おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『uneclef』 の “バナナのケーキ”&“ミントのクッキー”など

<<   作成日時 : 2015/06/18 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 豪徳寺の 『uneclef』 (ユヌクレ)
2011年10月オープン。
ご自身のホームページでは、「小さなパン屋カフェ」 と自己紹介されている、パンがメインのお店です(*'ω'*)
パンを、麻布十番の 「ポワンタージュ」 で修行した伊藤公二さんが、焼菓子を、赤羽橋の 「菓子工房ルスルス」 のお菓子教室で学ばれた佐藤務さんが、それぞれ作られており、どちらも美味しい!!
伊藤さんと佐藤さんは、長年の食べ歩き仲間だそうで、試作パンの味見を佐藤さんがなさったり、休日も一緒に食べ歩いたり、お互いの信頼感が半端ない印象です^^
初めてお店に入った時、宝石のように端正に並べられたパンや、ユヌクレブルーの美しい壁など、パン屋さんと思えないお洒落さに、一瞬萎縮しましたが、佐藤さんの温かな接客で、すぐに気持ちが解れました。
お店が開いている間、佐藤さんは、接客と、今は人手不足でお休み中のカフェのドリンクも作られる多忙ぶりなのに、常連さんも一見さんも皆、それこそ老若男女に心地良い時間をプレゼントしてくれます。
店名は、仏語で 「ひとつの鍵」 という意味で、ご自分の作られたパンやお菓子が、幸せの扉を開く鍵になってくれたら…という思いで付けられたそうですが、正にその通り(*´ω`*)

画像
画像

“バナナのケーキ”
名前の通り、「バナナブレッド」ではなく、紛う事なきバナナのドライケーキでした。
バナナを、相当細かくしてから加えている事が窺われる、なんとも円やかな味と歯触り。
バナナの良いところを、丹念に摘まんで取り出したような、何とも言えない繊細さ。
バナナの繊維をこれ程感じず、バナナの甘さと香りのみ楽しめるバナナのケーキは初めて!
卵の力で膨らませた、ふんわりとした、キメの細かな生地も、たまりません( *´艸`)
まさか、バナナのような繊維質の豊富なフルーツを使ったケーキで、こんなにホワホワした物を食べられるとは…!

“クローバーのサブレ”
東日本大震災により被害を受けた方々、そして、全ての人々の幸せを祈って作られたクッキー。
希望や幸運を象徴する四ツ葉のクローバーを象り、材料にクローバーの蜂蜜を使用されているそうです。
4枚の葉の内の1枚に、刻んだピスタチオが飾られており、クローバーのハッピーなイメージを高めつつ、食感のアクセントになっています。
噛み締めると、蜂蜜のコクのある、瑞々しい甘さが、じっくりと広がり、幸福をお裾分けして貰っている気分になりました。

“ミントのクッキー”
口元に近付けた途端、摘み立てのミントの葉を目の前にしたような、フレッシュで爽やかな香りがホワ〜っと広がります
そして、特筆すべきは、歯触りの軽さ!
サクサクというより、シャクシャクシャクシャク…と噛み締める間もなく解けるような、何とも言えぬ食感なのです。
後から砂糖のシャリ感と、更に続いて塩気がキュッと味を引き締めて、どんどん食べてしまいます。
この繊細な食感、他ではお目にかかれません!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『uneclef』 の “バナナのケーキ”&“ミントのクッキー”など おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる