おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『松之助 N.Y.』 の “ビスケット”

<<   作成日時 : 2014/05/14 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・代官山 の 『松之助 N.Y.』
2004年3月オープン。
料理研究家の平野顕子さんがプロデュースする、アップルパイやスイーツのお店です。
著書も多く、代官山店等でもお菓子教室を開かれている平野さんですが、四十代半ばでアメリカ北東部ニューイングランド地方に留学された際、ニューイングランドの伝統的スイーツの製法を学び、アメリカンケーキのディプロマを取得されたのだそうです…すごい!
バーモント州アップルパイコンテスト優勝者であるシャロル・ジーン氏に師事し、同氏のレシピ等を使われているそうで、手作り、無添加の材料に拘られています。
アメリカンスイーツのお店なのに店名が日本の男性名なので不思議だったのですが、平野さんのご実家は京都の能装の織元で、能装束の匠であった平野さんのおじい様のお名前に由来しているのだそうです。
代官山店でのイートイン、テイクアウトの他、今は、東京駅内のグランスタ にある DEAN & DELUCA 八重洲にて、一部のケーキやパイの取扱いがあるので、非常に重宝しています。


画像“ビスケット”
見た目はスコーンのようですが、アメリカでは、これをビスケットというのですね。
(即座に、ケン○ッキーのビスケットを思い出しました…)
スコーンと同じように、上下半分に割って、添えられたメイプルシロップを垂らして食べました。
まず、外側のサクサク感が半端ないです
軽い歯触り、癖になりそう…!
内側の生地も、しっとり目なところも勿論ありますが、なんというか…全体に歯切れが良いです。
メイプルシロップが、じんわり・ゆっくりと滲みるのも、この生地の特徴でしょうか。
たっぷり目にシロップをかけても、ビタビタせず、生地自体の粉の味わいと歯触りを楽しめました。




店舗で作っている物とは厳密には違うようですが、お取り寄せ出来る物があるようです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『松之助 N.Y.』 の “ビスケット” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる