おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アン・プチ・パケ』 の “栗のタルト”

<<   作成日時 : 2015/09/25 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

横浜 ・ 江田の 『アン・プチ・パケ』
1998年オープン。
シェフの及川太平氏は、都内有名店に勤められた後、渡欧され、フランス・アルザス 「ジャック」、ルクセンブルグ 「オーバーワイス」 等にて修業されました。
帰国後は、今はなき名店・代官山 「ピエールドオル」 で8年間シェフを務められた後、独立されました。
また、2012年には、ルレ・デセール(フランスで1981年に作られた世界のトップ・パティシエで構成される団体)の会員に。名実ともに日本のトップパティシエと言える方です。
しかしながら、お店はメルヘン寄りの小ぢんまりした造りで、パッと見は、世界的パティシエのお店とは分かりません。
周囲も静かで、ピエールドオルが閉店された時はショックでしたが、シェフは、この地を選んで、じっくりお菓子を提供しようと考えられたのかな…という想像が働きます。
店名は、仏語で 「ひとつの小さな包み」 という意味で、自身が作られるお菓子を、家族や友人にプレゼントして欲しいという願いを込められているそうです。

画像
“栗のタルト”
季節限定です。
栗の渋皮煮とカシスを組み合わせた、一見地味な感じのタルト。
ですが、食べてビックリ…まず、タルト生地の歯触り!
厚みもあり、しっかりした固さのタルト生地は、サクサクで、単体でもオヤツとして満足出来得るもの。
で、栗とカシスという、フランス菓子で好まれる組み合わせですが、甘くしっとりした栗と、酸味が抑えられたカシスの、その一体感は、予想だにしないくらい、すごいっ!
普段は、「栗に酸っぱい物を合わせなくても…」と思う私が、これは美味しいと素直に感じたタルトでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『アン・プチ・パケ』 の “栗のタルト” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる