おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ムッシュアルノー”

<<   作成日時 : 2015/03/13 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 自由が丘の 『パティスリー パリセヴェイユ』
2003年6月オープン。
シェフの金子美明氏は、「ルノートル」 で修業され、東京・代官山 「ル・プティブドン」 でシェフ・パティシエを務められた後、1999年に渡仏されました。
フランスでは、パリ8区 「ラデュレ」、パリ18区 「アルノー・ラエール」、パリ20区 「シュクレ・カカオ」、パリ8区 「アラン・デュカス」、更にパリ16区 「パトリック・ロジェ」 など、目も眩むような名店で修行をされました。
落ち着いた外装、店内もシックで、24席あるイートインスペースが広々としていて、居心地が良いです。

画像“ムッシュアルノー”
修行先で影響を受けられた、アルノー・ラエール氏の名前を冠したケーキ。
下から、ヘーゼルナッツのダコワース、ジャンドゥーヤ(?)の層、絞り出されたガナッシュクリーム&薄い板チョコが各2層、そしてチョコムース。
ダコワースは、ネッチリに近いくらいモッチリして、コクがあります。
ジャンドゥーヤ…だと思うのですが、サクサクを通り越して、ショリショリした食感が、たまりません(*'▽')
おまけに、丸ごとのヘーゼルナッツ等も入っていて、それがビックリするくらい芳ばしいのです。
最初に口に入れた時、オレンジの香りがブワ〜ッと広がって、それがどこから薫るのか分からず驚いたのですが、よくよく食べてみると、その香りを閉じ込めてあるのは、トップのチョコムースでした。
「チョコ」 である事を忘れるくらい、オレンジなんです…こんなの初めて!
飾りに使われている曲線を描いたチョコがまた、ビターでスモーキーなカカオの香り満点で、それだけでも美味しかったです。




  。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。

    ※ 公式HP等ないようなので、住所など書いておきます。
      目黒区自由が丘2−14−5 館山ビル1F
      п@03−5731−3230
      営業時間:10時〜20時(無休)

  。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『パティスリー パリセヴェイユ』 の “ムッシュアルノー” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる