おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ブーランジェリー スドウ』 の “クロワッサンタタン”

<<   作成日時 : 2016/11/24 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 松陰神社前の 『ブーランジェリー スドウ』
2009年10月オープン。
オーナーシェフの須藤秀男氏は、「メゾン・ド・プティ・フール」 でパティシェをなさった後、「タイユバンロブション」、「ペルティエ」 等で研鑽され、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」 では、シェフ・ブーランジェを務められた方です。
独立され、奥様と一緒にオープンされたお店の名前は 「ブーランジェリー スドウ」 ですが、実際は、パティスリーを兼ねているような、焼菓子の充実度。
お店自体は決して広くありませんが、その半分近くを焼菓子が占めているのでは?
おまけに、それでも 「焼き立てのパンを食べる喜び」 を提供しようと、4席ながらイートインスペースまであります。
スタッフの方の対応も、気が利いて温かく、パンも絶品!
三軒茶屋から世田谷線に乗って行くと、電車を降りてすぐのところにお店がありました(下高井戸からの電車だと、線路の反対側です)

画像 “クロワッサンタタン”
青森県産の紅玉の美味しい時期限定のデニッシュです。
これ、すっごく重いんです。
食べようとして、手に持った瞬間「重っ!」って言っちゃうくらい。
何故こんなに…と不思議に思いつつ、こんがりした焼き色にそそられながら齧ってみて、納得しました。
りんごのフィリングが上にドーンとのっているので、ベースのデニッシュ生地の上にだけりんごがあるのかと思ったら、深い器状のデニッシュ生地の中にもどっさり入っていたんですΣ(*゚Д゚*)
な、何これ〜っ!りんご幾つ分入ってるの〜っ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
デニッシュ生地は、ガッシリ、ザックリ噛み応えがあり、時折ハラリと外側の層が剥がれてパリッとした歯触りを楽しめます。
それにしても、トロトロに煮詰められたりんごの美味しさよ
ほろ苦くキャラメリゼされた中に潜むりんごの酸味と甘み…
中にカスタードクリームが隠れていますが、りんごに負けないようになのか、黄みを帯びた濃い目のクリームです。
そのクリームがりんごと合わさると、円やかな甘さが、まるで雲間から見えるお日様のように温かみを添えてくれます。
生地の美味しさは言わずもがな…極上のオヤツでした(*´ω`*)



  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

    ブログはありますが、公式HP等ないようなので、住所等記載しておきます。

     住所:東京都世田谷区世田谷4−3−14
     電話:03−5426−0175
     営業時間:9時〜19時
     定休日:月曜日・日曜日

  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『ブーランジェリー スドウ』 の “クロワッサンタタン” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる