おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『近江屋洋菓子店』 の “サンドショート”〜黄桃サンド〜

<<   作成日時 : 2009/12/03 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京・神田の名店 『近江屋洋菓子店』
1884年(明治17年)にパン屋さんとして創業し、11年後に洋菓子を扱うようになったという老舗です二代目がアメリカで洋菓子作りを学んで来たそうです。
今でもパンも売っていますが、洋菓子が主流です。
毎日、大田市場に果物を仕入れに行き、美味しくて安い 「旬の物」 を生かしたお菓子作りをされています。
幅広い年代のファンがいらして、天井の高いレトロな店内では、いつ行っても、色々な方がケーキを食べています。

画像“ショートケーキ”
ここのショートケーキは、普通っぽい 「角ショート」 (苺が挟まっている物と挟まっていない物があります)の他、「サンドショート」 という直径約9cmの丸いミニデコレーションのケーキ (間が苺か、黄桃の2種) と色々あり、アップルパイとともに、こちらの看板商品ではないかと思います。
見た目が可愛らしく、特別な感じのするサンドショートは、焼きっ放しのスポンジの焦んがりした素朴さと、たっぷりの生クリームで、「ケーキをホール丸ごと食べたい!」 という密かな望みを叶えてくれるかのような楽しさがあります
サンドショートを食べる時は、スポンジの周りのこんがりした部分を楽しみます。
端を切らず、周りに生クリームを塗らない分、ホロリ、サクリとしたスポンジの優しい歯触りが味わえるんです♪
しっかり濃い生クリームが、上にたっぷりなので、周りに生クリームがなくても、「足りない!」 ということもありませんし(笑)
黄桃がサンドされているものは初めて食べたのですが、しっかり水分を切った黄桃は、桃の繊維と優しい甘さが生クリーム&少しホロッとするスポンジに、合っていました。
季節によって、苺の他にフルーツなどが載っている事があり、旬の素材を大切に使っている気持ちが表れていると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
”こまねこDS"
『近江屋洋菓子店』 の “サンドショート”〜黄桃サンド〜 おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる