おいしいオヤツが食べたいときは♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ロートンヌ』 の “巨峰のショートケーキ”

<<   作成日時 : 2009/08/27 13:01   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東京 ・ 秋津の 『ロートンヌ』
シェフの神田広達氏は、「ら・利す帆ん」 で4年間修行され、渡仏。
1998年に、実家の洋菓子店であるロートンヌを継がれました。
「ロートンヌ」 とは、仏語で 「秋」 という意味…秋津という地元に愛される店を目指されている気持ちが伝わります。
神田氏は、ら・利す帆ん時代の辻口博啓氏の後輩に当たり、非常に親しいようですね。
店舗ロゴ・マークや、お菓子のデザイン・パッケージなども、どこか辻口氏の影響を受けられているように感じました。
我が家からは、かなり遠いので、行ってみたいと何度も思いつつ、かなり前に焼菓子を何度か食べたきり、手の届かない存在でした。

画像
画像

“巨峰のショートケーキ”
今年の私のバースデーケーキです
妹があれこれ検討&問い合わせをしてくれて、私がまだ行った事がなくて、気になっているお店のショートケーキを選んでくれました(≧∇≦)
苺のショートも、お願いすれば不可能ではなかったようですが、お店の方から、今の時期の苺はオススメしないと言われ、旬の巨峰のショートケーキになったようです。
個人的には、苺も良いけど、巨峰も大好きなので、嬉しいです
雪のように真っ白な生クリームで一面覆われた真っさらなパレットに、色とりどりのフルーツが美しい〜〜
暑い時期に、遠路遥々運ばれて来たショートケーキは、ベストな状態に比べたら、多少ダレているのかもしれませんが…そんなの問題にならないくらい、美味しいっ
スポンジはかなりキメ細かく、軽〜い食感でありながら、キレがしっかりしており、歯触りも心地良い…
生クリームが全体に厚くデコレートされているのも、「どこを食べても同じようにクリーミー」 で、生クリーム好きには相当嬉しいです!
この生クリームも、濃厚だけど、率直にミルキーで、素材の良さを素直に生かされているのが分かります。
おまけに、フルーツはどれも熟していて味わい濃く甘く、時期的に勧められなかった苺すら、単品で食べてもOKなくらいの上質さ。
間に挟まれた巨峰は勿論、大粒で甘〜く、水分の多いフルーツなので恐らく前処理を丁寧にされているのだと思いますが、生クリームやスポンジとの相性もバッチリでした
他のケーキも色々食べてみたくなりました(●´艸`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
”こまねこDS"
『ロートンヌ』 の “巨峰のショートケーキ” おいしいオヤツが食べたいときは♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる