おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヴィロン』 の “ショーソン・ナポリタン”&“パン・オ・レザン”

<<   作成日時 : 2009/11/09 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 渋谷の 『ヴィロン』
2003年6月オープン。
フランス ・ パリでパンを食べ歩いて、ヴィロン社の小麦粉 “レトロドール” を使ったバゲットに惚れ込んだオーナー西川隆博氏が、ヴィロン社と独占契約を結び、ヴィロン社の粉を使ったブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリーを開かれました。
くどい説明で恐縮ですが…それだけ、オーナーのヴィロン社の粉 “レトロドール” に対する熱意が強いという事だと思います!
レトロドールの入った紙袋を加工したバッグが販売されていたり(持ち手が皮で可愛いんですよ)、オーナーの熱い思いは、ひしひしと伝わって来ます。
徹底した思いから創られたお店は、1階の販売スペースも、2階のカフェも、本格的なパリの香りがします。
今回は、午前11時までの 「プティ・デジュネ」 (朝食) を食べて来たのですが、バゲット、セレアルの他、ヴィエノワズリーが2種選べます。
私は、たまたま似たような物を2種類選んでいました(●´艸`)

画像
画像

“ショーソン・ナポリタン”
パイ生地の中に、ラムレーズンとカスタードが。
テイクアウトと違って、出来立てのパイ生地は、もちろんサックサク!!その歯触りだけでたまらないのに、ほんのり塩気を感じるバターたっぷりの味わいにも、ノックアウトです。
ラム控え目のラムレーズンは、ふっくら柔らか。
カスタードもバニラビーンズまでしっかり入っていながら、少し粉っぽいというか、さっぱりと軽いのです。
甘さ控え目で、朝からパクパク食べられちゃいます♪



画像
画像

“パン・オ・レザン”
こちらは、同じくラムレーズンとカスタードのヴィエノワズリーですが、デニッシュ生地です。
デニッシュ生地は、パイ生地より更に歯触りがしっかりと、ザックザクしていました。
塩気がなく、カスタードもほんのり練り込まれている程度。
ふっくら大粒のラムレーズンが存在感大です。
これもどんどん食べられちゃいました…朝から……(;´▽`A``



その他、バゲットとセレアルにも、6種類のジャムや蜂蜜、チョコペーストなどが添えられていて、ヴィロンの朝食は甘さを楽しめました。
私が特に気に入ったのは、蜂蜜!ものすごいクリーミーで、ねっとりと濃厚でした。


ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン 渋谷店 (Boulangerie Patisserie VIRON)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
”こまねこDS"
『ヴィロン』 の “ショーソン・ナポリタン”&“パン・オ・レザン” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる