おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『万惣』の “ストロベリークリームのホットケーキ”

<<   作成日時 : 2012/03/12 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 神田の 『万惣』
1846年創業、宮内庁御用達の老舗高級フルーツ店です
フルーツパーラーの誕生は、1927年。
名物のホットケーキは、本店でしか食べられず、銅板で、専門の職人さんだけが焼かれるようで、私にとっては行き易い場所にあるため、1人でフラリと食べに行ける大切な場所だったのですが…この度、閉店される事に決まってしまったようです。
このストロベリークリームのホットケーキを食べに行ったのは、実は先月なのですが(忙しくて記事にしないまま時間が経ってしまいました)、その時は全くいつも通りの様子で、心地よく過ごさせていただいたので、本当にびっくりしています。
本店の他、銀座松坂屋、新丸ビル店も全て閉店…
味も歴史も最高のフルーツパーラーである万惣がなくなってしまうなんて、考えてみた事もなかったので、ショックですが、いつか、また何らかの形で再オープンして下さる事をお祈りします。


画像“ストロベリークリームのホットケーキ”
季節限定です。
普通のホットケーキと違い、苺入りの生クリームが添えられ、シロップではなくアングレーズソースがついています。
以前食べたマロンホットケーキの苺版です。
このクリーム、生クリームとクロテッドクリームの間のようなコクがあり、ホットケーキの温かさに簡単に負けない程度の固さがありつつ、口溶けは軽いもので、ホントにホットケーキに合います。
上にのった苺も大粒ですが、クリームに混ぜ込まれた苺もかなり大きなカットです。
ラズベリーソースが掛かっている部分は、口に入れた瞬間、酸味の勝ったラズベリーの味がパッと感じられるのですが、苺を噛んだ途端、苺の甘さと香り、優しい酸味が広がります。
綺麗なまん丸のホットケーキは、厚さ1cm強くらい、焼きが強めなので、表面がサックリとして、縁の部分は特に味が濃厚です。
焦んがりスベスベの表面に、柔らかいバターを塗ると、ツルツルと溶け込んで行きます。
私はバター好きなので、付いて来るバター全て使ってしまうのですが、かなりたっぷり塗っても、全部染み込むのも、このホットケーキの生地の特徴でしょう。
アングレーズソースのほんのりしたバニラの香りと、バターの塩気、生地自体の甘みや芳ばしさ、プラス、旬の苺の濃厚な味わい…そのまま食べても美味しい生地だけど、ソースとクリームを添えると、春らしい華やかな味わいがプラスされました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”こまねこDS"
『万惣』の “ストロベリークリームのホットケーキ” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる