏お得意のチョコレートの専門店 上野桜木のパティスリーから徒歩約10分、ご自分の目の届く場所で、納得の行くお菓子を提供しようという稲村さんの心意気には脱帽です。 あれだけの人気店ですから、デパートから出店の話などもあるでしょうに、ごく稀に焼菓子のみを販売する以外、認めていらっしゃらないようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/02/18 23:10
『ザ・ペニンシュラ東京』 の “アフタヌーンティ”
東京・日比谷の 『ザ・ペニンシュラ東京』 2007年9月にオープンし、何かと話題になっています。日比谷公園のすぐ傍、行き易い場所です。 元々、香港のペニンシュラ・ホテルと言えば、私にとってはチョコレートとアフタヌーンティ 1部屋1部屋はとても広いという事ですが、敷地は狭く、日比谷公園側の回転扉をくぐると、すぐに 『ザ・ロビー』 です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2008/02/16 23:56
『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 の “チョコレートケーキ”
東京 ・ 谷中の 『ショコラティエ イナムラ ショウゾウ』 2008年2月3日、遂にオープンしました 稲村さん、おめでとうございますっ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/02/09 22:46
『近江屋洋菓子店』 の “リングシュー”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です。 二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうで、今でも、パンも売っていますが、やはり洋菓子が主流です。 毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い旬の物を生かしたお菓子作りをされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/01/31 23:55
『マルメゾン』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 成城学園前の 『マルメゾン』 1977年オープンし、日本洋菓子界をリードして来た「パティスリー」の先駆けです。 成城の住宅街の一角に、ぽつりと建っていながら、その存在感たるもの、スイーツ好きに名を知らぬ者はいない程です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/01/15 23:07
『ル・スフレ』 の “スフレ”
東京 ・ 広尾の 『ル・スフレ』 フランスで修行されたご主人が、日本で初めてのスフレ専門店を開いたのが1985年。 (と言っても、スフレだけでなく、他のデザートやフランス料理も食べられるのですが) スフレは勿論、ここのキッシュ、繊細で大好きなんです。生地のほわっとした卵感と言い、外側のパイ生地のサクサク感と言い、もう、パクパク食べちゃって、あっという間になくなっちゃいます! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/01/04 16:54
『グレース』 の “りんごのサワーケーキ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 紅茶と手作りケーキの美味しい、私の大好きなお店です。 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、自ら「おいしい」と思う物ばかりを集めたそうです。 それぞれに深い思いのある味わい深いケーキ達… ご飯を抜いて出掛けて行って、お腹一杯に食べても、もっと食べたくなってしまうんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/20 23:58
『ハロッズ』 の “スコーン”
あまりにも有名なロンドンの高級食材店『ハロッズ』 お茶を商うチャールズ・ヘンリー・ハロッドが1849年に開いた食料品店から、世界的な百貨店に発展しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/20 00:00
『ドルチア』 の “ショートケーキ”
千葉 ・ 本八幡の 『ドルチア』 スイスで修行されたシェフの木村修氏が1970年に創業されました。 スッキリした形のモンブランと、多数の航空会社の国際線での機内サービスに利用されるチョコレートが有名です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/12/16 01:10
『イワタコーヒー店』 の “ホットケーキ”
鎌倉の 『イワタコーヒー店』 鎌倉駅からすぐの小町通り入口付近にある老舗コーヒー店ですが、ここのホットケーキが、なんだか普通と違うんです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2007/12/14 23:12
『デカダンス・ドゥ・ショコラ』 の “オータン”
東京 ・ 代官山の『デカダンス・ドゥ・ショコラ』 比較的新しいながら、東京のショコラの名店として、名前を知られております。 ショコラでは珍しい、オープンキッチン(?)で、スタッフの皆さんが実際に作業してらっしゃる様子も見られ、店内に入るとカカオの甘〜い香りが漂っています 昨年秋より、シェフがステファン・ヴュー氏(以前は、資生堂パーラーにいらしたようです)に変わり、メニューも少し変わったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/12/10 23:26
『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 の “シュークリーム”
東京 ・ 代官山 の 『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 長くて覚え辛い店名ですが、フランス語で、『セーヌ川に降る雨』 という美しい意味で、それを知って以来、美しい響きと共に忘れる事のない名前になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/06 23:46
『ムーミンベーカリー&カフェ』 の “おさびし山のメープルモンブラン”
東京 ・ 水道橋…というか、東京ドームシティ・ラクーア内にある 『ムーミンベーカリー&カフェ』 フィンランドの童話 “ムーミン” をモチーフにしたベーカリー&カフェです。 原宿オーバカナルの元シェフブーランジェの池田裕之氏がシェフをなさっているようです。 私はオヤツしか食べた事がないのですが、食事のパンが食べ放題のようで(しかもオーブントースターで自分で温められるようになっています)何時に行ってもパンを食べている方がいます ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/02 14:16
『ピエール・マルコリーニ』 の “ガトーショコラ”
東京 ・ 銀座の 『ピエール ・ マルコリーニ』 フォションやヴィタメールで修行した後、1994年に独立し、1995年にクープ・ド・モンドで優勝したピエール・マルコリーニ。 @ショコラティエ Aパティシエ Bグラシエ Cコンフィズリー と、4つのディプロマを持つマルコリーニは、カカオ豆の選別を始めとする完璧なクオリティに加え、常に独創的な手法で、ベルギーのチョコレートを更なる高みへ誘います。 銀座店は、チョコレート・カフェとアイスクリーム・カフェが並んでいて、どちらに入ろうか、いつも迷いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/18 22:36
『近江屋洋菓子店』 の “生チョコケーキ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 元々は1884年にパン屋として創業しました。その約10年後に洋菓子も扱うようになり、二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうです。昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。天井の高いレトロな店内には、老若男女、誰かしらがケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/11 13:58
『しろたえ』 の “レアチーズ”
東京 ・ 赤坂の 『しろたえ』 1978年に開店した洋菓子店。 オープン当初から、評判が高かったのではないかと思います。何故なら、子供の頃、母が使っていたお菓子作りの本に、美味しい洋菓子店として紹介されていたのが、記憶にあるからです。 お菓子の内容や値段は、その頃よりあまり変わっていないようで、赤坂見附駅からほど近い一等地に位置していながら、意外な程にリーズナブルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/07 22:54
『ピエール・エルメ』 の “イスパハン”〜バラのマカロン〜
毎年スイーツのショーまで行ってしまう天才・奇才パティシエ☆ピエール・エルメ 遂に、エルメのミニ・コレクションまで出て、テンション上がって来ました〜ヾ(≧∇≦)〃 ちょっとカジュアルな感じのイクスピアリのティールームも、ショコラバー併設のリッチな印象の青山店も、元祖ニューオータニのティールームも、それぞれ違った感じで楽しめます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/05 23:46
『近江屋洋菓子店』 の “アップルパイ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 元々は1884年にパン屋として創業し、洋菓子を扱うようになったという、昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。天井の高いレトロな店内には、幅広い年代の人達が誰かしらケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/02 23:01
『ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション』 の チーズケーキ
東京 ・ 日本橋の 『ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション』 ジョエル・ロブション氏…フレンチの三ツ星レストランとして、名を知らぬ人の方が少ないのではないでしょうか? こちらのカフェでは、気軽に、ロブション氏のお料理やデザートを楽しめます。日本橋高島屋の2階にあるので、お買い物途中にフラ〜っと立ち寄るのもOKです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/01 00:47
『レ・ザンジュ』 の “マロン ド ロム”
鎌倉の 『レ・ザンジュ』 小川軒などの名店のシェフを経て、1982年に開店したレ・ザンジュのシェフ・パティシエに就任された三輪壽人男(すみお)氏。 ご自分が厳選した素材で、常に 「創作」 を楽しむのをモットーに、新たなケーキを創り出しているそうです。お茶の時間などは、狭くもない店内がお客さんでギッシリでした! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/28 22:59
『歩粉』 の “グラメラのアイスクリーム”
東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 粉の持つ滋味とオーガニック素材、旬の物を使ったデザートを楽しめる大好きなお店です。焼菓子のネットショップからスタートし、2006年10月8日にカフェが誕生し、先日、1周年を迎えられました おめでとうございま〜す 粉が歩いてお菓子になる…という意味で付けられた名前の通り、ゆったりと素材の美味しさを味わえます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/10/23 23:44
『マルメゾン』 のロールケーキ “プランタン”
東京 ・ 成城学園前の 『マルメゾン』 1977年オープンし、日本洋菓子界をリードして来たパティスリーの先駆けです。成城の住宅街の一角に、ぽつりと建っていながら、その存在感たるもの、スイーツ好きに名を知らぬ者はいない程です! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/10/20 23:32
『フォション』 の 苺のショートケーキ “シャンティ フレーズ”
何も語るまでもないパリの高級食材店 『フォション』 1886年創業し、青果店よりスタートし、今では、お料理、お菓子、紅茶などなど、世界中で愛されています。 新宿高島屋のカフェでは、軽食、ケーキなどが食べられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/17 22:37
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 のドーナツ
東京 ・ 新宿の 『クリスピー・クリーム・ドーナツ』 1937年にアメリカのノースカロライナに誕生し、人々を魅了したドーナツ店… 昨年12月の日本進出以来、メディアで持て囃され、口コミでも爆発的な人気を誇る、あの行列ドーナツ店に、遂に並んでしまいました! 本当は、「いずれ並ばずに買えるようになるかな〜」 という甘い考えで、行列がなくなるのを待っていたんです。だけど、いつまで経っても行列がなくならず、雨の日ですら、遠目から人が並ぶ姿が見えていました。そこに友達Yちゃんの 「行ってみる?」 と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2007/10/09 23:02
『アンヂェラス』 の “アンヂェラス”
東京 ・ 浅草の 『アンヂェラス』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/07 00:30
『近江屋洋菓子店』 の “いちじくの生ロール”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。 外から見ると、なんだか薄ぼんやりと暗く見えるのですが、天井の高いレトロな店内には、幅広い年代の人達が誰かしらケーキを食べています。 イートインの場合、色んな種類の飲み物 (ボルシチまでありました!) が飲み放題のようです★ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/19 23:53
『二条若狭屋』 の “やき栗”
京都 ・ 二条城の近くの 『二条若狭屋』 大正初めに創業の老舗です。 初代は芸術家肌のアイデアマンで、工芸菓子や献上菓子などを創作する一方、新聞などに奇抜な広告コピ−や図案を発表して、話題になったりもしたそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/16 00:11
『グラン・クリュ』 の “クレーム・ダンジュ”
東京 ・ 多摩センターの 『グラン・クリュ』 京王 & 小田急 ・ 多摩センター駅から歩くこと20分…木とレンガで出来た、可愛いらしいお店があります。 お店のマークもマロニエの葉で、可愛いですね 天気が良い時だけ、外のテラスでイートイン出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/08 17:20
『千疋屋総本店』 の “ミックスベリーヨーグルトパフェ”
東京 ・日本橋の 『千疋屋総本店』 1834年、果物と野菜類を商う店として、千疋屋は始まりました。 その後、日本初の果物専門店として、不動の地位を築いた老舗中の老舗です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/06 23:48
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “ラ・フルール・ドゥ・マング〜マンゴーの花〜”
東京 ・ 銀座の 『ピエール ・ マルコリーニ』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/02 14:04
『羽二重団子』 の お団子
東京 ・ 根岸 芋坂の 『羽二重団子』 1819年に 「藤の木茶屋」 として創業以来、店名でもある“羽二重団子”一筋に、当時の味を伝え続ける老舗です。 創業当時は、餡が貴重だった為、生醤油の焼き団子だけだったとの事ですが、今は漉し餡と2種類。独特の平たいお団子は、一目見て、それと分かる名品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/08/23 00:57
『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 の “キャラメル・アイスクリーム”
東京 ・ 代官山 の 『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』 長くて覚え辛い店名ですが、フランス語で、『セーヌ川に降る雨』 という美しい意味だそうです。 フランスのジャン・ミエで修行し、1986年に代々木上原でパティスリーを開いた弓田亨氏は、名パティシエとして名高く、お菓子だけでなく、料理の本なども出されています。 私は、代官山の今の場所に移転されてからしか行った事がありませんが、本格的なフランス菓子の他、パンやショコラ、ちょっとしたお惣菜まで幅広く揃っていて、あれこれと食べたくなって、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/09 23:05
『ハリッツ』 の ドーナツ 〜 プレーン、黒ゴマあんこ、クリームチーズ、ビター85 〜
東京 ・ 代々木上原の『ハリッツ』 姉妹で美味しいコーヒー、ドーナツをそれぞれに研究され、2004年9月に、ワゴンカーでの販売から始まったハリッツ。 お店の内装なども姉妹で手作りされたそうで、琉球ガラスを使った表札のようにさり気ない看板(裏側にドーナツが描かれています!)、カラカラと鳴る引き戸、まるで呼吸しているかのような温もりを感じる木の床…全てが小さく、そっと背中を摩るような優しさを感じます。 中に入った途端、コーヒーの芳ばしい香りが鼻腔をくすぐります ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/29 17:52
『ミキモトラウンジ』 の “苺のクレープ”
東京 ・ 銀座の 『ミキモトラウンジ』 真珠のミキモトの瀟洒なビルにある白を基調にしたカフェです。 ビルのテーマが 「beginning of happiness」 その通りの夜明けを感じさせる空間です。 新宿のパークハイアット東京で名を馳せた横田秀夫氏が独立して、埼玉の春日部に菓子工房「オークウッド」をオープンされたのが2004年5月。「春日部では、なかなか食べに行く事が出来ないなぁ」 と思っていたところ、こちらで横田シェフのデザートが食べられるようになりました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/07/16 15:03
『歩粉』 の “スコーン” 〜定番デザート〜
東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 粉の持つ滋味とオーガニック素材、旬の物を使ったデザートをシンプルに、しかも食べる者の気持ちを考えたプレートスタイルで楽しめる、愛らしく、温かいお店です。 まだお若い菓子職人である磯谷仁美さんが、焼菓子のネットショップからスタートし、2006年10月にカフェOPEN。 粉が歩いてお菓子になる…という意味で付けられた名前の通り、ゆったりと素材の美味しさを味わえる、癒され、活力を貰えるお店です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/01 01:10
『近江屋洋菓子店』 の “季節のタルト”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。 天井の高いレトロな店内には、幅広い年代の人達が、誰かしらケーキを食べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/03 17:12
『ママ・タルト』 の パイ
東京 ・ 代官山の 『ママ・タルト』  1987年にオープンした  パイ専門店の草分け的存在です。  名前の通り  「お母さんが作る、愛情たっぷりのパイ」が  常に10種類以上揃っています。  こちら、かなり長期の夏休みを取られるので  「せっかく行ったのに、お休み!」 とか、  そういう空振りが過去に何回かあり、  私が最初に食べたのは、  ランチの「おかずパイ」でした。  そちらも美味しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/03 16:54
『歩粉』 の “ホワイトチョコブラウニー”
東京 ・ 恵比寿の 『歩粉』 = hoco(ほこ) 粉の持つ滋味とオーガニック素材、旬のものをシンプルに楽しめる、ウッディで可愛らしく、温かいお店です。まだお若い女性菓子職人である磯谷仁美さんが、焼菓子のネットショップからスタートした 『歩粉』 は、粉が歩いてお菓子になる…という意味で名付けられたそうです。 その名の通り、ゆったりと素材の美味しさを味わえる、ホッと癒されるお店でした。 なんと、ポットティーにお代わりのお湯を注いでくれたり、スコーンの生クリームまでお代わり自由なのです。 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/22 13:48
『近江屋洋菓子店』 の “モンブラン”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 明治17年にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子販売を開始した 昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。 天井が高く、とってもレトロな店内。 イートインも出来て、飲み物は飲み放題のようです。 カウンターに、オジサン1人で座っている…なんて事もあります。 私は、ここのアップルパイとショートケーキが大好きなんですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/10 00:20
『グラン・クリュ』 の “食いづらいがうまい菓子”
東京 ・ 多摩センターの 『グラン・クリュ』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/18 23:48
『キルフェボン』 の “キャラメルパウンドケーキ”
東京 ・ 青山の 『キルフェボン』 http://www.quil-fait-bon.com/ 可愛らしい外観&パッケージと、華やかなタルトで 乙女心を鷲掴みにしている人気パティスリーです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/17 17:16
『キルフェボン』 の “特選★丹波産大納言のタルト”
東京 ・ 青山の 『キルフェボン』 http://www.quil-fait-bon.com/ 可愛らしい外観&パッケージと、華やかなタルトで 乙女心を鷲掴みにしている人気パティスリーです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/17 17:06
『フレンチパウンドハウス』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 巣鴨の 『フレンチパウンドハウス』 http://www.delicious.ne.jp/html/toku02/kiji02/kiji02_0211_30.htm 商店街とは逆の、静かな住宅街にあるレンガ造りの可愛いお店で、ショートケーキが有名です。 ショートケーキだけで、なんと常時3種類 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/12/15 02:05
『グレース』 の “マロン” 〜 季節限定タルト♪
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 は、紅茶とケーキの美味しいお店です。 http://gourmet.yahoo.co.jp/0000965617/P001392/ 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、 自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/27 02:15
『パステル』 の “なめらかスイートポテトプリン”
元祖なめらかプリンで有名な 『パステル』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/10/30 00:15
『デフェール』 の チーズケーキ “フロマージュ・クリュ”
横浜 『デフェール』 横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/09/23 23:51
『デフェール』 の “アールグレイのケーキ”
横浜 『デフェール』 横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/23 23:42
『デフェール』 の “サントノーレ”
横浜 『デフェール』横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/23 23:31
『デフェール』 の “サオトボ”
横浜 『デフェール』 横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/23 23:20
『フルーツパーラー レモン』 の レモンゼリー&メロンババロア
高島屋の地下に入っている 『フルーツパーラー レモン』 カウンターのみの席ですが、季節ごとのフルーツを存分に楽しめる、フレッシュなパーラーです☆ かぼすの100%ジュースとか…季節によって、珍しいものもあります! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/02 03:34
『トシ・ヨロイヅカ』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 恵比寿の 『トシ・ヨロイヅカ』 http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/31 02:11
『桃林堂』 の “生水ようかん”
東京 ・ 上野桜木の 『桃林堂』 http://www.torindo.co.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/31 02:03
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “期間限定 ★ ピーチのソルベ” & “ミルクティー・アイス”
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/28 01:28
『ピエール・マルコリーニ』 の “ル・デュオ・ルージュ・エ・ブラン”〜赤と白のデュエット
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ 言わずと知れたショコラの名店ですが、 銀座店のお隣には、アイスクリーム・カフェもあります☆ そちらも、マルコリーニの持つ4つのディプロマ @ショコラティエ Aパティシエ Bグラシエ Cコンフィズリー の全てが生かされています! 空気を含ませたアイスクリームの滑らかさ、体感して下さい! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/28 01:14
『ピエール・マルコリーニ』 の “ル・トゥ・ショコラ”〜丸ごとチョコレート
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ 言わずと知れたショコラの名店ですが、 銀座店のお隣には、アイスクリーム・カフェもあります☆ そちらも、マルコリーニの持つ4つのディプロマ @ショコラティエ Aパティシエ Bグラシエ Cコンフィズリー の全てが生かされています! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/08/28 01:11
『デフェール』 の ショートケーキ “フレーズ”
横浜 『デフェール』 横浜ロイヤルパークホテルでオープニングスタッフを勤め、 モンサンクレールのスーシェフを勤めた安食(あじき)雄二氏が、 独立してシェフに就任されたお店です。 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/2866.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/08/17 02:30
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “グレープフルーツのパフェ”
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/13 03:28
『トシ・ヨロイヅカ』 の “プリン” 3種類!!
東京 ・ 恵比寿の 『トシ・ヨロイヅカ』 http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/06 04:05
『トシ・ヨロイヅカ』 の “スイカのグラニテ”
東京 ・ 恵比寿の 『トシ・ヨロイヅカ』 http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/06 03:57
『パスカル カフェ』 の チョコレートムース
パスカル カフェ http://www.pascalcaffet.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/06 03:36
『近江屋洋菓子店』 の “ガトーショコラ〜さくらんぼのせ”
東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』 明治17年にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子販売を開始した 昔ながらのファンも多い、老舗洋菓子店です。 天井が高く、入り口から内装から少し暗く、とってもレトロな店内。 イートインも出来て、飲み物は飲み放題のようです。 カウンターに、オジサン1人で座っている…なんて事もあります。 私は、ここのアップルパイとショートケーキが大好きなんですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/09 17:33
『竹むら』 の “揚げまんじゅう”
東京 ・ 神田の 『竹むら』 昭和5年創業の老舗甘味処です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/09 17:12
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “チョコレートアイス&フランボワーズアイス”
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/24 17:23
『ホテル西洋銀座』 の “銀座マカロン”
ホテル西洋銀座のケーキショップ http://www.seiyo-ginza.co.jp/ かの稲村省三氏が長年シェフを務め、その後も、若手の実力派パティシエがシェフを務める、 小ぢんまりとしていながら本格的なケーキショップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/28 02:19
『ホテル西洋銀座』 の “プロフィットロール”
ホテル西洋銀座のケーキショップ http://www.seiyo-ginza.co.jp/ かの稲村省三氏が長年シェフを務め、 その後も、若手の実力派パティシエがシェフを務める、 小ぢんまりとしていながら本格的なケーキショップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/28 02:11
『ぶどうの木』 の アップルパイ
東京 ・ 銀座の 『ぶどうの木』 デパ地下でお馴染みの 『銀のぶどう』 や、東京土産で有名な 『東京ばな奈』 等、 数々のお店を繰り広げる株式会社グレープストーンのデセール専門のデザート店です。 http://www.grapestone.co.jp/brand/index_budonoki.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/21 23:26
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “ベリーのパフェ & バニラアイスクリーム”
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/13 23:20
『ピエール ・ マルコリーニ』 の “甘美なひととき”
ピエール ・ マルコリーニ http://www.pierremarcolini.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/13 23:07
『パティスリー・サダハル・アオキ』 の “フレジェ”
丸の内の 『パティスリー・サダハル・アオキ』 本店はパリ、逆輸入バージョンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/01 00:15
『イデミ・スギノ』 の チーズケーキ “エベレスト”
京橋 『イデミ・スギノ』 ケーキは飛ぶように売れてしまい(もちろん、次々に作っているのですが) 時間によってはショーケースがガラガラ…って事もあるので、 朝食抜きで午前中に行きます!!行かれる方、その辺り要注意です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/30 23:51
『茶房慶茶』 の “抹茶レアチーズケーキ”
銀座松坂屋の地下の一角にある 『茶房慶茶』 初代 「伊右衛門」 で知られる京都の老舗 「福寿園」 による国内唯一の日本茶カフェです♪ 実は、以前、VVV6で出ていたお店だそうです。 やっぱりテレビの影響か、かなり並んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/19 01:13
『こ寿々』 の “わらび餅”
鎌倉 ・ 鶴岡八幡宮から程近い、若宮大路沿いにある 『こ寿々』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/04/16 02:54
『グレース』 の “苺のパイ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 は、紅茶とケーキの美味しいお店です。 http://oishi-oyatsu.at.webry.info/200602/article_1.html 日本紅茶協会から、 「おいしい紅茶を飲める店」として指定を受けています。 今日のお茶は、ニルギリ。さっぱりして美味しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/25 23:17
『デルレイ』 のアイスクリーム
ベルギー ・ アントワープの老舗チョコレートショップ 『デルレイ』表参道ヒルズ店 http://www.delrey.co.jp/news/cafe_shop.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/12 22:23
『デルレイ』 の “ショコラ・ショー”
ベルギー ・ アントワープの老舗チョコレートショップ 『デルレイ』 表参道ヒルズ店には、カフェが併設されています。 http://www.delrey.co.jp/news/cafe_shop.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/12 22:09
『梅園』 の “あわぜんざい”
東京 ・ 浅草の 『梅園』 は、 創業安政元年 (1854年) の、老舗甘味処です。 浅草寺の塔頭の一院であった梅園院の一隅を借りて 茶店を開いたのが始まりで、 屋号は、梅の樹が多くあった為についたものだそうです。 今は仲見世をふと曲がった所に店があり、 浅草寺に詣でた人達、仲見世を散策する人達などで、常に賑わっています。 (http://www.asakusa-umai.ne.jp/umai/umezono.html) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/12 14:56
『デルレイ』 の チョコレート
フランダースの犬とダイヤモンドで有名な街 ・ アントワープで、 1949年に創業した『デルレイ』 チョコレート大国ベルギーでも、最高級とされる老舗チョコレートショップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/06 00:18
『パスカル カフェ』 の チョコレート
1989年に、当時史上最年少で MOF (フランス国家最優秀職人) を獲得したパスカル ・ カフェ氏。 数々のお菓子コンクールで、様々な賞を受賞し、 昨年は、フランス国家功労勲章を受けられており、 正にフランスを代表するショコラティエです。 http://www.pascalcaffet.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/02/26 03:46
『グレース』 の “ショートケーキ”
東京 ・ 西荻窪の 『グレース』 は、紅茶とケーキの美味しいお店です。 全て手作りのケーキは、お菓子作りの本も出されているオーナーが、 自ら 「おいしい」 と思う物ばかりを集めたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/02/12 01:35

トップへ | みんなの「イートイン可」ブログ

”こまねこDS"
おいしいオヤツが食べたいときは♪ イートイン可のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる